« スケールまでの遠い道のり@W杯どころじゃない? | トップページ | 大きなお世話?@ランキングの意味を知りたい »

今年も…@もはや何も言うまい(言ってるけど)

札幌が1年に一度、非常に騒がしくなる時期を迎えました。
そう、私が忌み嫌う「YOSAKOIソーラン」が始まっています。

そもそも、よさこい、は高知が発祥の地であり、ローマ字に変えてみようがどうしようが、よさこいはよさこい。
せめて、ソーランまで付けて呼びならわしてくれればいいものを、臆面もなくマスコミまでがこぞってYOSAKOI、と呼称するのを見聞きするにつけその厚かましさに嫌悪感が増します。

道内でオンエアされているサラ金のテレビCMは、画面のどこにもYOSAKOIの文字はありませんが、誰が見たってそうであることは一目瞭然。
踊っているのは、そのサラ金業者と手を組んで参加している某大学のチームでしょう。
金はないけど若さとパワーがある大学生と、金があり、企業イメージを向上させたいサラ金業者。それぞれの思惑、つまり利害関係が一致しての合同チームはなるほど潤沢な資金があるらしく衣装も豪華です。

これ以上の批判は、昨年のこの時期のエントリと以下同文、ということで。
また、この珍妙なイベントについてはウィキペディアの「YOSAKOIソーラン祭り」が非常に簡潔にわかりやすくまとめてくれているので、興味をもたれた方にお薦めします。
…日高晤郎さんを見直しましたね。うん。

昨年同様今年もジレンマに陥らせてくれたのは、ナックス。
彼らは好きだから、テレビで、しかもライブで見れるのは嬉しい。でもあの北朝鮮のマスゲームのような踊りは見たくない。
あーあ。誰か勇気ある権力者が終幕を宣言してくれないものか。
道民である限りこの時期のこの煩悶からは逃れられないのでしょうか。やれやれ。

|

« スケールまでの遠い道のり@W杯どころじゃない? | トップページ | 大きなお世話?@ランキングの意味を知りたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年も…@もはや何も言うまい(言ってるけど):

« スケールまでの遠い道のり@W杯どころじゃない? | トップページ | 大きなお世話?@ランキングの意味を知りたい »