« 馬とあんこうと私(順不同) | トップページ | 視力は少し落ちたかも(BlogPet) »

ドラマあれこれ

★富豪刑事★
原作はそれなりに踏襲しつつ、かなりかけ離れた展開にもなったけれど、原作以上に娯楽性が高く、単純に楽しめた回だった。
布引が美和子をフラットに仲間として認めることで謎解き部分にも深みが出たし、トリックとしては甘さもあるけれど、そもそもそんなところがキーポイントになるドラマではないわけで。
おとぼけ婦警コンビにもようやく活躍の場が提供され、最終回に向けてチーム鎌倉(彼女たちは違うか)が人間的にも刑事としても成長していく、という結末が見えてきたので一安心。
原作に拘るあまり、つい比較して粗探しをしてしまっていたけれど、ドラマはドラマで全く別物と考えればこれはこれで納得が十分できるデキだと思う。
今回で、このドラマの楽しみ方がはっきりとわかったような気がした。
それにしても、筒井康隆の演技は無駄に上手いな。それが生かされるのは恐らく最終回あたりでしょう。今から楽しみです。

★優しい時間★
私にはやはりこのドラマのよさがわからないみたい。
冒頭のあのカップル。何か深い意味があるのだろうか。倉本ワールドマニア(?)ならすぐに何かピン、とくるものがあったりするのだろうか。
美しい風景。そこに根付く人々の日々の生活。小さな事件が起きてそれが常にハッピーエンドになるとは限らないが何となく解決する。
その振幅の小ささに様々なディテールが込められていて、それは些細なセリフの中に、役者の動き一つの中に現れているのだけれど、一つ一つ読み取っていくだけの忍耐力がなければ気付かないで流れてしまう。
単純に娯楽のためだけにテレビを見ている身としては、一生懸命読み解くことを求められるドラマってのは少々辛い。
美しい風景には心を惹かれますが、それなら環境ビデオを見ていればいいわけで。
それにしても長澤まさみはかわいいな。上手くいえないけれど俗っぽいキャストの中で彼女だけは富良野の風景に馴染んで清冽。
どこにでもいそうな普通にかわいい女の子なのに、恐らくあんな女の子は街のどこにもいないだろう。
ただ、このドラマでの彼女の役回りは好きじゃない。
純朴と素朴と愚かさは紙一重で、今の彼女はただの愚かな小娘。これから彼女をどう描こうとしているのか。
…でももう見ないつもりだから、彼女がどう変化していくか、もわからなくなってしまうのだけど。
同じ木曜日の21時からと22時から。これほどタイプの違うドラマを引き続いて見るためにはアタマを切り替えなければならないけれどこれはなかなか難しい。というわけで、このドラマはテレビ情報誌でストーリーだけを追うことになりそうです。

|

« 馬とあんこうと私(順不同) | トップページ | 視力は少し落ちたかも(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラマあれこれ:

« 馬とあんこうと私(順不同) | トップページ | 視力は少し落ちたかも(BlogPet) »