« 今日はちょっと疲れたのない烏龍茶に(BlogPet) | トップページ | 見よ!この霜降りを@米沢牛の逆襲 »

久々に週末の戯言@中京記念に寄せて

昨日は外出していたのでリアルタイムでは見れなかったチューリップ賞。
ラジオで実況を聞いていた分には着差もそれほどない辛勝、だったけれど先ほど映像を見て思わずうーむと声が出た。完勝です。

鞍上は明らかに脚を計っていましたね。
既に無敗でもないしクラシックどころか秋までGⅠ参戦可能なだけの賞金もありますからここで敢えて無理をする必要もない。
競り負けたダイワだってそう悲観することはなさそうです。
あれだけの時計で走れるわけだし、折り合いという点では勝った馬に勝っていると思うし。
ま、いわば今回がプレ桜花賞。もう本番やらなくてもいいんじゃないかな。

ウォッカ、カワカミプリンセス、そしてスイープトウショウ。
3年続けて「最強牝馬」という称号を私たちは見ることになるのでしょう。歴史は刻々と塗り替えられる。

最強、とまではいかないまでも名牝と呼ばれる馬は数多います。
古くはメジロラモーヌ、アグネスフローラ、マックスビューティ、シスタートウショウ、イソノルーブル(遡ればもっといるんですけどね、トウメイとか)、ちょっと前ならベガ、エアグルーヴ、シンコウラブリイ、ヒシアマゾン、ホクトベガ、アドマイヤグルーヴ、スティルインラブ、ダンスインザムード…時系列めちゃくちゃだな。
今日はその中の1頭、シスタートウショウの産駒が重賞初挑戦…ってけっこう産駒いたはずなのに初めて、ってことはあまり産駒成績よくなかったんだ。ふうん。
ラモーヌも確かオープン馬出せなかったと思うし、ああ、ここに上げた馬の中ではベガとアグネスフローラだけか、産駒が種馬としても大活躍しているのは。どちらも当馬は亡くなってしまったけれど。

名選手=名監督、名騎手=名調教師では必ずしもない、というのは何となく理に適っていると思う。
でも競走能力に「遺伝子」という絶対的なファクターを持つ競走馬の場合、それは当てはまらないんじゃないかな、と私は考えるのですが…
ただファインモーションやイクノディクタスまで含めればどうも単純に名牝=名繁殖牝馬ということではなさそう。
となると今現役でターフを沸かせている3頭の元、現、新最強牝馬たちは果たしてどんな産駒を出すのでしょうか。
とりあえずは無事に競走生活を終えて繁殖入りできるかどうか、ですけどね。
(ヤマニンシュクルのような例はまだ幸運なのかも、予後不良にはならなかったんだから)
恐らく数年後には血統背景も様々な彼女たちの産駒がターフで戦うことになるはずで…ってどれも皆ディープインパクトの産駒だったりして(笑)

さ、馬券もちょっとだけオンラインで買ったし、名牝の子を応援しましょう。勝つといいね。シスタートウショウさん。

|

« 今日はちょっと疲れたのない烏龍茶に(BlogPet) | トップページ | 見よ!この霜降りを@米沢牛の逆襲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日はちょっと疲れたのない烏龍茶に(BlogPet) | トップページ | 見よ!この霜降りを@米沢牛の逆襲 »