« 爪を剥がす女@怪談でもなけりゃオチもなく | トップページ | 何処に向かうの?@なっちの行く末を憂う(BlogPet) »

元気の源@ゴム手袋は必需品

某身内がポーションをフルコンプして送ってくれました。多謝。
ということで、思い出したように我が家にも買ってあったボトルを一本開けてみる。そしてグラスにあけるとああ、久々に見た美しい青とともにあの香りが。
飲み干す。不味い。やはり不味い。うえええええ。

最近ではコンビニにも姿を見せなくなったポーションですが、消えてなお、未だにどういうコンセプトで作られたのか理解に苦しみます。
あの色、合成着色料ですよね?そもそもボトルが綺麗なブルーなのに中身にまで色つけるこたなかろうに。
そして味だって、も少し美味しさという面を追及なさってみても罰は当たらなかったのではないかと。FFのどのキャラもポーションの味なんぞに言及していなかった訳だから、極端な話、イチゴ味だろうがチョコレート味だろうがあるいはミルク味だって構わないはずじゃあありませんか。
飲んだら少しは元気になるかな(客はまだいる)と思いましたが、胃がむかむかしてきました。逆効果。
私の元気の源はやはり今の時期ならギョウジャニンニク、そして猫かな。

今日は天気が悪いので、明日、今年最後のギョウジャニンニク採りと最初のこごみ採りに行くことにしました。
で、このこごみですが、スーパーの野菜売り場で1パック数本入りに500円!などというお高いプライスシールを貼られて並んでいます。
ギョウジャニンニクとは違う場所に生えているので、昨年などはちょっと見過ごしている間に成長しきって大変なこと(伸びきるとシダのようになる)になっていましたが、今年は何とか採り頃に間に合いそう。
味に癖がなくアクもないことから我が家ではとても重宝してるのですが、何故か実家の母にはこごみ、不評なのです。
曰く、見た目が芋虫っぽいとか。そう、母は芋虫系が大の苦手。
あのひらひら、っていうかギザギザ、っていうか、それを取り去ってもぐるんぐるんしているところは確かにグロテスクではありますが…
私は脚の多い昆虫が、母は足のない昆虫がダメ。でもどっちかというと私の方が不利ですね。明らかにクモやアリの方が個体数が多いもの。
山菜採りはまた、このニガテな虫との闘いでもあります。
薄手のゴム手袋をしているから直接触れ合う(?)ことこそないけれど、地面の、枯葉や枯れ草の間を横切っていく黒かったり赤かったりする(う~思い出すだけでぞわぞわする)彼らを出来るだけ視野にいれないようにしつつ刃の部分の長いはさみでちまちま採る。
恐ろしく効率は悪いのですがこうでもしないと到底我慢できないから仕方ないの。
もう少しするとたらの芽、そしてふきのシーズンです。
でも前者には偶にアリがたかっているし、後者は地面から生えているし、でゴム手袋はシーズン通して必需品なのです。

さ、明日は頑張るぞー!
手袋も準備したし、はさみも出したし。
田舎暮らしの数少ない楽しみ。不法侵入者との戦い(?)は鬱陶しいけれど、短いシーズンを精一杯楽しもうと思っています。

|

« 爪を剥がす女@怪談でもなけりゃオチもなく | トップページ | 何処に向かうの?@なっちの行く末を憂う(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元気の源@ゴム手袋は必需品:

» 内房の特徴 [田舎暮らし千葉県房総ブログ - 全解剖!千葉の田舎暮らし]
こんにちは、私も田舎暮らしに関連した記事を書いています。よろしければご訪問下さい。 [続きを読む]

受信: 2006/05/06 05:20

« 爪を剥がす女@怪談でもなけりゃオチもなく | トップページ | 何処に向かうの?@なっちの行く末を憂う(BlogPet) »