« あら | トップページ | ホテルの富豪刑事 »

ダーレーって誰?(すみません)

いやもう、文字通り薄氷を踏むような勝利。勝てば官軍、ですけどね。
個人的には、あのチームにはドリブルで切り開いていけるような、核弾頭とも言えるプレーヤーが必要だと思う。
そうです。達也、ことレッズの田中達也の召集をぜひ!

今日は、先陣を切ってダーレージャパンが所有する種牡馬の合同展示会が開催されました。
内国産なんか1頭もいないのに、明らかにファンと思える人がいたりしてびっくり。
(優駿Sは見学禁止なので、もしかしたらこの機会に内国産種牡馬に会えると思ってるんでないか、とは場長談)
今回の目玉は新種牡馬ダージー。よくある「あの名馬の全兄弟」、所謂七光り種牡馬で、彼の兄はあのドバイミレニアム。
これまたご多分に漏れず本馬の成績はからっきしで、たった1走しかも4着。それで引退、という本当に絵に描いたようなパターンです。
血統的にはそりゃシーキングゴールドですし、兄は偉大だし、でも本馬は未勝利。
馬自体はバランスもよく、顔立ちにも品があって個人的には好みのタイプですが、果たして50万というfeeは妥当なのかどうか。
正直評価のしようもないのですが、恐らくダーレーでかなりの数の繁殖につけると思われるのでそこそこ結果は出るのではないかと。
個人的には、同時に展示されていたムーンバラッドの初年度産駒がよく見えました。
確かに寒かったけど、豊富に振舞われる暖かいお茶や豚汁、肉まん(ゴーゴーイチ!)帰り際におみやげとしていただいたメロンパン(有名な店のモノらしい)、などその気前よさにはオイルダラーの威力をつくづく感じましたね。
記念品としていただいたニットキャップはなかなか良さそうです。被ってみたいとは思えないけど(ごめんなさい)
次はちょっと開いて21日の新冠地区。今日の優駿、そしてちょっと山奥ですがビッグレッドファーム、この2場にはどちらも注目の種牡馬がいますが、一番関心があるのがマイネルラヴ。実は一度も直で見たことがありません。
ステイゴールドもいるから、きっと当日のBRFは大賑わいでしょう。

|

« あら | トップページ | ホテルの富豪刑事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダーレーって誰?(すみません):

« あら | トップページ | ホテルの富豪刑事 »