« 週末の戯言@中山記念と阪急杯 | トップページ | 後始末とこのブログの趣旨(?) »

健康管理@猫

陽太の血糖値は見事に標準に戻りました。だろうと思った。
だって一般的な低血糖時の症状が何一つなかったんだから。
腎臓については、1週間程度じゃ数値に変化は見られないだろうし、
もう少し投薬を続けてから約1ヵ月後に再検査をすることになりました。
ついでにカノンも連れて行って同じように血液検査していただいたところ、
やっぱり思ってたとおりクレアチニンの値が少し高かった。
兄弟ですからね。同じもの食べてるし。
でも兄弟なのに、血糖値はまるで違いました。
そう、カノンは高かったんです。で、投薬して1週間後に再検査(涙)
まあ食後そう時間も経ってなかったこともあるし、
猫はストレスなどでけっこう測定値に幅がでるそうなので、それほど心配はしていないのですが。
神経質なカノンの投薬は困難を極めると思ってましたが、これが意外にカンタン。
錠剤1個半ですが、ウォルサムのタブポケットに1つを押し込んで、
もう半分はささみのおやつに挟み込んで少し時間を置いてから食べさせたところ、
いともあっさりと飲み下してくれました。
陽太は相変わらず夫が押さえ込んで私が口に押し込む、という正攻法ですが、
要領さえ覚えればそれなりにスムーズな投薬ができるようになりましたし。
さて、このまま症状が悪化しなければいいのですが。

現在我が家の猫たちが食べているフードは、
・カノン、陽太、風雅→ピュリナONEインドア、アボキャットライト、
ロイヤルカナンインドア(32)、ヒルズのオーラルケアをミックスしたもの。
・れいあ→上記にエボルヴをミックス。
その他にいわゆるおかず(?)として一般食の缶詰(80~90グラム)を4匹で1缶。
陽太とカノンにはこれにユーカヌバの処方食を混ぜて食べさせようと思っていましたが、
陽太は大喜びで食いつくのにカノンはこのフード、全く食べません。
仕方なくカノンのため他社(三共)の処方食を注文しました。食べてくれるかな。
ちょっとずつ処方食の割合を増やしていこうと画策しています。うまくいきますように。
ちなみに、フードをミックスしている理由ですが。
数年前に、その当時皆が喜んで食べていた輸入のドライが入荷されなくなりました。
…そう。ご想像どおりです。慌てて他のドライに変えたら全然食べてくれなくて。
少しずつ混ぜて、嗜好を変えていけばよかったんです。
それがねえ、何故かすっかり焦ってしまって、一気に切り替えてしまったのが敗因でした。
結局お腹が空いて根負けした彼らは渋々新しいドライを食べてくれましたが、かなり時間がかかってしまった。
以来、どんなドライも単品では出していません。
体重が減れば腎機能低下の所為?!と慌て、
太れば太ったで肥満が心配…細心の注意を払いつつあまり神経質にならないよう、
これからも彼らの健康管理に努めていかなきゃ。
もう、闘病ブログ作りたくないですから(涙)

|

« 週末の戯言@中山記念と阪急杯 | トップページ | 後始末とこのブログの趣旨(?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 健康管理@猫:

« 週末の戯言@中山記念と阪急杯 | トップページ | 後始末とこのブログの趣旨(?) »