« 命の選択、もとい洗濯@函館の旅まとめ | トップページ | 2度目のエントリだ@週の初めのいろいろ »

週末のあれやこれや

朝日杯、アタマは自信あったのに、ヒモが…先生!ユタカ!なにしてけつかんねん!!!
ゴスホークケンは抽選さえ突破できれば勝てるだろうと思っていたのに、更に最内引いてくれたからその時点で自信は確信にさえ変わった…って何を言ってももう意味なし、なんだけど。

昨晩、あまりにカノンのおちりが臭いので、意を決して絞ることにした。
ビニールの使い捨て手袋をはめ、仰向けにひっくり返して膝に載せると肛門は膨れてすらいる。あうううう。
手袋をした手で、恐る恐る力を込めると…ピュッ!!うわああああ!!
手袋に飛ぶ生暖かく茶色い液体っつーかもろもろとした(以下自主規制)
本猫はすっきりしたのかしないのか、何事もなかったかのようにソファに寝そべりに行ったが、手袋さえ通り越す匂いの分子。右手を幾度洗ったことだろう。
陽太は検査の時に、2ヶ月に1度の割合で絞ってもらう肛門腺。みもざもそういや溜まりやすい体質だったっけ。そんなところも似ているんだ、そう思うと臭さもイトオシイ…わけないか。あー臭かった。

黒猫クロは絶好調。
だがどこか様子がおかしい。
以前は誰にでも愛想を振り撒いていたのに、最近は玄関の中にいる時に来客があると威嚇するのだ。否、あれは威嚇というより怖れるあまり虚勢を張っているようにしか見えない。
何かあったのか?誰かに虐待でもされたのだろうか。
とにかく甘えたがる。傍にしゃがむと膝に載り、更に首っ玉にしがみつく。腕を甘噛みし、舐める。
これほど強烈な愛情表現をしてくれた猫は黒猫のあ、そしてかれんとみもざ以来いなかったわけで、何とも愛らしい。
できることなら家の中に入れてあげたい。どうも本猫もその気になりつつあるようで、だからこそ不憫でならない。
猫コタツをしつらえてあげたので、昨晩は玄関先で大人しく寝ていたクロ。
でもいずれ来客もあり、毎晩泊めてあげることはできないのだ。
某身内、誰かいないかね?この子、とても飼い易いんだけどなあ…

さ、1週間の始まりだ。頑張って仕事しなきゃ。

|

« 命の選択、もとい洗濯@函館の旅まとめ | トップページ | 2度目のエントリだ@週の初めのいろいろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 命の選択、もとい洗濯@函館の旅まとめ | トップページ | 2度目のエントリだ@週の初めのいろいろ »