« さんざ散財 | トップページ | 今年はシードで出場(BlogPet) »

カメは決してのろまではない@我が家のカメはけっこう速い(何が?)

我が家ではミシシッピアカミミカメを数年に亘って飼育している-こう書くと、正体がわからない人には如何にも珍獣を飼っているかのように聞こえるかもしれないが、要するにミドリガメがデカくなってしまった、ということなのだ。

ホームセンターなどで気軽に購入できるあのかわいらしいシロモノ、大抵の場合、乏しい小遣いの中から衝動的にガキ、もといお子様が安易な購入をすることによって家庭へと齎されるわけだが、そのほとんどはおそらく成長できずにこの世を去ってしまう。
何故ならこのカメ、オトナになるまで育てるには意外に手がかかるのだ。
気温水温が下がると勝手に冬眠仕様に体が変化していくが、実はこれが面倒で、容易に家庭では冬眠を完遂できずそのまま天国行きとなってしまうケースが多いらしい。

我が家の場合、カメ本体とともにそこそこの大きさの水槽とポンプ、そして水温を一定に保つためのサーモスタット付ヒーターをまず購入。
水槽の中には浮島や石なども配置し、底には大振りの玉砂利(水質を保全してくれる浄化作用があるタイプ)も敷き詰めた。
実は、1匹では寂しかろうとホームセンターから2匹連れ帰ってきたのだが、小さいほうは数日で動かなくなってしまった。
カメ一匹世話することもできないのか、と己を責めつつ裏庭に埋葬したのだが、ショックは数日ほど尾を引いた。
(が、結果的にこの死は福音であったと後で気づくことになる)

その後、ペットショップで「太陽に当てないと成長しないよ」と囁かれ、紫外線を出すというスパイラルライトを追加購入。
この時点で既にカメそのものの価格を遥かに上回る金額を費やしている。

そして、今。
私の適切かつ丁寧な飼育が実り、ミドリガメ、もといミシシッピアカミミカメは甲羅の差し渡し18センチ、という立派なカメに成長した(涙)
…これでもし、2匹とも無事に成長していたら、と考えると背筋が凍る(亡くなったカメ、スマン)。
既に2度ほど買い換えた水槽だが、清掃やその際の持ち運びの利便性を鑑みてこれ以上大きいものは導入不可能と家人ともども判断したためカメは体に見合わない大きさの水槽の中で心なしか不満そう。
事実、ちょっと水を多めに入れておくとその浮力を上手に利用して脱走を企て、朝、水槽を覗いてみると姿がない、ということもしばしばある。
で、これが日ごろ掃除しないような物陰だの隙間だのに潜り込んでは埃まみれになって発見されるのだ。
畢竟、それは私のずぼらで手抜きな掃除っぷりが暴露される瞬間でもある。ちぇ。

このカメがまた偏食家で、最も食べないのがカメ用ドライフード。それでも夏場は何とか口にしてくれるが冬になるとめっきりと食欲が落ちる。
水温は常に一定だし、陽光はともかく電灯がついている時間も年間通してほぼ一定。なのに、何故季節でここまで違いが出るのだろう。
冬でも唯一喜んで口にするのがレンジでチンした鳥のささみ。これは本来猫のために用意したクリスマスのご馳走だったのだが、何気なくカメにもあげてみたらそれまでの食欲不振が嘘のようにがっつりと食べるではないか。
まあ、高蛋白低脂肪だしあげても害はなかろう、ということで当座冬はこれを主食とすることにした。

ささみをチンしたあと、冷ましてから細く小さく裂く。それを一つまみずつラップに小分けしてからフリーザーバッグに入れて冷凍。水槽のそばにミニ冷蔵庫を置いて常に解凍した状態のものを数個常備しておく。
手間はかかるが仕方がない。ここまで大きく育ててしまったのは他でもないこの私なのだから。

懐くでもなく、芸をするでもなく、コミュニケーションが取れないという点ではのんちゃん以上に一緒にいて面白くない相手ではあるが、毎日一緒にいれば情も移るというもの。
こうなったらとことん長生きして欲しいと願わずにはいられない。

Cat0107
カメにたかられる(?)デブ猫カンタ。普段は臆病なクセに、意外と余裕たっぷりなその態度にはびっくり。
ちなみに、カメにとってカンタは単なる障害物に過ぎなかったらしく、この後器用にUターンして見せた。その速度はかなりのもので、私の中の「のろまなカメ」というイメージは見事に払拭されたのは言うまでもない。

|

« さんざ散財 | トップページ | 今年はシードで出場(BlogPet) »

コメント

みもままが我が家に亘るの?

投稿: BlogPetのみもにゃ | 2007/01/07 12:41

カメとウサギのツゥショットなら絵本で見たことがあるけど、カメとネコのツゥショットは生まれて初めて拝見しました。
不思議な世界です。
見ててほのぼのします。

投稿: なんでやろ | 2007/01/07 19:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメは決してのろまではない@我が家のカメはけっこう速い(何が?):

« さんざ散財 | トップページ | 今年はシードで出場(BlogPet) »