« クリスマスなんて大嫌い@3連休じゃないし忙しいし | トップページ | 猫の話と揺れる体温 »

三冠馬が負けた日@JRAに物申す?

その瞬間、中山競馬場にはどんな空気が流れたのでしょうか。
第50回有馬記念(GⅠ)。
無敗の三冠馬が初めての敗戦を喫したその時を、知人が馬主エリアで迎えたそうです。
金子氏や、吉田勝己氏の姿は見えなかったけれど、喜色を満面に湛えた吉田照哉氏とはすれ違ったとのこと。
社台Gは3つの牧場間での競争意識が高く、特に今年は勝己氏のノーザンF生産馬がディープインパクトを中心に競馬界を席捲したため照哉氏はさぞ口惜しかったことと思いますが、土壇場で一矢報いることができました。それも最も強いインパクトの舞台で。
勝ったハーツクライは、絶好のスタートから今までのこの馬からは考えられないほど前での競馬になったのですが、直線が短く終いに坂がある中山では極端な追い込みはなかなか決まらない(ヒシアマゾンのクリスタルCは例外?)ため、結果的にこの戦法が正解でした。
驚いたのはコスモバルク。今までで一番常識にかかるレースができ、実際に掲示板にまで乗ったのですから。
力はあるけれど、ボタンを掛け違った印象が否めない、という馬でしたがこれからまだまだ強くなる伸びしろがあるかもしれない。
コイントスも頑張った。最低人気だったんですね。それが僚馬ゼンノロブロイにまで先着するのですから大したものです。
で、そのロブロイですが、そもそもピークを過ぎていた感もあり、また詰めの甘さを感じさせる印象はマイニングという血統が齎したものかもしれません。
タップダンスシチーもそうですが、このレースは種馬としての価値を大きく引き下げる結果となりました。明らかに引きどきを間違えたかと。

思ったのは、「もし、ここにスイープトウショウが出ていたら」
家人と予想してみたのですが、家人は「大外から差して優勝」そして私「…本馬場入らないで除外じゃないの?」
実際、観衆のテンションは異常とも思えるほどで、普段イレ込むことのない馬まで落ち着きを失っているのが見えたため、もしここにスイープトウショウがいたら、きっと天皇賞以上に本馬場入り口で頑張ってしまったでしょう。
無事にゲートまでたどり着いたとしても、ハーツがああいうレースをしたら届かなかったんじゃないかな。
真面目に予想すると、1着ハーツ、2着スイープ、3着ディープ。
この3頭が実際にあい見える可能性が一番高いのは来年の宝塚記念あたりか。今からとても楽しみです。

今年の競馬も終わりました。
競馬界的には無敗の三冠馬の誕生や、海外GⅠ制覇など大きなニュースがありましたが個人的にはあまり思い出したくない出来事が多かったように思います。
私のスタンスは、あくまでも「競馬はギャンブル」。決してロマンなどではない、苛酷な現実を突きつけられてしまった今年は特にそう感じました。
実際にJRAの売り上げも昨年より落ちたそうですし、人気馬を一生懸命作り上げようとしてももうファンは着いてこないということの現われではないでしょうか。
ロマンだとか三冠馬伝説だとか、JRAがここまで徹底して築いてきたイメージアップのための戦略は悉く裏目に出てしまったのでしょう。馬券を買わない客層ばかりが増えるという矛盾した結果、競馬場はまるでガキの遊び場と化してしまいました。
神経質で臆病なサラブレッドがどれほど驚くかもわからずに嬌声をあげ、挙句ファンファーレでは手拍子。
もう恥ずかしくてとても海外のホースマンたちに見せられたものではありません。
高いギャラのタレントを使ってキャンペーンを張るくらいなら、少しはJRAも競馬場におけるマナーを啓発することを考えて欲しいものです。
本当の競馬ファン-競馬をギャンブルとして捉え、きちんと馬券を買おうとしている人たちをもっと誘引できるような、そんなビジョンを主催側を持つべきで、これ以上競馬場を遊園地化しないようにして欲しいと心から願っています。

|

« クリスマスなんて大嫌い@3連休じゃないし忙しいし | トップページ | 猫の話と揺れる体温 »

コメント

きょうみもにゃは、JRAが宝塚にJRAと制覇するはずだったみたい。
また社台で生産したかった。
でみもにゃはJRAが社台に競馬へ敗戦したかもー。

投稿: BlogPetのみもにゃ | 2005/12/28 11:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三冠馬が負けた日@JRAに物申す?:

« クリスマスなんて大嫌い@3連休じゃないし忙しいし | トップページ | 猫の話と揺れる体温 »