« ブログの功罪@やや大げさではありますが(BlogPet) | トップページ | 競馬ブログじゃあないんです@教えて2題 »

ブログの功罪@自己レス?

先だってのエントリで触れたブログ。
正直どこかもにょもにょした気持ちがどこかにあり、ライターさんを庇うような記事を書きつつ忸怩たる思いを否定できなかったのですが、休止宣言を受け、堰を切ったようにつけられたコメントを幾つか拝見してその思いが具体化しました。

自分に都合のいいことだけに耳を傾けたいのならブログなどやめたらいい。
ブログは不特定多数の人がみるから厳しい意見も当然くるもの。

そうだよね。自分に都合の良い、耳障りのよいコメントだけが欲しいのならオンラインでなぞ「日記」を書かなければいいんです。そうか、そういうことだったんだ。
ある意味このコメントは禁を犯した、といっていいでしょう。
恐らく大多数の読者の心の中に潜んでいた真意を代弁してしまった。これで私のように「気付いて」しまう人がきっと多いはず。
ブログは読む、読まない、コメントをつける、つけない、そのコメントを認める、認めない、そしてそのコメントを削除する、しない、のそれぞれ自由がライターにも読者にも与えられているわけで、それらはよほどのことがない限り尊重されなければならない。
やっぱり、オープンスペースに自分の言葉を綴ろうとするならば、それを批判されても揶揄されても否定されても仕方がない、という覚悟は必要なんでしょうね。

幸か不幸かここは大した内容もない(自分で言うなって)ブログなので手厳しいどころか普通のコメントすらほとんどありません。いわゆるひっそり系ブログの最たるものです(望んでひっそりしているわけでもないのですが…)。
批判も賛同も紙一重。要はそのブログに興味を惹かれる人がそれだけいるということ。そういう意味では私のブログって負け組なんだ。しみじみ思い知らされました。わかってはいたんだけど。ふう。

のんちゃんの里親探しは予想通り難航しています。
オトナの猫はどうにも人気がなくて。本当に可愛いんだけどなあ。

(追記 案の定先のブログには辛口コメントが更に増えました。誰かが言い出すのを待っていたのかもしれないけれど、風向きが変わった途端スタンスを変えるなんて…どっちもどっちだな、と。ま、これで再開はなくなったでしょうね)

|

« ブログの功罪@やや大げさではありますが(BlogPet) | トップページ | 競馬ブログじゃあないんです@教えて2題 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログの功罪@自己レス?:

« ブログの功罪@やや大げさではありますが(BlogPet) | トップページ | 競馬ブログじゃあないんです@教えて2題 »