« 今日は月命日 | トップページ | ・・・・・・なにこの試合 »

怒りのオムライスそして週末

そもそも、目当ての和食の店が、今日に限って開店が30分も遅れるからいけない。
仕方なく入った食堂で「じっくり煮込んだドミグラスソースがおいしいふわふわオムライス」なるものを頼んだら…
さんざ待たされた挙句出てきたそれ、を一口食べて、怒髪天!
ドミグラスソース、まんまそれだけ。味ひとつなし。
チキンライス、色は赤いが味全くといっていいほど、なし。
卵、ちっともふわふわじゃない。味、これもなし。
ついでに、一緒にきたコーンスープも水っぽい。
これで900円だなんて、あまりに暴利も甚だしい。
文句の1つもいいたくなりましたが、ぐっとこらえ、空腹もこらえて8割残して店を出ました。
もったいない、とは思うけれど、ほとんど手もつかずに残された皿から、何かを読み取ってほしいものです。
昔お勤めしていたころは昼食であちこち食べ歩いてましたので、オムライスについてもそれなりにうるさい、と自負はあります。
でも、今日のだったら100人が食べて95人は美味しくない、と思うと思う(?)な。

田舎のお店は競争相手がいないので、切磋琢磨という言葉に無縁なんでしょう。
「あそこは美味しいよ」と勧められた店で、ああ、ホントだ、と思ったことは今までほとんどありません。
讃岐うどんの店ができて、そこの手打ちだといううどんを生のままで買って家でゆでましたが、
正直讃岐のそれ、ではありませんでした。あくまでも「讃岐風」。
でも、本場のうどんを知らない人は「ああ、これが讃岐うどんか」と思ってしまう。
医療の面について、人も猫も不安と不満がある、と以前書きましたが、美味しいものが食べられない、というのも田舎暮らしの大きな欠点ですね。
ネット通販で様々なものがたやすく入手できるようになったのはいいけれど、出来立てをその場で、という望みはなかなか叶いません。


産経大阪杯。
まともならアドマイヤグルーヴが一番強いから、勝つならあっさり。
相手はハーツクライでどうかな。

どうやらスイープトウショウももうすぐ復活の様子。
明日ダイワエルシエーロが勝てば、ダンスインザムードもあわせて本当に古馬牝馬は層が厚い。
今年のエリザベス女王杯が今から楽しみです。3歳牝馬陣は大変だろうけど。

|

« 今日は月命日 | トップページ | ・・・・・・なにこの試合 »

コメント

「食」については東京も同じですよ。行列ができるお店とかありますけど、以外とまずかったりすることが少なくないです。あくまで大阪出身者1個人の感想ですけど。で、並んだ人も実際マズイとは思っているのだけど、並んで待って損したと思いたくないのか「まぁ良かった」とかウソ言う人も少なくないので困るのも東京の特色です。
 確かに凄く美味しいと思うところもなくはないですよ。でもそういうところってお値段高くて2度と行くか!と思うので、私は自炊好きです(^^

投稿: FZ-A茶飲み男 | 2005/04/03 01:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怒りのオムライスそして週末:

« 今日は月命日 | トップページ | ・・・・・・なにこの試合 »