« 大人げない?@トップジョッキーの日記を読んで | トップページ | 最期を迎えるそのときに »

今日は解禁日@新酒

ボージョレー・ヌーヴォーの解禁日。
最近はワインもほとんど飲まなくなったので今日のこの日も何ら私たちにとって関係ない、どうでもいい日なわけなのですが、何故かいただいてしまいました、ワイン。それもコンビニで売ってる安~いヤツ。
そもそもガメイは好きではないんです。
カベルネ・ソーヴィニヨン、そうボルドーのそれもざらっざらに重たいタイプが好きなのでその対極にある若いワインは苦手なんですよ。
案の定、美しい色合いが目の保養にはなったけれど舌はあまり満足してくれませんでした。

時差の関係で日本が世界で一番最初に新酒を飲める、という話らしいですね。だからあんなに大騒ぎになる、と。
その昔、地元に唯一あったまともなシティホテルの中にこれもまたかなり本格的なフレンチのお店がありました。
本格的過ぎて常にガラガラ(で、結局ホテルごと潰れてしまったのですが)、それでもテレビで紹介されるなど興味をそそられたため、当時のオトコと一緒に行ってみました。
どーせ空いてるんだし、と予約もせずに19時頃のこのこ出かけてドアを開けたら、なんと満席!
「お客さま、今からでしたら30分ほどお待ちいただくことになりますが」
せっかく来たんだし、とウェイティングバーで待つ間にやっと気付きました。
そう、その日は11月17日。
そのレストランでは「ボージョレー・ヌーヴォー飲み放題、フルコースディナー10000円」などというとんでもないミーハー企画をぶち上げ、それに乗った地元民が続々と訪れていた、というわけ。
当時の解禁日はバブル景気とも相俟ってもっとお祭りムード満載だったんです、今考えれば。
結局30分待たされてからいただいたコースディナーはそこそこの味だったと記憶していますが、肝心のワインはと言えば…
カレは確か数杯グラスを干してたはず。でも私は1杯がやっと。どうにも薄くて美味しくないんだもの。しかもその日は他のもの頼みづらい雰囲気で、そもそもワインはニガテなので水ばかり飲んでたっけ。情けないったら。
店を出たら時計は既に22時を過ぎ、家まで送る、と言ってくれた彼はそこから都心まで1時間以上かけて帰らなければならないので、駅でお見送りしました。
というわけで、その後も女友達とパーティーに行ったりとかそれなりに華やかなりし出来事もありましたが、やはりあのどこか華やかでどこかうら寂しいディナーが11月17日の最も印象深い思い出です。
…なあんて、何ノスタルジーに浸ってるんだろ。

半分以上残っているボトル。
その美しい赤色を愛でながら、口直しにこれまた頂きもののロイヤルハウスホールドを飲もうとしているのあちなのでした。

|

« 大人げない?@トップジョッキーの日記を読んで | トップページ | 最期を迎えるそのときに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は解禁日@新酒:

« 大人げない?@トップジョッキーの日記を読んで | トップページ | 最期を迎えるそのときに »