« 展示会トップバッター@オイルダラーの威力って | トップページ | 頭痛との付き合い方@ビギナーは語る(?)(BlogPet) »

ツーショットに頬緩む午後

病院から連れて帰って来た直後は怯えきっていて、物陰から悲痛な声で鳴いてばかりだったのんちゃん。
見るに見かねて、というより万策尽きて(?)カンタを部屋に入れてみたら…あらら、出てきた。
ぐわんぐわん、と小さな頭をカンタの全身にぶつけるようにして甘えるその姿に思わず安堵のため息が出ました。
そっとカリカリを出してあげると最初は躊躇いつつ、徐々にガッツリと、食べ出したので、もう大丈夫。
お人好しカンタは寝床を取られ、仕方なく床に置いた指定席の座布団に移ったら今度はそこにのんちゃんが来て半分場所を占められて、と初手から振り回されっぱなしです。
まだ流石にビクビクこそしていますが、それでも着けてあげた首輪を嫌がることもなく、抱き上げれば私にも頭を擦り付けてくるくらい、かなり落ち着きを見せるようになってきたのは予想外のこと。
この調子ならそう遠くなく人に馴れてくれるでしょう。
一晩外で使った猫ベッドを綺麗に蒸気とアルコールで消毒して置いておいたらそこでちゃんと丸くなっています。
それでもちょっとでも大きな音を立てればすぐにそこを抜け出し、部屋の片隅に積み上げられている書類や雑誌などの隙間に潜り込んでしまいますので、仕事をするのにもとても気を遣いました。

two0210
微笑ましいツーショット。
カンタは今回殊勲選手です。ホント、ありがとう。

雪が解ける頃になると北海道も里親さん募集ページに子猫が出てきます。
その前になんとかいいご縁を見つけたい。頑張ろうね、のんちゃん。

|

« 展示会トップバッター@オイルダラーの威力って | トップページ | 頭痛との付き合い方@ビギナーは語る(?)(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツーショットに頬緩む午後:

« 展示会トップバッター@オイルダラーの威力って | トップページ | 頭痛との付き合い方@ビギナーは語る(?)(BlogPet) »