« 展示会@浦河も寒かった(BlogPet) | トップページ | 北国の鳥@シリーズ化しようかな »

三半規管と肉団子

今、トリビアを見ていますが。
安藤美姫嬢の三半規管は異常としか思えない。
…いったいどうなってるの?
普通1000回転どころか5回回ったくらいでふらつくぞ。
あのケロリンとした笑顔を見て、背筋がゾゾっとしたのは私だけではないだろう。
サイボーグだったりして。発想古い?


dango寒い時期の定番メニューはおでんでしょう。
コンビニでも売ってはいますが、やはり手作りに勝るものはない。
下ごしらえはそれなりに面倒-大根を米の研ぎ汁でゆでる、卵は固ゆで、牛スジ、こんにゃくは下茹で、揚げ物練り物は油抜き-ですが、一度大量に作りゃこっちのもの。
3日は食べれます。手抜きと責めるなかれ。
ダンナともども関東出身ですが、私の父が関西生まれなので幼少時から牛スジとはなじみが深く、必然的にうちのおでんには牛スジとちくわぶという、東西の人気者が同居することになってます。
そして、味の決め手はこれ。米久の肉団子!とにかく美味なんですよ。
肉団子は同業他社からもいろいろ発売されていますが、ここのがダントツ!
(ちなみに私はこの会社の回し者でもなけりゃ、当然アフィリエイトもしていませんのであしからず)
もちろんおでんに入れずとも、揚げてから添付の甘酢あんをかけても美味。
あっさり春雨や白菜とスープにしても美味。
これはお薦めです。ぜひ一度お手にとって、そして味を見てくださいませ。
肉団子に抱くイメージを一新してくれ…るとまでは言い切れないですが。お近くのスーパーなどで入手できない方はこちらでご相談くださいね(ってこれじゃホントに回し者)。

ところで。
おでんにニンジンって入れるものでしょうか?

|

« 展示会@浦河も寒かった(BlogPet) | トップページ | 北国の鳥@シリーズ化しようかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三半規管と肉団子:

« 展示会@浦河も寒かった(BlogPet) | トップページ | 北国の鳥@シリーズ化しようかな »