« 東京に大地震が起きる日? | トップページ | のざると書いてやえんと読むの@その1 »

どうぞ安らかに@人も馬も

顔見知りのライターさんがわが社へ取材に訪れました。
元々端正な顔立ちの男性なのですが、減量に成功したとのことでかなりシャープなイメージへと変貌していてびっくり。
これは私もダイエット頑張らないと、と気持ちを新たにしたところですが、彼が手土産として置いて行ったのがよりによってベルンのミルフィーユじゃあありませんか!
マルセイバターサンドと並んで「もらってうれしい甘いもの」同率首位のこのお菓子が何と22本も入っているという箱を前に思案投げ首状態ののあちですが何か?

メジロマックイーンが亡くなりました。
彼が現役だった頃一緒に行動していたウマ友達がマックイーンファンだったので、3連覇がかかった春の天皇賞を見るため現地へ行ったことを覚えています。
ご存知のとおり、その偉業はライスシャワーに阻止されてしまうのですが、秋の天皇賞で降着の憂き目に遭うなどどこか不運も付きまとう馬でした。
実はその友達も若くして逝き、今頃天国で彼女はマックにニンジンでもあげていることでしょう。

あの頃は、ただただ好きな馬や騎手を追いかけて、競馬場に行ったり、なけなしのコネを使ってトレセン見学に足を運んだり、北海道に馬を見に行ったり、と文字通り「競馬ファン」を満喫していました。
大きなレースのある日は、開門前の競馬場で寒さや暑さに耐えながら、門が開いたと同時に席を取るため走り出す、という今の落ちた体力からは想像もできないほどアクティヴな観戦もし、パドックなどで知り合った競馬仲間もたくさんいたっけ。

様々な事情や歳月を経て、競馬に対してのスタンスは大きく変わりました。
今、好きな馬はいません。好きな騎手は上手な騎手(某リーディング騎手を除く)全て。
馬券を買うことも少なくなり、欠かさず買っていた競馬雑誌も今ではほとんど手にすることもなくなりました。
だから何?って?
…そうですね。だからどうってこともないんですよね。

史上初の10億円馬。記憶にも記録にも残る名馬が最期を迎えたのは日高のはずれにある種馬場。
産駒が思うように走らなかったためシンジケートは解散され、ラストクロップは3、4頭だそうです。
それでも、その死が報道されただけよかったのかも。

メジロマックイーンの冥福を心から祈ります。

|

« 東京に大地震が起きる日? | トップページ | のざると書いてやえんと読むの@その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうぞ安らかに@人も馬も:

« 東京に大地震が起きる日? | トップページ | のざると書いてやえんと読むの@その1 »