« 名物に美味いものなし?@秋の帯広行その1 | トップページ | ほっこりかぼちゃとレトロな時間@秋の帯広行その2 »

菊花賞雑感@そこにコーシローが(笑)

2年連続の三冠馬は誕生しませんでした。

もし、サムソンとメイン、鞍上が逆であったらユタカはこう言ったでしょう。「逃げた馬にレースを壊された」
確かにあれしか勝つための手段はなかった。それはわかる。でも…
(ちなみに、彼は自身の日記でメインを「人気薄」と称していました。すごいなあ。GⅠ3番人気を人気薄だなんてよく言えたものだ。聞いて怒る騎手や馬がたくさんいそう)
敗因が馬場だと井崎センセは仰ってましたが果たしてそうでしょうか。
切れる脚のない馬であることはわかっていたはずなので、サムソンはもっと早めに動くべきだったと思います。
勝った馬は確かに強かったけれど、展開ひとつで着順は変わったのでは。

面白かったのはユタカとノリのコメント。(netkeiba.comより)

2着 ドリームパスポート(横山典弘騎手)
 頑張りました。距離の不安もなく、スムーズにレースができました。ワンテンポ遅らせた仕掛け。僕は去年の豊の気持ちがわかったが、まさか、幸四郎がいたとは…。

3着 アドマイヤメイン(武豊騎手)
 自分の思い描いていたタイムでのレースはできたんだけどね。昨年のノリちゃんの気持ちを味わった。押し切れると思ったけど。それにしても、その外に幸四郎がいたとは…。

そのまさか。どうもコーシローは空気読まないという印象があるので今回ももしかしたら…と一応押さえてはいました。
サムソンさえ来てくれればなあ。3連複当たったんだけどなあ。
というより、見たかった。雑草と言われた馬が高馬を蹴散らして三冠馬になるところを。

エルコンドルパサー、エンドスウィープもだけど、せめてサンデーくらいは生きて欲しかったです。もったいない。
来年はディープも入厩して今年以上に賑わいを見せるであろう社台スタリオンにはきちんと管理して、種馬、大事にしてあげてほしいと願ってやみません。

|

« 名物に美味いものなし?@秋の帯広行その1 | トップページ | ほっこりかぼちゃとレトロな時間@秋の帯広行その2 »

コメント

きょうは高馬へ管理する?

投稿: BlogPetのみもにゃ | 2006/10/23 13:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菊花賞雑感@そこにコーシローが(笑):

« 名物に美味いものなし?@秋の帯広行その1 | トップページ | ほっこりかぼちゃとレトロな時間@秋の帯広行その2 »