« 一面の銀世界の中、結婚記念日に思うこと(BlogPet) | トップページ | のんちゃん受難?@もうすぐ病院行き »

バカだバカだと言わないで@陽太はちょっとだけ頭が悪い

一度痛い思いをすると、二度とそれを経験したくない。
れいあは、猫たちの食事を用意しているときに私が足を踏んだため(実は2回も)それ以来食事の用意を始めると一目散にテーブルの下へと隠れるようになりました。
保護猫のんちゃんは、野良生活では口にしたことなどなかったのでしょう、コーヒー用のミルクポーションの美味しさに夢中になり、最初はそれを使ってそばにおびき寄せることができたのですが、2度目からは用心深くなってしまいました。そう、手に持って舐めさせようとしても近づいてこない。床に置いて少し離れるとすぐに舐め始めるのです。可愛くないったら。

今年初め、家人にデジカメを貸しました。その時撮影したものを私は一生目にしたくないし、本当はそのカメラももう二度と手にしたくない。
ただ、買ってからそれほど時間も経っていないし、人にあげるのもちょっと…なので妥協案として中に入っているSDカードを買い換えることにしました。
1GBの、1万円くらいしたカードですが、新しいそれがくるのを待たずして既にゴミ箱の中、です。
臆病な私の自衛策。
二度と痛みを経験したくはないし、そう、その事実を思い出したくもない。
だから私の記憶はあちこち抜け落ちているのかもしれません。

それでも、人生最大の痛みであるみもざの死は、忘れたくても忘れられないし、未だに彼女を思い起こすたび呼吸がし辛くなるのです。
あの時彼女はあそこにああいう風に座っていて、ああ、あの場所にも寝ていたな、とか、これは美味しそうに食べてたっけ、と、思い出せば際限なく、収集がつかなくなれば最後は涙。

みもざの一番好きだった場所は私の枕の上なのですが、今朝目を覚ましたとき、右を下にして寝ていた私の頭の斜め上に茶色の背中が。
寝ぼけていましたし、ああ、みもざだ!と本来なら間違えてしまっても不思議ではないのですが、悲しいかなリアリストなのですぐにそれが陽太だとわかりました。そういや昨晩は何度か布団を持ち上げた覚えがあるし。
それまで年に1回くらいしか私のベッドに入ってこなかった陽太が、最近は頻繁にやってくるようになって、昨晩はとうとうみもざがかつてしていたように、ベッド→枕→ベッド→枕というローテを組んでくれたみたい。
食欲がなくなり、血液検査で肝臓関連の数値が上がったとき、ストレスも原因のひとつだと獣医から言われたので努めて怒らないように、そしてスキンシップを取るように心がけたのがよかったのかもしれません。
最近はあたかもストーカーのように私につきまとい、ちょっとでも椅子に腰を下ろせばすかさず膝の上に飛び上がってきます。

今も、パソコンに向かっている私の膝の上にとぐろを巻いて(?)いる陽太。
出来うる限り怒らないよう忍の字で接してますがこれがまた、一番叱責を受けるようなことをしでかしてくれるんだよなあ。
しちゃだめ、という言葉が全く通じないだけでなく、痛い目に遭ったにも関わらず性懲りもなく同じ失敗を繰り返すわけで、少しはれいあの持つ注意深さを学んで欲しい、と思う今日この頃なのです。

Yota04092
亡くなる約2ヶ月前のみもざままと一緒に外を見る。
とても穏やかな初秋のひとコマ。肺転移に気付くきっかけになったしこりを彼女の腋の下に見つけたのはこの僅か2日後のことでした。

|

« 一面の銀世界の中、結婚記念日に思うこと(BlogPet) | トップページ | のんちゃん受難?@もうすぐ病院行き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バカだバカだと言わないで@陽太はちょっとだけ頭が悪い:

« 一面の銀世界の中、結婚記念日に思うこと(BlogPet) | トップページ | のんちゃん受難?@もうすぐ病院行き »