« 季節の使者? | トップページ | 連ドラは再放送に限る? »

松前漬は手作りの方が断然美味しい@下町に大輪の菊が咲く

肩が酷くこっている。原因?そんなものわかってる。

金曜日から仕込んで山のようにできた「松前漬」これが全て。おい。

<松前漬の作り方>
 ・ 材料→昆布、するめいか(干したもの)、数の子(塩漬けなら塩抜きしたもの)、にんじん、酒、みりん(同量)、しょうゆ(酒の倍量)、だし汁(冷めているもの、しょうゆの倍量)
 ・ 作り方→こんぶ、するめは予め酒(分量外、50cc程度)に浸し、手で曲げられるくらいにまで戻してから細く鋏で切り、にんじんも千切り。数の子(小さくちぎる)を加えてから調味料とだし汁を混ぜたものに漬ける。

…交渉人、見ちゃったの結局。で、見ながらまだ少し硬かったけどするめと昆布を延々と切り続けた結果がこの張り張りに張った肩。
それでも出来上がった松前漬はきちんと糸を引いているし、味も悪くない。家人も喜んでくれたからまあ良しとしましょう。

この時期、北海道(だけじゃないけど)では漬物シーズンだ。
店に行けばちゃんとコーナーが出来ていて、漬物樽から漬けるための材料、調味液などなど何でも揃っている。
でも我が家は昨年の飯寿司がまだ残っているし(大丈夫か?)、そもそも糠漬けが常時あるのでスルー。
で、この糠漬け、何故か北海道ではほとんど普及していないのだ。
料理上手で冬場は何種類もの漬物を漬けるという近所の奥さんすら糠漬けに手を染めたことがないとか。
この奥さんの身内は米農家だから米ぬかは掃いて捨てるほどあるだろうに。
理由を聞いてみても「やったことないし」くらいで、どうやらそもそも糠漬けという文化自体が北海道に存在しないのかもしれない。美味しいんだけどねえ。

菊花賞。
…ま~たユタカだよ。ヤツがへぐってくれたおかげで当たらなかった。
アサクサの勝利は確信していた。当日のデキを見て更にその気持ちは強まった。そう、アタマに関しては近来稀に見る(?)自信、があった。
だのにだのにぃ!
アルナスもロックも買ってたのにぃ、2着付けのドリームジャーニーが来ないんだもの。
そういや、秋華賞もれいあちゃん来なくて取れなかったんだっけ。あうううう。
よし、決めた。これからのGⅠ、全てユタカ(の馬)蹴飛ばすぞ。え、来週はメイショウ?…か、買うもんか!買わないったら買わない…うーん…まずいかな(日和つつあったりして)。

はあああ。馬券って本当に当たらない。競馬って難しい。
でもアサクサキングスと四位騎手、そして陣営の皆様、本当におめでとうございました。
応援していた馬が勝った、ということで、これもまあ良しとしましょう(ん?)

|

« 季節の使者? | トップページ | 連ドラは再放送に限る? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季節の使者? | トップページ | 連ドラは再放送に限る? »