« 客寄せパンダと美味しいワイン | トップページ | お気楽主婦の有頂天な冒険 »

勢力争い@猫も人も

1ヶ月ほど前に解禁された米国産牛肉の輸入。
いともあっさりと、再びの輸入禁止が決まってしまいました。
当然といえば当然。
米国内からも検査機関がいかに杜撰な対応をしているかという内部告発がなされていたというのに、それは黙殺して親米の証左とばかりに輸入を再開した小泉内閣の認識の甘さが窺える事例ですね。

ついに堀江社長逮捕ですね、ライブドア。幹部も含めた4人がいなくなって会社もさぞ慌てていることでしょう。
それにしても、昨日まで彼を手放しで礼賛していた人たちが掌を返すように批判し始めている図は見ていてあまりにみっともない。
その最たるものが政治家たちでしょう。特に、武部氏。この人の地盤が北海道だなんてホント、恥ずかしくて申し訳なくて…すみません。こんな人を国政に送り込んでしまって。
私たち以上に反省してほしいのは、神奈川の住民です。何故小泉氏を支持するのでしょうか。この人が任期中に日本という船の矛先を妙な方角へ向けてしまったのはいずれわかることですが、ある意味持ちつ持たれつの広告塔だった堀江容疑者が逮捕された今でさえ、無茶な規制緩和などについていっかな反省する気配がない。
ここまで厚顔無恥な人自体日本人としては珍しいのではないでしょうか。
そう、日本人が持つゆかしさや恥じらい、といった微妙な感情がどうやらこの人には備わっていないようです。
個人的には皇室典範の改正(改悪)には反対なので、今回の失態をきっかけに法案成立が見送られるといいな、と思っています。

私には政治よりも経済よりも気がかりなことがひとつ。
chibi0125
野生児ちび

nonta0125
のんちゃん
うまいこと玄関の中に誘い込んだまではよかったがこの後延々と鳴き続け、ついにドアを破壊しそうになったためとりあえずお外へ。まだ難しそう。もう少し信頼関係を築かなければ。

この2匹の外猫が醸しだす微妙な距離カンケイがどうにも不安なのです。
一昨日、夕方に帰宅したところ、玄関を挟んで対照的に5メートルほど離れたところにお互い陣取って威嚇しあっているではありませんか。
とりあえず2匹の気を静めるように声をかけつつそれぞれの器にレトルトのフードを入れ、まず年嵩のちびの前にそっと置く。そして怯えたような目で見ているのんちゃんの前にも。
すぐに食いついてくれたのを見てまず安心。でも、食べ終わってからが実は危ない。
食べたらすぐ建物の裏手に回りこんでそっと逃げていこうとするのんちゃんをちびがしつこく追いかけていく、というケンカに繋がる危険なパターンへと移行してしまうのです。
そっと逃げ出したのんちゃんを早速追いかけようとするちびの前に立ちはだかり、頃合を見計らって逆方向へと誘導。
今日は何とか事なきを得ましたが、これからどうなるか。
今は劣勢なのんちゃんも、そろそろ老境にさしかかるちびの体力が衰えてくれば形勢逆転、となる可能性が高く、そうなる前に保護したいけれど肝心なちびは全くといっていいほど懐きません。
逆にのんちゃんの方が日に日にフレンドリーになってきて、このまま抱き上げられそう、というところまで来ました。
そりゃあ部屋の数さえあれば一気に2匹とも捕獲してしまいたいけれど、今はどうしようもない。
とりあえずこの冬は乗り切ってもらって、来年の冬はどうにか住環境を変えてでも家猫にしたいと思っています。

今日はこれからちょっとお出かけ。
何とも贅沢に1泊で映画鑑賞です。もちろん「有頂天ホテル」。とにかく楽しみ。
いやなことばかり-個人的にも-で落ち込みがちな気持ちをきっとこの映画は持ち上げてくれるに違いない。そう信じたい。
そして某ホテルのレディースプランでゆーっくりと羽を伸ばしてきます。
PSPも持ったし(おい)某身内からもらったMP3プレーヤーも持ったし、何もしないでぐーたらするぞー…っていつもしてるんですけどね、ぐーたら。

|

« 客寄せパンダと美味しいワイン | トップページ | お気楽主婦の有頂天な冒険 »

コメント

きのう、気持ちに輸入した。

投稿: BlogPetのみもにゃ | 2006/01/25 11:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勢力争い@猫も人も:

» 皇室典範改正報告書に仕組まれた罠一〜吉川座長は学者失格 [悪の教典楽天市場店]
 今日は旧暦十二月二十八日、御用仕舞い、門松飾り。師走、水沢氷りつめる。 本日より四回に渡って「正論」平成十八年二月号に掲載された林道義はやしみちよし元東京女子大学教授の「『皇室典範有識者会議』とフェミニズムの共振波動が日本を揺るがす 改正報告書に仕組...... [続きを読む]

受信: 2006/01/31 01:36

« 客寄せパンダと美味しいワイン | トップページ | お気楽主婦の有頂天な冒険 »