« 一日遅れですが | トップページ | もう走りたくないぞ »

雪の日に思うこと

今朝は寒いし風もあるし、一気に積雪量も増えている辛い朝だ。
昨日は雨なんか降ったりして、このまま春にスライドか、と淡い期待もあったが、正に三寒四温。
休日だったのでいろいろと予定もあったのだが家人が体調を崩したためその殆どが未履行のまま終わってしまった。
それでも、仕事絡みのお出かけは半ば義務だったので遂行できたから実家の父が楽しみに待っているだろうブツも送ってあげられるよ。ちょっと数が予定より少なくなってしまったので…ま、そのうち入手するから、某身内、京都のお友達の分はもうちょっと待っててね。

れいあの真っ赤だったお口はもうすっかり元通り、薄いピンク色に戻った。
問題の投薬も、シーバデュオを使うことであっさりとクリアできたのはよかった。手間はかかる-小さい錠剤を更に細かく割り、二つに分けたシーバに埋め込む-が、8~9割は体内に入るのだからかなりの効率だろう。
ビオフェルミンは粉状にしても苦味がないからこちらはウェットに混ぜ込むことができる。

薬入りフードを確実に食べさせるため、今はやや少な目の給餌をしているかられいあはちょっとガレてしまった。
でも今日で薬も終わるから、明日からはもっとたくさんご飯あげるからね。
抱き上げるとあまりに軽いその体を擦り付けて甘える様が本当にかわいい。こちらがかわいい、と思えばそれに答えるように彼女もますます甘えてくる。
みもざに抱くような強い愛情は感じないけれど、家族としてもはや欠かすことのできない存在だ。
長生きしてもらわなきゃ。ね。他の連中もだけど。

私は猫、最期まで看取りたい。死に場所を見つけになんか行かせない。
だからというわけではないけれど、外には出さない。事故や病気、外には自由と引き換えにたくさんの危険が存在しているから。
それが、一緒に暮らす人間の責任、ってものではないだろうか。少なくとも私はそう思っている。

|

« 一日遅れですが | トップページ | もう走りたくないぞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一日遅れですが | トップページ | もう走りたくないぞ »