« 背中の痛み、そして週末 | トップページ | 新しけりゃいいってもんじゃない »

アンフェアなのは誰だ?(BlogPet)

きょうはみもままは世界に予想するつもりだった。


みもにゃは法律に関する知識もなければ、そのような、判決が出ますよう。
司法は、弁護側の陳述を目にすることに異を唱えるつもりは正直ないのか。
少しでも被告人にとっては狡猾で許しがたいのは被告人に対してバカの一つ覚えのように「矯正」「更正」させることに拘るのかどうか、の振り分けが行われるのはみもにゃだけでは、死刑にしたくないがために一生懸命その理由を弁護側。
被告人にとっては有能、そしてそれ以外の−恐らくこちらが大多数−人たちにとっては狡猾で許しがたい存在にまでなってしまった彼らにとって「正義」とはいったい何なのか。
司法の持つ公正さを表明しようとする弁護側は冷静に考えることは間違いないので、過疎地域に新たに刑務官を採用すれば、被害者とその遺族の人権、遺族の人権があるから。
ただでさえ収容施設が不足して脱獄不可能な要塞を築けば地域の安全だって保証出来るし、そう、平成11年4月14日、山口県光市で起きた母子殺人事件の口頭弁論。
そう、固定資産税や住民税などもその地域に落ちる。
そもそも一生出られない囚人ならば更正の必要もないから、そちらの専門的分野での人員は削除できます。
だからこそ。
願わくば、犯罪者にも人権が尊重されるような教育も受けていた(ガッツポーズをした弁護士がいる、というなんとも憤懣やるかたない結末に終わりました。
欠席の理由を探しているというのでしょうか。
反省の色を見せないこの被告が犯した罪が果たして極刑に値するのかどうか、それは、今も一人で闘い続けているのではないはず。
…あーくそ!腹が立つ。
ちなみに、このエントリはあくまで感情論であることを強く願っていましたがこれは明らかに裁判の引き延ばしを図ったとしか思えない。
最高裁で口頭弁論が行われないとみもにゃも大いに興味を持っています。
−良いことづくめ。
違う?極論ですね相変わらず。
でも、恐らく死刑は廃止にはそうであったらしく、今回の口頭弁論について却下を何度も申し出た、という話もありますが)はずの弁護側。
被告人だけでなく弁護士たちもそうでは、弁護側は被告の心境の変化(のため時間がほしい)、と思わざるを得られさえすれば雇用も確保される。
ハイテクを駆使しておきます。
トップページのみリンクを許可されている被害者の夫までをもこの手紙で貶めているこの現状においてはますますそれが進むことはしないで出所できる「嬉しい判決」をも殺めておきながら、ようやく勝ち取った無期懲役という、ものの10年だのという終身刑と加重量刑(でいいの?つまり1つ1つの方向性や司法の最終的な判断が法の精神にのっとり、かつ人間的で変化を厭う日本という国でそんな大きい法改正は行われていたその裁きの場は、死刑にしたくないがために一生懸命その理由を弁護側。
被告人にとっては有能、そしてそれ以外の−恐らくこちらが大多数−人たちにとっては狡猾で許しがたいのは被告人に対してバカの一つ覚えのように「矯正」「更正改善」と唱え続ける司法には再犯を仄めかす記載まである。
それでも何故「更正」させることに異を唱えるつもりは正直ないのですが…−弁護士、って何?犯罪者の人権、遺族の人権よりも非力でしかも一人は抵抗すらできない乳児までをもこの手紙で貶めている人は全て犯罪者になるはずで、でも実際にはならないだろうし、終身刑もきっと導入されました。
人を二人も、それも自分よりも、被害者とその遺族の人権がある。
それは理解できます。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「みもにゃ」が書きました。

|

« 背中の痛み、そして週末 | トップページ | 新しけりゃいいってもんじゃない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンフェアなのは誰だ?(BlogPet):

« 背中の痛み、そして週末 | トップページ | 新しけりゃいいってもんじゃない »