« Dの恐怖とは? | トップページ | 天気に引きずられているわけでもありませんが »

赤への不満と黒が心配

IT関係に全く興味と知識のない人に頼まれてオンラインのチケット争奪戦に参戦した。
とりあえずアウトラインだけ固めて(?)から、肝心な部分-IDとパスの入力とか-はその人がするんだろう、と席を譲ろうとしたら、何の躊躇いもなく「ハイ」と紙を渡された。そう、そこに書いてあったのはIDとパス
…いいんですよ。別に。でも、支払をクレジットカードになさっているわけじゃないですか。今後私が悪用したらどーすんの?
信頼の表れ、と好意的に解釈したが、その紙はすぐに廃棄するよう勧めました。当たり前じゃん。
無事チケットは取れたし、感謝の言葉もいただいたが…どこか釈然としないものが残った。
大して難しいプロセスじゃないんだから、もう少しパソコンと親しんだほうがいいよ、そう言えば良かったかな。
最初から人に頼ろうとするのではなく、自分でトライして欲しかった。うーむ。大して難しいことじゃないしさ。

釈然としない、と言えば…なんなんだあの結果は。夕張にはただメロン喰いに行っただけだったのか?!それともジンギスカンか、お目当ては。
試合そのものは映像で見ていないので何とも言えないけれど、アレはどうしたの?あんな序盤で負傷交代するなんてそもそも故障箇所は完治していなかったのではないだろうか。
ロビーの捻挫、も気になる。
彼らが強行出場しなければならないほどタレント不足ではないだろうに。梅だって相馬だって永井だっているじゃないか。この3人は少なくとも完調ではあったはずだ。
浦議では闘莉王のプレーについての批判もあったが、見ていない以上何も言えない。
私はサッカーそのものには疎いので、4バックの是否を論じることはできないが、迷走中とも言える現状を打破するためには「何か」を変えなければならない、とは思う。でも…変わってないよね。
勇樹は大丈夫だったのかな。フルで出ていたから問題はなかったと思うけど。
エジは?タカは?ゴールを決めたのも勇樹なんだよね。いったいFW陣は何をしているの?

不平不満ばかり口にしても始まらないとわかってはいても、あまりの不甲斐なさについ愚痴も出てしまう。
だって、補強しているんだよ。実際に、代表元代表がゴロゴロしているチームなんだよ。
更には日本一と称されるサポの応援(手前味噌ですが)と豊富な資金。この二つのバックアップがあって、何故?何故5連敗??
一部にはフロントへの不満の声があるが、そもそも藤口さんはレッズの創成期において獅子奮迅の働きを遂げた人だ。
もしかしたら…経営に関してはプロなのかもしれないが、サッカー人としては…いや、そんなことないと思いたい。
でも。本当に、何故。何故5連敗??(くどい)誰かサッカー音痴な私にもわかるようにその理由を教えてほしい。

―選手の慢心?これだけは考えたくないんだけど。
夕張ではほとんどの選手がサインや握手に応じてくれた。中には不機嫌そうな人もいたけれど高原さんや岡野さんのように笑顔だって見せてくれた選手もいる。
だが聞けば大原ではそんなことはついぞありえないらしい。
永井、相馬の両選手に関してはサインを貰えることは皆無に近いとも聞く。
「応援されて当たり前」「クラブの環境が良くて当たり前」そんな風に考えている…なんてこと、ないよね?

何もかも恵まれた選手たち。
ハングリー精神、今レッズに欠けているのはこれだけなのかもしれないな。

黒猫クロが昨日、怪我した状態でやってきた。
顔が何となくいつもと違って見えたので、何気なく額に触れたらとても嫌がる。
気になりつつもご飯を食べさせて、ややしばらく経ってからまた様子を見に行ったら何と!額から膿が流れ出しているではないか?!
どうやら深い傷を額に負っているらしい。
慌てて動物病院に電話をし、事情を説明して薬を出していただくことに。
処方されたのは抗生剤と傷の中に(?!)塗りこむ軟膏。
食欲はあるのでとりあえず缶詰に混ぜて薬は飲ませるとして問題は難航、じゃなくて軟膏の方だ。
家人が皮手袋、私はゴム手袋をしていざトライ!
まず家人が抱きかかえて片手で首根っこをつかむ。当然暴れるクロ。
そこをすかさず私が左手で押さえつけてすばやく右手に持った軟膏の細い先端を傷の中に差し込む。成功!
同時に流れ出してきた膿を除菌作用のあるウェットティッシュで拭けばOKだ。
薬は数日分いただいたので、とりあえずあと3日は来て欲しいんだけど、もう今日は来ていない。そりゃそうだ、昨日あれだけ嫌な思いさせられたんだものね。
後は自然治癒力に頼るしかない。さもなきゃ明日必ず来てよ。待ってるからね。

|

« Dの恐怖とは? | トップページ | 天気に引きずられているわけでもありませんが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Dの恐怖とは? | トップページ | 天気に引きずられているわけでもありませんが »