« タラの芽@獲ったどーっ! | トップページ | 頭痛外来に行ってみた »

OCNが落ちた日

昨夕、突然インターネットにアクセスできなくなった。

TA古いしそろそろ交換した方がいいか、などと呟きつつ幾度か再起動を試みたりしたがいっかな治りそうにない。
花の世話もあるし、出さなければならないメールもある。
ま、そのうち復旧するだろうと高を括っているうち2時間が過ぎた。繋がらない。焦る。
某身内に電話して、OCNのサイトで状況を把握して欲しいと頼んだら、案の定故障情報が出ているらしい。
(その後、テレビでテロップが流れ、この異変が局地的なものではないことを知る)
とりあえず花の世話だけを依頼して電話を切ったが、さてここからが長かった。

片付けや掃除など、実はすることが山積みだったのでパソコンの前に座る時間をそれに充当できたのはまあよかったかもしれない。
結局0時半に就寝するまで復旧はなかった。

そして、今朝。
5時に起床すると同時にパソコンを起動、接続してみる…繋がった。
OCNのサイトで故障情報を見て驚いた。ISDNだけではない。光まで含めた大規模な異変だったのだ。
ひかり電話が不通で、災害などの緊急通報すら使えなかったとは。予想外に大変な事態だった。

幸いなことに、私なぞは趣味の範疇でしかインターネットを使っていないので実害はなかったけれど、これを生業としている人にとっては大打撃だったはず。
首都圏で以前起きた大停電の際も電力会社からは何の補償もなかったと聞く。恐らく今回も被害額を算定することが難しいだろうし、そもそもOCNは何もしないだろう。

脆弱だな。
どんどん都市部からネットに依存するシステムが構築されつつある中で、今回のようなトラブルが起きるとしみじみそう思わされる。
やはりモノを実際に目にすることなく生活を送るということが当たり前になりつつある現在の社会はどこかおかしいのではないだろうか。

それでも、田舎暮らしにはもはやなくてはならない存在になってしまったインターネット。
今後は今回のようなトラブルが起きないことを祈るばかりだ。祈る、なんてことしかできない現状が怖くもあるのだけれど。

|

« タラの芽@獲ったどーっ! | トップページ | 頭痛外来に行ってみた »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。