« エッセイ風に@みもざに捧ぐ | トップページ | ちび猫栄転@お届け無事終わりました »

ゆずと子猫と高血圧@なんだそりゃ?

yuzusake20051130
文字通りゆずのお酒。
とてもフレッシュな香味と酸味、そして爽やかな甘さが舌に残ります。
実家に帰ったとき近所のスーパーで見つけ、何気なく買って来たのですがこれがまた大当たりでした。
ということで、月に一度の特売日を狙って母に何本か買って送ってもらい、ちびちび(最近とみにお酒が弱くなったので)飲ってるところです。
ゆずをふんだんに使ったこの贅沢なお酒はクイーンズ伊勢丹限定販売(多分)。500円くらいだったかな。
お近くにこのお店があったならぜひ一度お試しを。女性向きという感もありますが、甘さ控えめなので男性にもお薦めです。

今日は子猫のお届けの日。
…昨晩から血圧が上がってしまっています。
何だか軽く眩むの、と家人に訴えたらさすが高血圧の先輩(?)、すぐに血圧を測るように言われたのですが確かに言われるまでもなくそうだろうな、と思ったので家人が寝静まったころを見計らって測ってみました。

140-85 …た、高い…

慌てて引っ張り出した所謂「家庭の医学」本によると下が90を超えなければ高血圧とはいえないそうですが、それでもいつもよりも上下とも20くらいずつ高いのは事実。
で、気になったのはその本にあった高血圧の原因でした。
いろいろ書かれていた中で目を引いたのは「ストレス」-明らかに思い当たります。そう、子猫のこと。
先のエントリでも書きましたが今日お届けするのは初めて猫を飼う、というご夫婦のお宅。
果たしてこのやんちゃ坊主のパワーにめげることなくついていけるのか。電話でお話した限り、ご主人は人が好さそうではありますがどうにも気の弱そうな感じ。
そして奥様は逆にキツそうなイメージ。電話越しにご主人に向かって「明日でも持ってこれるんだって」…猫はモノじゃあないっつーの。
ま、初めてならそんなもんかもしれませんし、愛情を持って一緒に暮らすうちにかけがえのない存在になっていくだろうからあまり神経質に言葉尻を捉えることもないのでしょうけれど。

ああ…飼える状況にあるのなら飼いたいけどねえ…ってこれは禁句か。

同居していたデブ猫カンタは鬱陶しいヤツがいなくなってせいせいするのか、それとも刺激がなくなって寂しいと思うのか。
ちび猫にとっては同居猫がいた方がいいかもしれませんが、それはおいおい里親さんが考えることです。
まずはこの子をきちんと育ててもらわなきゃあ。

とまあここのところ考えるのはそんなことばかりで血圧も上がるかも。
もちろんストレスだけが原因ということもないでしょうからダイエットもせにゃならないし、子猫のことがすっかり終わったら少し自分のことも見つめなおさなければならないんでしょうね。ふう。

明日の今頃、感じてるのが不安感ではなく寂しさだけだったらいいんだけど。そう切に願いながら、さあこれから支度です。いい人でありますように。ちび猫が幸せになれますように。

|

« エッセイ風に@みもざに捧ぐ | トップページ | ちび猫栄転@お届け無事終わりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆずと子猫と高血圧@なんだそりゃ?:

« エッセイ風に@みもざに捧ぐ | トップページ | ちび猫栄転@お届け無事終わりました »