« Wiiスポーツの勧め | トップページ | がみもにゃは(BlogPet) »

甘ったれにゃんこと嬉しいお返事

憧れのブロガーにメールを書いたらお返事をいただいた(きゃ)←そんな歳か?

…いえ、別に色っぽい話ではなくて。
仕事上お世話になったので経過報告をしただけなのだが、すぐに返事が来て恐縮至極。
あれは誰が悪いとかそういうことではなく、ま、いろいろな要因が重なって不幸にもああなっただけであって、しかも今はほぼ終息しているのだから。
お目にかかる機会が多いということはイコールこちらのピンチが増えるということでもあってああ、まるで私たちってばロミオとジュリエット!(ゼッタイ違う)

我が家の猫、末っ子れいあは朝限定で「甘ったれいあ」になる。
私が目覚まし時計のアラームを止めてベッドの上に起き上がろうとする気配を察すると、どこからともなく飛んできて目の前でごろん。お腹を出してクネクネと甘えてみせるのだ。ああ、かわいい。
ちょっと意地悪。それを無視してリビングに向うと今度はタタタっと先回りして私の行く手を遮るように床の上でクネクネ。
もうここまでされるとこちらも我慢できず抱き上げてしまったらもうおしまいだ。
まーず降りようとしないから、仕方なく肩の辺りに張り付かせたまま不自由な体勢でカーテンを2箇所開け、パソコンの電源をオンする。
当のれいあは不安定な姿勢にもお構いなくすっかり寛いでいて、まあ4.3キロの小柄な子なのでそれほど重さは感じないがとにかくトイレにも行けやしないのでやむを得ずテーブルの上に下ろすと実に不満そうな表情を浮かべるのだ。
トイレから戻り、パソコンの前に置かれた椅子に座ると、今度は当たり前のように膝の上へ鎮座。
ここはそもそもお兄ちゃん猫の指定席なのだが、彼がちょっと油断するとするりとれいあが横取りしてしまう。
凡そ朝は30分メールや巡回ソフトが拾った更新サイトを見ているけれどヘタするとその間れいあもしくは他の猫が膝にいるという非常に腰や背中に悪影響を及ぼす姿勢を強いられるから困る。うーむ。

ところが!
この甘ったれ具合も日が高くなるにつれ(?)徐々に消えていって、昼前に事務所から一時的に戻ると私のことなぞすっかり忘れたかのように脱兎のごとくベッドの下へ。

…なんなんだこの猫

アタマ悪いのかそれとも朝と日中とでは人格(猫だけど)が変わるのか。全くもってよくわからない猫なのだれいあは。
あまりにメリハリがありすぎるので、少しは平均的に愛されたいと思うんだけど…
かつて愛する猫が私にしてくれたような愛情表現までは望まないので、せめていつも均等に傍にいてくれたら、そんなことを考える今日この頃なのだ。

ただいまレッズ、試合中。
今年は何となく締りがないなあ。早く達也とシェフに復帰してほしい。

|

« Wiiスポーツの勧め | トップページ | がみもにゃは(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Wiiスポーツの勧め | トップページ | がみもにゃは(BlogPet) »