« スイープトウショウ強し!@週末の復習 | トップページ | ネコ温度計と週末の下調べ »

愛猫を喪ってからもうすぐ8ヶ月になろうとしています。
先日、彼女は9歳になりました…生きていれば。せめて10歳まで生きていて欲しかった。
彼女の誕生日を多忙の中失念していたことに自分自身を責めている日々です。

彼女を失うまでの日常を思い出すことができません。
果たして今と同じように生きていたのかな。どうなの?どうだろう?
猫、という存在に対して注ぐ愛情には変化がおきました。
表現することが難しいのですが、何かを共有する、という感覚が今はありません。
亡くなった子とは確かに相通ずる意思、というか気持ち、があって、それは決して私の都合良い思い込みでもなんでもなかったはず。
私は愛されなければ愛せない、というわかりやすいタイプなので殊更自分への相手の感情に敏感です。
それは猫にだって人間にだって同じ。
今いる猫たちが私に抱く気持ちは手に取るようにわかるので、だからこそ愛猫に抱いたような愛情は抱けないのでしょう。
ペットロス症候群。
私が今陥っている無気力で無駄に繊細な感情はこれなのかもしれませんが、果たして彼女を失う前の自分に戻れるのか。そもそもそんな自分がいたのかどうかも今となってはわからないんですけどね。

|

« スイープトウショウ強し!@週末の復習 | トップページ | ネコ温度計と週末の下調べ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« スイープトウショウ強し!@週末の復習 | トップページ | ネコ温度計と週末の下調べ »