« 禍福は糾える縄の如し@イイことばかりじゃないってことだよな | トップページ | 今日のいろいろ »

あれは情報番組ではない

昨日のCX系情報番組「プレミアA」における一連の馬インフルエンザに関する報道には目に余るものがあった。
訳知り顔で「薬殺」などと口にしたのは金髪の落語家。
知識がないくせに何故したり顔でコメントできるのか。インフルエンザで殺処分なぞあり得ないというのに、否そもそも彼は競馬に関する知識は殆ど持ち合わせていないのだろう。
それは司会の女性キャスターも同じ。
感染=発症ではない。だがそれを彼女は全く知らないらしい。
通り一遍上っ面だけ。掘り下げることもせずに流行りのニュースをトップで取り上げただけ。
競馬中継(と付随する競馬バラエティ)をあっさりと切り捨てる局だけあるな、とある意味感心した。
もうこの番組は視聴しない。識者気取りの落語家(ゲストだけど)も己の倫理観はさておき批評だけは一丁前のキャスターも、もう見たくない。

黒猫クロの駆虫を行った。
いつもの「フロントラインプラス」に加えて今回はスポットオンタイプの腸内寄生虫駆除薬「プロフェンダースポット」を併用。
確かに楽でいい。食事に夢中になっている時ならあっさりとその背に滴下できるのだから。
これまで使っていたドロンタールは飲ませるのが難しく、大きめに砕いてウェットに混ぜ込んでいたのだが、よほどの空腹時でなければ口の中でより分けて吐き出すこともままあった。
でもスポットオンなら投与ミスがほとんどない。
心配なのはにわか雨や秋猫ちびのグルーミングだがそれは彼をちょっとの間玄関先に閉じ込めておけばどうにかなる。
少しでもいい条件で長生きしてほしいと思ったらこれくらいの投資(?)なんて大したことではないのだ。(でもちょっと高いよなどっちの薬も)(まとめて買ったら値引きとかしてくれてもいいんだけど)

今週も競馬、ないのかな。グリーンチャンネルもどーでもいい再放送繰り返されてるからこれが続くのならいっそ解約してしまいたい。
細江純子さんやカンニング竹山より、栄光の名馬たちでしょう?競馬年鑑でしょう?違う?
せっかく競馬に特化したチャンネルなんだから低予算で無理にバラエティなぞ作らず、もっと競馬の映像をオンエアしてほしい。
グリーンチャンネルについて、個人的には調教VTRや厩舎情報、過去のレース映像以外は必要ないと思うんだけど…アグリネット部分も含めてどうして完全な競馬専門チャンネルにできないのか、は以前から疑問だった。
いい機会(か?)だから、その辺も見直してもらえないだろうか。

…とここまで書いてきて、競馬関係の部分だけ文章が棘棘していることに気付いた。うーん、かなりイラついてるんだな私。そんなに競馬が好きだったんだっけ?これじゃまるで禁断症状だってば。
今日は好天。日高ではサマーセールが初日を迎えるそうだが、果たして客足はどうだろう。
趣味としてポケットマネーで優雅にたくさん馬を持つような馬主なさいざ知らず、少ない頭数で地道に楽しんでいるような中小規模の馬主にとってレースがない-賞金の入らない今、果たして馬を買うだけの力があるかどうか。
前者のような馬主はそもそもこのセールに姿を現さない人が大多数。となると心配なのは売り上げだ。
どうか1頭でも多く売れますように。ああ、買えるものなら買ってあげたい…

|

« 禍福は糾える縄の如し@イイことばかりじゃないってことだよな | トップページ | 今日のいろいろ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。