« 今朝もそこにいる猫@安堵 | トップページ | 春ならずとも… »

秋は深まる

10月ももう三分の一が終わった。
3年前の今頃は、もうみもざの余命がいくばくもないとわかっていて、毎日戦々恐々としながら過ごしていたと思う。

あれから、3年。あっという間だったようにも思うし途轍もなく長かったようにも感じる。
みもざがいない日々なんて想像もできなかったが、放っておけばちゃんと時間は流れるものだ。

今、我が家には4匹+2匹+2匹(なにそれ?)の猫がいる。
いずれも個性豊かで、容貌も悪くない。
でもみもざほどの美貌と愛情深さ、そして驕慢さは誰も持っていない。だからどう、というわけでもないのだが、うん、やっぱり…寂しい。
類稀な美しさを誇るみもざの姿を写し取るためだけに買い換えたカメラ付きケータイは、昨年新しいのに買い換えてからしばらく充電もせずに放置していたらデータが全て飛んでしまった。
画像などは全てPCに保存してあるが、うん、何かこれも寂しい。

ちょっとずつちょっとずつみもざと紡いだ思い出が失われていくみたい。
忘れたくないのに。全て覚えていたいのに。
ダメだなあ。ままはダメだねえ。

早くもクロ復帰効果が現れた、と家人が喜んでいる。行き詰っていた仕事に、光明が見えて来たのだ。
でも、私はそんなの信じない。というよりどうでもいい。
クロはクロ。幸運を齎そうが奪い去ろうがどうでもいい。元気で傍にいてくれさえすればそれで万事OK。

深まる秋に、その体は少し脂肪が足りないね。
雪が降るまでに後1キロは太らせたい。
ご飯を減らしても痩せないデブ猫カンタや、最近とみに丸っこくなったのんたと比べると、やはり外での暮らしは厳しいのだろう。

明日もおいで。待ってるからね。

|

« 今朝もそこにいる猫@安堵 | トップページ | 春ならずとも… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今朝もそこにいる猫@安堵 | トップページ | 春ならずとも… »