« 無事帰還はしたものの | トップページ | やれやれ。 »

久々に週末の後始末@ほしのあきさん、そういうのをビギナーズラックっていうのよ。くれぐれも『競馬なんてカンタンじゃん』などと思わないように

ドリームパスポートの転厩初戦、AJCCは意外な結果に終わった。
明らかに位置取りが前過ぎたし、最後も追ってからの伸びがいまひとつ。
スタート直後にトウショウにこすられてカーッとなって行ってしまった、という話と、勝負どころでこすられた、という二つの談話を目にしたが、これは明らかに前者が正しいだろう。あんな前々で競馬をする馬じゃなかったもの。
勝負どころ、つまり直線では逆にドリームがトウショウを妨害していたし(よもや仕返し、ということでもないだろうが)、いくらかかってしまったといっても、途中抑えることはできなかったのか。
プラス体重や環境の変化、テン乗り、いろいろな要素があったことは事実なのでこれが本馬の実力、と言い切ってしまうことはできまい。
次どこを使うかはわからないが、最終目標は春天だろうから、とりあえず次走に注目だな。その結果次第で春の主役になれるかどうかわかろうもの。頑張って欲しい。

2着のトウショウナイトは10キロ絞れた、と自慢げな陣営だったが、好調時は470キロ台で走っていた馬だし、見た目まだ太いと思うので今回は明らかな復調だと言っていいと思う。
史上最強メンバー(笑)と推定される京都記念はまさか使わないだろうけど、この馬も次走に注目だな。
珍しく武士沢もまともに乗れていたし。ドリームを目標にしていたように見えたけど、ま、偶然でしょう(笑)
この馬こそ、鞍上がもっとマシだったらGⅠ勝っていてもおかしくなかった。春の本番までに乗り変わらないかな、そうしたら狙えるのに。いっそ関西に持ってったらどうだろう。そう思う理由は(以下略)

勝った馬は…中距離で切れる脚を鍛えるためにマイルを使っていた、という師のコメントには笑った。
んなわけないじゃん。これは多分「もうマイルも頭打ちだし、気分転換に中距離でも使ってみるかねえ」が正解だと思うぞ。

もう馬産地では子馬が続々と誕生しているだろう。展示会で日高に行く時、国道沿いの放牧地でぴょんぴょんと跳ね回っているその姿を見るのが本当に楽しみだ。
競走馬に生まれてしまった己が宿命を知らない子馬たち。ずっとそのままでいられたらいいのにね。

|

« 無事帰還はしたものの | トップページ | やれやれ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無事帰還はしたものの | トップページ | やれやれ。 »