« 週末は@札幌のホテルは満室です | トップページ | しまった!@口は災いの元 »

この残暑厳しい中競馬観戦に行くなんて@秋はまだか

信じられません。8月下旬にまだ30℃近くまで気温が上がるなんて。
北海道は冬の厳しさの分夏が過ごしやすい、なんて勘違いも甚だしい、ということでしょうか。
今日はまた招かれざる客が来やがりますもので、そのための買い物をしに車で出かけたのですが、1時間ほど経ってから戻ったら車内の温度は35℃!冗談じゃない。

…おかしいなあ。例年なら今頃は朝晩冷えるから綿毛布一枚じゃ寒いはずなのに、未だ羽毛肌掛けは出番なし。
家人に毎朝凍らせた麦茶を持たせるのですが、昨年の今頃は「もういいわ」と断られてたはずなのに。ええ、当然今朝も持ってでかけました。
亜熱帯と化した本州を尻目に、「もう風が冷たくてさあ」なぞと友人に出すメールの優越感も今年はまだ当分お預けです。
今年のような気候がこれから毎年続くのなら、冷房機器導入も考えなければならないかも。
冷房で体を壊すというデメリットよりも、あの熱中症の恐ろしさを考えれば室温と湿度を下げることの重要性が勝っている、そうつくづく思い知らされたシーズンでした。ってまだ終わってないけど。

さて、そんな残暑厳しい中またもや競馬感染、じゃなくて観戦することに。
一度は札幌で重賞を見ておきたいと思っていたのですが、流石にあのメンバーの札幌記念はかなりの混雑が予想できたので、比較的地味(?)な今週のキーンランドCを選んだ、と。
ちょうど土曜日に札幌で用事があったこともあって、昨日のエントリのとおり宿探しに奔走したわけです。
レース的には恐らくシーイズトウショウが一番人気、次いでブルーショットガン、ビーナスライン、個人的には鞍上強化したツルガオカハヤテなんかも気になります。
サマーチャレンジなぞという札束でツラをひっぱたくような企画が意外にもハマったらしく、トウショウの鞍上、池添クンも某紙のインタビューに「狙ってます」…これ、賞金もらえるのってオーナーとトレーナーだけじゃないの?
シーイズトウショウというとどうしても「悲運の」「バッドタイミングな」という形容詞(?)が私の脳裏で瞬くのですが、前回の函館で私の「これだけは、ない」と予想した馬に差されたようにどうも大一番で失敗するイメージがつきまとうんですよねえ。
ここを勝てば、次はセントウルS。ここを勝つだけの力と運さえあれば次も最悪着は拾えると思いますので間違いなく初代スプリントチャンピオンになれるでしょう。
でも、目標とされているスプリンターズSでは…うーむ。難しそう。
最大の敵、ラインクラフトが還らぬ馬となってしまったことは福音であることは想像に難くないですが、この馬の場合最大の敵は自分自身というか自厩舎、ってところかな。
とにかくもう10キロ20キロ単位の馬体重の増減はなしにしてもらいたいものです。

ということで、明日の夜は冷房の効くであろうホテルの一室で休める、それだけを励みに今日もこれからおさんどん頑張ろう。あううう。

|

« 週末は@札幌のホテルは満室です | トップページ | しまった!@口は災いの元 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この残暑厳しい中競馬観戦に行くなんて@秋はまだか:

« 週末は@札幌のホテルは満室です | トップページ | しまった!@口は災いの元 »