« キケンな遊び | トップページ | 週末の戯言@中山記念と阪急杯 »

がっかり@富豪刑事

そもそも、最後に本間はあのセリフを言うくらいなら、何故あんな罪を犯したのか。
例えばあの秘宝が強欲な金持ちに買われていこうとしていて、それを阻止するために強奪を試みた、というのであれば成立する会話です。
でも、犯行の動機が過去の自分の犯罪を隠匿するためだなんて、それじゃ矛盾してるでしょ?最後のセリフは。
粗雑なプロット。そして散りばめられたトリッキーだけど上滑りなオチの数々。
もう、原作本来のテイストは完全に消えてしまいました。
浮世離れした、パラレルな金銭感覚を持つ、爪を隠した鷹、で大富豪。
そんな主人公の人物設定を全く活かしきれなくなってしまったらこのドラマには何の魅力もありません。
チーム鎌倉の男性陣はこのまま美和子の能力を全否定し続けるだろうし(布引だけが相変わらずフラットなスタンスだけど)、そんな前提はそもそも原作にはありません。
それでもイジラれキャラとしてのヒロインは深キョンにぴったりで、実際魅力的。
いったいこのドラマの主軸はどこにあるのだろう。
見ていて辛くなってきました。
せっかく原作者が出演しているのだから、プロットだけでも立てていただけばいいのに。
ああ、もどかしい。
札ビラ切って強引な捜査をして、そして視聴者を唖然とさせてほしい。
富豪刑事が富豪である理由をきちんと証明してくれる、そんなドラマが見たいのになあ。

ワコールのCMで西島さんがいい味出してます。
近所のスーパーの下着売り場にてエンドレスでオンエアされてるのを5回くらい続けて見ちゃいました。
作られた(!?)胸元に魅せられて、さり気なく見つめては何気なく視線を外して平静を装う。
…かーわいい!!
あんな彼氏がいたなら、きっと必死にダイエットするだろうな。で、あのブラ買う、と。
あ、今デブなのは別にダンナに不満があるとかそういうことじゃあないですよ。
(言い訳がましい)

|

« キケンな遊び | トップページ | 週末の戯言@中山記念と阪急杯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がっかり@富豪刑事:

« キケンな遊び | トップページ | 週末の戯言@中山記念と阪急杯 »