« 生まれてきてくれてありがとう@8歳になりました | トップページ | ヤアヤアヤア!@我が家にサックスがやってきた »

ナイスじゃないっすよ@…

シネコンの切符売り場の兄ちゃんが、私の告げたタイトルを聞いたとき微かに顔をしかめたのを見て、思わず「これ、見る人ってけっこういるの?」と尋ねたら「いえ、そんなに」
その短い一言を答える間にちょっとだけシニカルに緩められたその頬が何を物語っていたか、上映開始後ほんの数十秒で思い知らされることになろうとは。

確かに私は寺島進さんが好きですよ。あの人が演じる役は全て好き。この映画でも彼は彼でした。私の一番好きな、シャイなオッサンキャラでしたからね。

だからってねえ。

108人収容の映画館に10数人ほどが座り、その誰もがクスリとも笑わないままそれでも頑張ること40分。そして、池脇千鶴と吹石一恵がどうにもキライになってきたところでついにギブしました。
肩透かしというか、失望というか、まあなんとも腹立たしい気持ちを抱えつつ、暗がりから外に出たら切符売り場の件の兄ちゃんがすぐ傍でなにやらディスプレイの架け替え作業をしていたので、「すごくつまらなかったんだけど」と声をかけたらニヤリと笑って「そうですよね」…最初からそう言えっつーの。言えないか。

1600円(生協のカードで200円引きだったので)は完全に無駄遣いでした。これほど見て後悔した映画はありません。ていうか、これを理解し、最初から最後まで笑って見れた人は果たしてどれだけいるんだろう。
ちなみに、道内では唯一その映画館で、しかも週1、15時の回一度だけ、の上映なのですが、そりゃそうだろうなと。
あの豪華なキャスティングをあれだけ活かしきれない映画なんてある意味それはそれで価値のある一本なのかもしれませんけどね。

えーと、タイトルは敢えて書きませんが、ま、わかる人はわかるはず。
ちなみに、途中で席を立った映画はこれで2本目です。
最初の映画は「殺しのドレス」。中学生の頃デートで見た(相手は大学生)のですが、ちょっと刺激的過ぎたので俯いていたら相手が気遣ってくれて「出ようか」と。
ハタチ過ぎてから見たら全然きわどくもなんともなかったんですが、そう、その頃は純情可憐でしたからねえ(自分で言うな)。
あ、自分のお金で見た映画ではこれが最初だ。願わくばもうこういう映画には出会わないように…祈っちゃうよ、もう。

|

« 生まれてきてくれてありがとう@8歳になりました | トップページ | ヤアヤアヤア!@我が家にサックスがやってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナイスじゃないっすよ@…:

« 生まれてきてくれてありがとう@8歳になりました | トップページ | ヤアヤアヤア!@我が家にサックスがやってきた »