« 今日のいろいろ | トップページ | 猫三昧@空が高い »

いいのかJRA?@実は大好き組み立てモノ

今週末の中央競馬は開催されることが正式に決まった。
…いいの?本当に??

開催されればされたで心配だし、されなければされないでがっかり。
何故こんなジレンマを抱えなければならないのか。これはひとえにJRAの説明不足によるものだろう。
そもそも馬インフルエンザそのものについて正しい知識をどれだけのファン、そしてマスコミが持っているのか。
あのトウメイの有馬記念の時は、まだワクチンがなかったからほとんどの感染馬は発症してしまった。
でも今はワクチンをプログラムに沿って全馬接種しているので、陽性反応が出ても無症状、つまり発症しないままで治ってしまう馬がほとんどだ。
実際、新潟記念に出走を予定していた馬など検査で陽性反応が出て初めて感染を知ったというし、メイショウサムソンも帯同馬も発症の兆しはなかったらしい。
競馬ファンのサイトやブログを見ると、まるで不治の病のように悲観的なコメントも目にするが、実際に重篤な症状を顕す馬は出ていない。
それでもファンは不安で仕方ない。それはインフルエンザという存在を詳しく知っていないから。
そう、全てのファンがJRAのサイトを見ることができるわけではないのだ。
ブログというネットの末端の部分であってもパソコンを手にするユーザーですら情報が不足しているのに、未だマークシートすら使わず馬券を買っているようなおっちゃん達ならなおのこと。
どうして会見を中継するなど、もっとインフルエンザそのものに関することも含めて情報を開示しないのだろう。

開催を決定した会議の後JRA六本木事務所で開かれた記者会見については、ライターのはなおかたかこさんのブログに詳細が書かれているが、どうにも煮え切らない内容だったようだ。
感染しているか否か、ではなく症状があるかどうかが出走の可否を決めるファクターとなるらしい。
だが、出走投票は4時間早め、対象の馬は全て検査。この段階でキャリアであれば出走できなくなるとのこと。
この措置は、あくまでも念のため…って矛盾してない?

札幌記念は9月2日に行われるとのこと。ということは代替開催はないのかな。
3歳未勝利は正念場だというのに、このままレース数が減らされてしまうのだろうか。救済措置を取ってほしいと切に願うばかりだ。

何故か家人が大掃除を始めてしまった、事務所の。
かなり片付いたが、本当は今日、自宅の掃除を大掛かりにやるはずだったのですっかりスケジュールが狂った。もう。
さて、さんちゃんねるも終わったことだし、これから本棚の組み立てだ。
今晩は寝れるかなあ…あうううううう。

|

« 今日のいろいろ | トップページ | 猫三昧@空が高い »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。