« 自然の恵み、そして自民党の敗北 | トップページ | 何処に向かうの?@なっちの行く末を憂う »

闘病記にはしたくない@馬の話も少し

今日は陽太の通院日でした。
血液検査の結果、ビリルビンとクレアチニンの数値がまた少し上がっていてがっかり。
食事も、水も、出来うることは全てしているつもりですが、まだ足りないのかな。
尿素窒素の値は横ばいなので、これが上がったら活性炭の投与も考えましょう、と獣医さんから言われましたが、肝臓の数値が完全に落ち着くまで(肝臓の薬の服用が要らなくなるまで)どちらにしても飲ませることはできません。
水も、多飲というほどではなく適度に飲みますし、食欲も旺盛。
それでも腎臓はいつ急変するかわかりません。恐らく既に彼の腎臓は50%以上機能を失っているはずですし。
毎晩のようにベッドに来てくれる姿がみもざに重なります。
やだな。もう失いたくないよ。悲しい思いはしたくない。
このブログが闘病記にならないよう、更に何かできること、を考えていきたいと思っています。

Chakura0426
チャクラ、という競走馬をご存知ですか?
父マヤノトップガン、重賞勝ちもあり、鞍上をして東京の2400でも「距離が足りない」と言わしめた生粋のステイヤーです。もちろん今週末の春天、こと天皇賞春にも出走予定です。
たまたま知人のツテを使って、休養中に見学させていただけたので、その時の写真を。

今年は1頭抜けた人気馬がいますので、他の馬は全て挑戦者的なくくりで扱われていますが、中でもピークを越えた感があり人気薄間違いなし、のチャクラは馬券的に面白い馬です。
マヤノトップガンといえば先日逝去されたホースマン縁の馬。人気馬からの組み合わせで馬券を買ってみようかな、なんて思っています。
でも何だか今年の春は気分的に盛り上がらないなー。
何が勝ってもどーでもいいような…夏競馬を今から楽しみにしているのあちなのでした。今年こそ馬券当てて函館湯の川温泉に一泊するぞ!(豪遊、ではない→割と志が低かったりする)

|

« 自然の恵み、そして自民党の敗北 | トップページ | 何処に向かうの?@なっちの行く末を憂う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 闘病記にはしたくない@馬の話も少し:

« 自然の恵み、そして自民党の敗北 | トップページ | 何処に向かうの?@なっちの行く末を憂う »