« ごちそうさまでした@記念日 | トップページ | コメントありがとうございました(って今さら…) »

4匹様ご案内@年に一度の受難の日

あまりにブログタイトルと乖離した内容ばかりなので、たまには本筋、猫についてのエントリを。

今日は3バカ(?)+れいあのワクチン接種日。
完全室内飼いだし、今のワクチンは3年に一度で十分という話もどこかで読んだことがあるけれど、1年に一度の健康診断も兼ねて我が家は毎年病院で接種をお願いしているのだ。
3種混合@4000円、これを4匹。
そして腎機能の状況を確認するため陽太とカノンは血液検査。
ま、シャレにならないほどの出費ではあるけれど、この子らの健康のためだから仕方ない。
そう、ひとたび大きい疾病に見舞われるとこの程度の負担では済まないことを身を持って知っているので…

猫の医療費については、前に書いたとおり自由に獣医師側が設定できるようになっている。
その結果ワクチン1本取っても、その費用が病院によって大きく変わってくるのだ。
恐らく薬剤の価格にはそう大きな違いはないはずで、あとは付加価値、つまり技術料ということになる。
だがこれも、首根っこの肉をつまんでぶち、っと刺すだけ(に見える)だから正直それほど大差ないように見えるし。
ちなみにうちのかかりつけ獣医は大柄な男性獣医が一人ですべてをこなしていて、正直衛生面などに不安を感じることもある。それにヘビースモーカーらしく患畜の合間合間に一服するんだろうな、診察室に入るとタバコの煙で一瞬不快感を覚えることがしばしば。
それでも、この先生多分犬よりも猫が好きで、保護して里親を探す予定の野良ちゃんなぞ連れて行くと、それが幼い子猫だったら相好を崩して抱き上げたりする様が微笑ましい。
大抵の保護猫は腹に虫がいたり耳ダニがいたりで、ワクチンまで含めるとかなり費用はかかるがその点でこの病院は非常に良心的。キットによる血液検査(FIVとFelv)とワクチンと処置を含めて本来なら1万は超えるはずが半額近くまでディスカウントしてくれるのだ。ありがたい。

今までどの子もワクチン後に体調を崩すことはなかったけれど、今回もみんな大丈夫そう。
ただセンシティヴなれいあは案の定キャリーに詰めるだけでも大暴れをこいて大興奮。車中でも人の顔見りゃ鳴いて鳴いて大騒ぎだし帰宅後は一目散にベッドの下に潜り込んでしまった。
お兄ちゃんと一緒なら大丈夫かな、と密かに期待していましたがうーん見通しが甘かったみたい。
結構粘着気質な子なので、ここしばらくはそーっとしておいて向こうから近づいてくるまで待とうかな、と。
ホントにねえ。もっと心を開いて打ち解けてくれれば嬉しいんだけどねえ。来年のこの日はもっとお互い心穏やかに迎えたいものです。

家人の大学時代の友人から新米をいただいた。
炊いてみるとこれがまた、実に美味しい。「お米が立ってる」し、明らかにツヤが違う。噛めば噛むほど甘みが広がって、これなら漬物だの明太子だのがあればいくらでも食べられそうだ。
秋は確かに美味しいものが多いような気がする。
北海道は、夏はそれなりに暑いが、冬もガンガン暖房の設定温度を上げるので室温が高く、お菓子やパンを作るのにはあまり適していない。
そうなると勢い秋はそれらを作りたくなり、作れば喰う。何しろ家人はあまり甘いものを積極的に摂らないし、飽きっぽいので宵越しの菓子パンは食べないと来ているから結局その大半は私の胃袋に納まることになるのだ。
今年は夏バテ(による減量)もないまま現在に至っているため、ここらでひと絞りしておかないと生理的に脂肪を溜め込みがちになる冬で更に泣きを見そうだし、が、頑張るぞ…頑張…れ…るかなあ…
ちなみに猫どもも、4匹とも太り気味でしかも陽太とカノンは血糖値が基準を少し超えてるそうで(涙)
4匹と1人、揃ってこの秋はダイエットに励むこととなりそうだ。あうううう。

|

« ごちそうさまでした@記念日 | トップページ | コメントありがとうございました(って今さら…) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4匹様ご案内@年に一度の受難の日:

« ごちそうさまでした@記念日 | トップページ | コメントありがとうございました(って今さら…) »