« ホテルの富豪刑事 | トップページ | 週末の戯言は半分だけ »

視点の違い-深キョンの魅力勝ち

ホテルの富豪刑事について考察しているブログなどをいくつか見てきた。
ひとつ気になったのが、「鶴岡の英語が通じないというエピソードは不要」という感想。
でもあのくだりがあって初めてジョーダン夫妻がNY出身であることがさり気なく語られるのだから、むしろ私は上手い(小賢しい?)手だと思いました。
美和子の発音も、ネイティヴには程遠いにせよきちんとしたものではあったし。
いろいろな見方があるだろうけれど、原作に極めて忠実に作られたドラマなんか未だかつて見たことがない。
そういう意味では原作のない次回以降からが試金石(って前にも書いたっけ)
深キョンがヒロインに起用された時点である程度予想はついていたけれど、もう原作には縛られない独特な深田ワールドにハマりつつあるのだ。見る側も、作る側も。

今日はバレンタインS。12頭立ての7頭が外国産馬だ。
いっそ香港形式でやっていく、ってのも手なのかもしれないな。
このままではごく限られた生産者しか生き残っていけないだろう。

|

« ホテルの富豪刑事 | トップページ | 週末の戯言は半分だけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 視点の違い-深キョンの魅力勝ち:

« ホテルの富豪刑事 | トップページ | 週末の戯言は半分だけ »