« 或る日の朝 | トップページ | 吹奏楽@今は昔 »

対人間へのグルーミング@カンタの悪知恵

毎週楽しみにしている番組のひとつが「開運!なんでも鑑定団」。
で、一昨日も見ていたのですが…

あの、お友達から貰った物を鑑定に出すのって、どうなんでしょうか。

善意でくれた品物ですよね。それの価値を確かめるって…浅ましすぎると思うのは私だけでしょうか。
まさか今回出品すること、その方にお話してるんですよね?
私が彼女の友人なら、もう二度とこの人にモノはあげない、と思うだろうなあ。
元々あまり好きではなかったタレントさんですが、ますます好きじゃなくなったのは言うまでもありません。

デブ猫カンタはもうすっかり外での暮らしなぞ忘れてしまったようです。
日々家人と共に過ごし(在宅の仕事が多いので、一緒に事務所に出勤する)、夜も一緒。同じベッドで仲良く寄り添ってる図はなかなかに微笑ましかったりして。
でも彼、ダイエットの影響で常に空腹状態なので、午前2時くらいになると空腹→飢餓状態に陥るらしく、家人に鳴いてご飯を催促するらしい。
家人は寝起きが非常に悪いため、多少鳴き(泣き)喚いたくらいじゃ当然起きないため、彼が執る最終手段は「グルーミング」…家人の髪を舐めるのだそうだ…うぇぇぇぇ~
流石にこれには敵わず、起きて僅かばかりのカリカリを一度あげてしまったのが運の尽き。
もうこれでご飯が出てくるぞ!とこういうときには働く学習能力でカンタは毎晩家人の髪を舐めるのだとか。やだなあ。
私はゼッタイコイツとは一緒に寝ないぞ、と心に決めたのでした。

kanta1012
舐め猫カンタ。(ちょっと響きが淫靡?)

|

« 或る日の朝 | トップページ | 吹奏楽@今は昔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対人間へのグルーミング@カンタの悪知恵:

« 或る日の朝 | トップページ | 吹奏楽@今は昔 »