« 足の裏、いかがですか? | トップページ | 夢か現か幻か@難しい週末 »

週末に向けて思うこと2題

グリーンチャンネルの競馬バラエティ不要論を某予想家さんのブログで読んだ。確かに頷けるものがある。
ああいった番組が何故必要かを論じる際に、競馬ファンの裾野を広げる、という声もあるんだけどそもそもGチャンネル契約している時点で裾野どころか8合目まで登ってるわけで(笑)

調教VTRを見ることができるのは重賞だけだったと思うが、平場の出走馬だって売る馬券は同じ。
それなら平等に全ての馬の調教を見せてほしいし、バラエティ部門のキャストの人件費があればもっと多くの取材陣をトレセンに回して今以上に関係者のコメントを取材することができるだろう。
いかに馬券を売るか、というスタンスにおいては少なくともキャスター陣の内輪話より厩舎関係者のエピソードの方が参考になるはずだ。
競馬中継を軸に、予想や解説、そして追い切りのVTRと関係者コメント。これだけで本来十分なのではないだろうか。
無料で見れるメディアでこそファンの新規開拓はなされるべきであって、バラエティ番組は全てJRAがスポンサーになって民放でオンエアしてはどうか。ただ、あれらの番組を見て競馬に興味を持つ人がどれだけいるのかは想像もつかないけど…

先日社台スタリオンで種付を見学させていただいた。もちろん関係者さん同伴で。
着いたらちょうど「あの」馬が出番だったのだが…上手い。実に巧い。
うっすらと浮いたアバラ。このまま現役復帰できそうなほど無駄な贅肉がない小柄な馬体。
準備が整った繁殖を見るとタッタッタッと近づいてきてフンフンとにおいをかぎ、そしてすぐ乗る。
行為も体と同様に無駄がなく、あっという間にコトを終えるとまたタッタッタッと足早に去っていった。
賢い馬は、種付まで賢くこなす。うーむ。きっと受胎率も高いんじゃないかな、これなら。
とはいえまだシーズンは序盤戦。彼のみならず、他の馬たちも忙しくなるのはこれからだ。
昨年は5月頃見学させていただいたが、数を多くこなしている馬は皆一様にバテているように見えたし実際時間も長くかかると聞いた。
馬は酷使されて何もイイことなぞない。そう、儲かるのは…
驕れる者久しからず。そんな日が来るといいな、なんて思った。ちょっとだけ。
(…似たような勝負服ばかりが走るレース、少なくとも私は興味がそがれます)

|

« 足の裏、いかがですか? | トップページ | 夢か現か幻か@難しい週末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 足の裏、いかがですか? | トップページ | 夢か現か幻か@難しい週末 »