« フリーター枠って…@ホントにできるの? | トップページ | 幸せって何だっけ?@たとえあなたがいなくなっても »

ご立腹@腹を立てても意味がないことではありますが

仕事で家人とともに外出。
取引現場(?)を見がてら交渉事を、と思っていたのだが肝心の目的を果たしてからが長かった。
担当者は業界でもトップクラスのコネクションを持ち、とにかく今この業界を回しているのは陽気なギャング…ではなく丸顔の彼であることは間違いない。
その彼が、ビッグネームの経営者たちからひっきりなしにかかってくる電話を捌きつつ30分余りも我々と雑談に興じてくれた(頼んでもいないんだけど)のだ。
横柄で、言葉も悪く無作法だけれど、どこか人の好さを醸しだすという不思議なその人物は、恐らく正反対であろうパーソナリティの持ち主である家人を何となく気に入ってくれているみたい。
そして何故か私にも「ねえ、そうでしょ奥さん」と同意を求めてくるので、時には素直に頷けないまでも大抵は目ウロコなお話ばかりなのでついつい感服させられてしまう。

まあここまではよかった。問題はこの後。

たまたま我が社からも納品に従業員が来ていたので作業風景を見るともなしに見ていたのだが、ここからが怒り心頭。
とにかく、その相手が狡猾でやり口があまりに汚いのだ。
諸事情によりかなりダメージを受けているこちらの従業員に構うことなく自分の欲求ばかりを押し付けようとするその様に、思わず後ろから「ええかげんにせえやこのアホンダラ!!」とドツキ倒したくなったが…我慢することしかできない、その歯痒さに終いには怒りを通り越して涙が出そうになった。
家人ともども、もう金輪際コイツとは縁を切る!と怒りに任せて(顔には笑みを貼り付けて)その会社を後にしたのだが、途中これまたひっきりなしにすれ違うのはその会社へ向かうと思しき同業者の営業車。
どれだけ悔しい思いをさせられようと今この会社からそっぽを向かれれば仕事ができなくなることは火を見るより明らかなので、財力のない中小企業はじっと耐えるしかない。

構造的に不況な業種なので今後も大きな好転は望めない。
それでも、苛酷な状況下では比較的恵まれたシチュエイションで稼動している会社であり、だからこそ緊張感が欠けているという現実も見つめなければ。
ああ、何て奥歯に物の挟まったエントリなんだろう。
詳細は、本業の裏ブログに全て実名で書き綴る予定です。そうでもしなければ腹立たしくて眠れそうにないから。
ふう。ため息でちゃう…

|

« フリーター枠って…@ホントにできるの? | トップページ | 幸せって何だっけ?@たとえあなたがいなくなっても »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご立腹@腹を立てても意味がないことではありますが:

« フリーター枠って…@ホントにできるの? | トップページ | 幸せって何だっけ?@たとえあなたがいなくなっても »