« ブログの功罪@やや大げさではありますが | トップページ | 日本丸の進む方向って? »

展示会in新冠の続き

そして優駿S。
ここは展示馬が20頭いるそうですが、とにかくせわしないほどサクサクと展示が進んでいきました。これはこれで新鮮かも。何せ正味45分で終わっちゃったんですから。
何頭か抜粋でご紹介。

yushun6-0216
マヤノトップガン by ブライアンズタイム
ブライアンズタイムの後継が4頭いる中で一番結果を出しているのはこの馬かも。
チャクラ、けっこう好きな馬です。

yushun7-0216
コマンダーインチーフ by フォーティナイナー
看板馬だけあってトリでの登場でした。
ダート馬、ですね。未だに強気の種付料。でも交流競走も増えていることですし、堅実にダートで走る馬は貴重な存在かも。

yushun1-0216
キングヘイロー by ダンシングブレーヴ
重賞勝ち馬が出たこと、またスイープトウショウの活躍によってダンシングブレーヴの肌が注目されていることからけっこうな頭数が集まっているようです。

yushun5-0216
シルクジャスティス by ブライアンズタイム
そもそも現役当時の印象があまり…

yushun2-0216
ノーリーズン by ブライアンズタイム
可もなく不可もなく、という印象。

yushun4-0216
マーベラスサンデー by サンデーサイレンス
シルクフェイマスがいい時期に復活したことからまた人気が盛り上がるかも。

ダーレーの展示会に比べればどちらも来場者数は少なかったかな。
特にビッグレッドFは淋しい印象を受けました。とにかく従業員の数が多かった。そして社宅が立派だった(笑)
優駿Sはとにかく駆け足でした。
司会がお世辞にも上手とは言えなかったことも相俟って、あまり宣伝効果があったとは正直思えない。
(ちなみにBRFは今年もフリーの伊藤アナ)
個人的には、初年度産駒も見たかったな。どういう子が出るのか、生産者もそれを一番知りたいのではないでしょうか。
去年、ダーレー所有の種牡馬だけを集めて優駿Sで展示したときは確か当歳つきの繁殖がいたと思います。
全馬というわけにはいかないだろうからせめて初年度産駒だけでも…どうだろ?

さ、来週は門別、社台、静内、と続きます。
天気いいといいな。それだけが気がかりです。

|

« ブログの功罪@やや大げさではありますが | トップページ | 日本丸の進む方向って? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 展示会in新冠の続き:

« ブログの功罪@やや大げさではありますが | トップページ | 日本丸の進む方向って? »