« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

何を言ってるの?とは聞かないで

蒸し暑い!!24℃もある!!
…少し動くだけで汗が滴り落ちて髪もびしょびしょ。
でもその汗があまり塩辛くないの。そう、まるで岩盤浴の時のようなさらりとした汗。なんだこりゃ?
更年期障害か?そうかもしれないな。軽くショック。

久々、くるねこさんちで涙にむせんだ。
…そうだよね。そういう思いって経験しないとわからない。どちらに送り出したとしても、晴れ晴れとした悲しみか胸を痛める悲しみか、質は違えどその気持ちの切なさは変わらない。
猫なんて、猫なんて…かわいいんだもの。好きなんだもの。面倒くさいしヤなときがないとは言わない。それでもそれ以上に好きなんだもの。

大事な本の上に吐いちゃったときは滅茶苦茶怒る。怒ってしまう。頭はゼッタイひっぱたかないけれどその代わり尾の付け根、っつーかお尻を叩く。…気持ちのいい場所なんで喜んでしまって本猫は怒られてることがわからないのが玉に瑕だが(意味ないじゃん)(だから躾にはならんのだけど)
でも甘えてきたらとことん付き合う。そうやって一緒に生きてきた連中は家人より愛しい(ここだけの話ですが)

いろいろ考えても埒が明かないことばかりなので、考えないことにした。でもそれって単に逃げてるだけなのかもしれないな。何一つ解決していないのに、当事者が皆安堵していることに不安を感じている。
どこに向かおうとしているのか、もう私は手を引いたほうがいいのだろう。多分そうなんだ。これは逃げではない。緊急避難だ。だってこちらまでおかしくなっちゃいそうなんだもの。
もういいでしょう?解放してください。お願いします。

| | コメント (0)

明日も忙しい

相変わらずバタバタ中。
「問題」の方はとりあえず静観しつつ、少し休ませてよ的な自分のこの気力と体力の欠如に半ば呆れつつ、ややもすれば全て投げ出して逃亡したいと思いつつ、今日も一日終わろうとしている。ふう。
今夜の酒肴に出したピリ辛冷奴がなかなか美味しくて、ちょっとテンションが上がったかな。
ちなみにレシピは、タレがしょうゆ、みりん、白ゴマ、あさつき小口切り、ごま油、刻み唐辛子、焼きのり1枚。薬味がきゅうり、大葉の千切り、キムチ。
これらを絹ごし豆腐に載せれば出来上がり。簡単だし野菜も取れるし上手く盛り付ければ見た目もなかなかなのですよ。
ぜひお試しください。ってお料理ブログじゃないんだけど。

黒猫クロの肛門腺を絞っていただいた。…出たの。お食事中の方にはすまんけど、もろもろを通り越して固形物。臭いはずだお尻。先生に言われちゃったもの、「この猫はお尻舐めませんね」ハイそのとおり。見たことないから。グルーミングだって滅多にしないしね。
今日はワクチン打ったので、週明けにでも丸洗いしてやるぞ!覚悟しておけ!!ああ、いっそ洗濯機で洗っちゃおうか(しませんよ実際は)

猫ってやっぱりいい。正直犬はニガテなので(…以下略)

| | コメント (0)

いろいろあるんです

とうとう爆発(?!)
…夕方から仕事サポって温泉行っちゃった。ただし日帰り入浴ですが。
見晴らしのいい露天風呂や大理石(御影石?)の内風呂、ミストサウナ…休憩室もまずまず広くて綺麗。
家人ほったらかして食事までいただいて参りました。だって、今日は忙しくて昼飯抜きだったんだもの。
あまり長く湯につかっていられない体質なのに、今日はしっかりとインターバル取って湯を堪能してきましたよ。
考えてみりゃしばらく大浴場ってのに縁がなかったからなあ。
ぼけーっと空を眺めつつ、いろんなこと考えていたら何もかもがアホくさく思えてきて、ああ、カラッポになるってこういうことか、と。
悟りの境地、ってやつですか(違うし)

何だか夏に戻ったようなじめっとした夜。さっきちょっと呑んだビールの所為で胃がむかつく。

明日は黒猫クロのワクチンとかのちゃんの診察。
いろいろ相談しなければならないこともあり、ちょっと気が重い。他にも気が重くなることが多くてねえ。

早く寝よう。せっかくお湯でいい気分になったんだもの。ムカツク胃は薬で抑えてさ。

明日こそいい日になりますように。夜ベッドに入るとき、幸せな一日だったと思えますように。難しそうだなあ。初手から前途多難…あうううう。

| | コメント (0)

・・・・・・(タイトル書く気力もないらしい)

本っ当に疲れた。疲労困憊、という4文字が身に沁みて感じられる数日を終え、束の間の平和が訪れた。
でもまだ終わってはいない。恐らく、終わらないと思う。
それでも関わっていかなければならないのだ。マジでもうヤダ(?)
…重たいのよ。背に乗せられても本当に困るの。
私は冷たい。他人のことなんかどうでもいい。それなのにちょっと見人が良さそうに見えるからか最初は頼られてしまうことが多い。
しかも外面がいいからその期待にちょっとは応えようと頑張ってしまい、結果抜き差しならないところまでずぶずぶに引きずり込まれてしまうのだ。
特に今回はかなりまずいところまで首を挟んでしまっているから…
明日からは仕事が更に忙しくなる、週末まで。もうどこかに行きたいな。温泉にでもつかってゆっくりしたいや。

ついに買ってしまった「悲愴感」
最弱ユニットとまで酷評されつつ、記念イベントには2000人も集まったんだって?!大丈夫かな。ま、天狗になれるほど売れるはずもなかろうけど。っつか初回のプレスだって大した数じゃないんじゃないの?
落ち込んだ気持ちを何だか更にロウにしてくれそうな情けない歌詞がまた何とも自虐的でス・テ・キ(何だそりゃ)。
ヘキサゴンは最近食傷気味、というかはっきり言って飽きました。
特にリーダーつるのにはイライラさせられっぱなし。顔見ているだけで辟易しちゃうのだ。
さ、はねトびが始まったぞ。こちらの方が楽しみですの。

ストレスが食欲へと変化し、今暴食中。
とりあえず今日だけは自分を甘やかしてあげようと思う。だって、我ながらよくやったもの。
明日からは仕事に励もう。半身浴も再開。そして…

早く寝よう。
あ、某身内今日はありがとね。

| | コメント (0)

パ・イ・ナ・ッ・プ・ル

タイトルに意味はありません(今食べてただけ)

今日最初の食事は午後13時半。半ば友人と化した店主のいる店で愚痴り倒しつつ上手いメシを食い、帰宅後食い足りない(!?)のでカットしておいたパイナップルを食べ終えたところである。である、って何様じゃ。

もはや食事を自分で作る気力もなく、ましてや家人の食い物なぞどうでもいいわけで(いくないのでは?)、今買い出しに行ってもらっている。いや、ちゃんと他の用事もあるのよ。マジで。

いいよなあ。
駄々こねて甘えて、それにちやほやと愛情をかける人間が周りにいるわけじゃん。甘やかしてもらえてホントにいいなあ。
長女って損だとつくづく思う。それは件の店主とも意見の一致を見たところであって、所詮末っ子っつーのは自我を通す生き物なのだ。たとい兄弟が何人いようとも。

もう心身ともに疲労がピークに達しているので今日こそ早く寝よう。
えーと…まだ月曜日だもんな。今週は長丁場になりそうだぞ。それに問題はまだ終わっちゃいない。というよりこれからが大変なんだと思う。果たしてどんな結論になるのやら…

いよいよ今週はあのユニットのデビューシングル(次はあるのか?!)が発売される。私はもちろん予約した。
それだけを楽しみに今を生きよう。
人って、目先の楽しみに結構踊らされる生き物なのにね。生きてるから、いろいろあるのよ。やなコトはもちろん、いいコトも。

朗報もあったので、少し良い気分のまま早めにベッドに入ります。もうゼーッタイに起きないからね(謎)

| | コメント (0)

ふう・・・・・・

早朝から生活を引っ掻き回され、その余波が残っているため家事も仕事もストップ。
時が来るまで、と辛抱していたが延び延びになってまだ解決しないまま今に至っている。
もう体力気力共に限界。いいかげん解放してほしい。ああ、眠い。

他人の事情に首を突っ込んだ(突っ込まざるを得なかった)のはいいけれど、私はその道のプロでは決してないわけで、これ以上は到底無理だ。私にできることはもう、ない。ないと思うし思いたい。

逃げる?ううん、それはできない。そうしたらどうなるかわかっているから。最後の砦なのだ、多分私は。
その役目を引き継がせるべく二の矢を用意したが果たして?
結局朝お風呂に入れなかったから、2日続けて髪を洗っていないという私にすれば気の狂いそうな状況下で、とりあえず時が過ぎるのを待つしかない。
でも、その時が来て、一時的に解放されたとしても、果たしてそこでのんびりと祝杯(?)を上げていいものかどうか。多分そんな余裕はなくなるんじゃないか、と不吉な予感が胸を過ぎる。

今日は買い物に出て、ジンギスカンの味付け肉でも買おうと思っていた。無性に食べたかったからここ数日。
昨日レッズが勝ったからスポーツ紙も買いたかったし、ツタヤで借りたいCDもあった。
…ま、仕方ないんだろうな。そういう役割が当たってしまったんだから。実際他に適任者はいないし。

ということで今日も冴えないエントリになってしまった。
早く平穏な時間が戻ってきますように。

| | コメント (0)

やったー!

レッズ勝利!しかも高原がゴール!!
…しっかり見ましたよ。ご飯作ったら速攻テレビ前着座。
オマケに鹿が負けたので首位奪回!!
今日は坪井が良かったように思いましたが…勇樹はいつもどおり。なんだか達也が元気なさ気だったような。相馬クンは相変わらずキレてた。
まあ勝てば官軍ですから。サポの不満はいろいろあるようですがいいんです。

慌しかったけど、まあいい1日だったのかな。

| | コメント (0)

なんてことのない一日を愚痴ってみる

今日も朝からバタバタバタバタ走り回ってしまった。
詳細を書きたいけど書かないけど(?)、とにかく朝ごはんを食べたのが11時。ほぼ昼食の時間だったが、空腹のピークを過ぎていたためかあまり食べられなかった。

様々なゴタゴタがひと段落ついたので、ようやく落ち着いてパソコンの前に座ることができたのだが…ふう。
うーん。どうしたものか。いくら悩んでも所詮他人事だから介入できる境界があるわけで、正直な話、積極的に関わりたいとも思わない、というのが本音。
人の心の深淵を覗くなんて私には無理だし、そもそもそんな重い責任を負いたくないんだもの。
仕事の方も、こちらは責任負担(?)がほとんどと言っていいほどないので気が楽っちゃラクだけど…あんなことになっちゃうなんて…あうううう。

休みだけどどこにも行く予定がなかったので部屋の模様替えに取り組むつもりが、実に中途半端にモノを出したところでバタバタが始まったので、今、とっ散らかったこの部屋、片付け始める以前よりも酷い状態になってしまった。ホント、さんざんな休日だ。

結局あの先生は医師としてのスタンスから書いていて、ただ言葉の使い方というかはっきり言えば表現があまり上手くないから、冷淡で患者や遺族に対する配慮に欠けるエントリに見えるのだと思う。
…こんな言い方をしたら失礼なのは百も承知だけど、テレビに登場するスーパードクターのような医師はほんの一握り。「市井の」医師たちに技術も人格も求めてしまっては気の毒というものだ…って、うわ、すごい上から目線!

さて、夕飯の支度でもしますかね。
今日は(も?)手抜き。大したものは作りません。もう手の込んだものなんか作る気がしないもの。
明日はゼッタイ仕事しないぞー!

| | コメント (0)

もうちょっと引っ張る

昨日のエントリの続き。
福島県立大野病院の帝王切開死事故について、私の尊敬する医師がアップしたエントリに失望した、と書いたが、そこに今朝、あなたの家族が同じ目に遭ったらあなたは納得できるのか、という主旨のコメントがなされた。
まだレスはされていないようだが、果たしてその医師はどんな答えを書くのだろうか。

-私が同じ目に遭ったら?
多分、医師の誠意を量ると思う。いくら手を尽くした、と最善と思われる方法を取った、と言われてもそれを信じられるかどうかはその医師が説明する際の言葉や表情で量らざるを得ない。
もちろん、医学的な根拠も必要だ。でも、信頼関係はデータや文献だけでは築けないんじゃないかな。
医師に説明できるだけのコミュニケーション能力が欠如しているのであれば、病院サイドが代わって説明する。ただ、「自分は一生懸命やったけれど、助けられるケースではなかったから、謝罪する理由はない」-確かに、謝罪は己の非を認めることになるからしたくない、というのも頷ける。
そこには「医療はサービス業ではない」という思い込みが存在しているからなのだろう。
でも「サービス」という言葉の意味には「人のために力を尽くすこと」というものもあるわけで、医師こそ正にそれに該当する職種ではないだろうか。
医師が治すのは「人」だ。究極の目標は人を死なせない、あるいは患者のQOLを高める、ということに尽きるはずだ。

医者が激務であること。それに比して高給、というわけでは決してないこと。
そんな実態がテレビの番組などで明らかにされているのを見るにつけ、日本の医療行政のあり方に怒りを覚える。
人のために尽くす人が報われない-そんな社会が正常であるはずがない。
激務に見合うだけの報酬を医師が得ること。否、そもそも激務となるような勤務体制こそ医師不足の現れであり、それを解決すること。結果的にそれが医療ミスの減少につながり、引いては医療サービスの向上にも繋がるはずだ。

今日はめっきり涼しい一日だった。
猫のために買った2種類のサプリを試し始めたが…どうかな。どうだろう。
みーちゃんの時も何種類も揃えたけれど、結局ほとんどが使い切れず残ってしまった。
近いうちにちょっと大きな病院へ連れて行こうと思っているので、来週にでも罹りつけ医に紹介状を書いてもらう予定。
みーちゃんの二の舞にしないためにも、先走っていろいろするのは控えたい、そう思って一度は断念したセカンドオピニオンだが、今回は罹りつけ医から勧められたこともあって決断した。
…ホント、猫って手間も暇もお金もかかる…でもそれ以上にいろいろなモノをくれる存在なんだけどね。

| | コメント (0)

ちょっと遅くなりましたが

福島県立大野病院の帝王切開死事故で、被告の医師に無罪判決が出た。
事の詳細を知っているわけではないので具体的にこの判決の是非を問うことはできないが、違和感を持ったのはこの医師が警察によって逮捕されたということ。
しかも事前に逮捕の情報がマスコミに漏れたことで多くのカメラが病院に押しかけ、手錠をかけられた医師の姿が全国的に報道されてしまった。
逃亡の恐れもなく、凶悪犯でもないというのに劇場型逮捕、とも言うべきいわば被告の医師を晒し者にしたこの事件以降医師の数が顕著に減少したとも言われている。

もうひとつ私が気になるのは、インフォームドコンセントがあったのかどうか。つまり、事件(事故)があった直後、病院サイドは誠実に、ご遺族へ状況を説明したのか、ということ。
最初からご遺族は声高に裁判を口にしたのだろうか。判決が出された後、会見で冷静にコメントする被害者の父親から、それはどうにも信じられないのだが。

医療関係者の多くは-人、動物問わず-判決にもろ手を挙げて賛意を示しているが、それは患者の立場から見れば怖いことだ。
全力を尽くした上で結果が思わしくなかった。そういうときに、それをご遺族もしくは被害に遭われた患者ご自身に客観的に、誠意を持って伝えることが果たして今の医療の現場では出来ているのだろうか。

この判決について、私が尊敬していたある医師がエントリをアップしているがそれを読んで正直失望した。
医者の立場からしか物事を論じられない、そういう人に治療して欲しくない。全力を尽くした、そう言われたとしても患者が納得できなければそれは単なる独善だ。
責任は負わなければならないのだ、医師は。時には謝罪も必要になるだろう。でも誠意のある説明をまずすべきだ。
明らかにミスがなく、またその結果が回避できなかったのであればそこに至るプロセスを伝えなければ遺族や患者の感情はねじれてしまうだろう。
医師にそれができないのならば第三者(もちろん医師もしくは医療関係者)による検証機関を作ってでもすべきではないだろうか。
私の知る限り、医師には-人、動物問わず-表現力不足、というか人間的にちょっと首を傾げたくなる人がいる。
あの被告であった医師がそうだとは言えない(知らない)けれど…

口さがない連中が原告のご遺族を非難中傷した、という話も聞く。
お父さんは娘のために闘っただけだ。警察や検察のやり方はさておき、何故娘を亡くしてしまった父親を責めなければならないのか。どうせそういうことをする輩は匿名なのだ。人の痛みを理解できない愚かな連中。

亡くなられた方のご冥福を心からお祈りします。

| | コメント (2)

金メダル!

ソフトボール、アメリカを下して金メダル!

…もう、ねえ。もう。言葉になりません。凄いです。
オリンピックに批判的な人はきっとこんな感動味わえないんだろう。

オーストラリア戦は勝った瞬間大声を出してしまったが、今日は声も出なかった。
あのワンアウト満塁のピンチを凌ぎ、不発だった三科さんツーベース打ったし上野さん好投したし…
凄い。凄い。凄い。
ああ、上野さんを星野ジャパンに貸してあげたいくらい。あの気迫はどこから来るんだ?
解説の宇津木妙子さんもさぞ嬉しいだろう。

なでしこは残念だったけれど、次回がある。でもソフトボールはもうないんだもの。最後の最後でようやっと掴み取った栄冠。間に合ってよかった。

ああ。
今日は皆さん美酒を味わってくださいね。本当におめでとう。感動をありがとう。ホント、月並みな言葉しかもう出てこないや。

| | コメント (0)

いろいろあるわけで

オリンピックも終盤戦に突入。シンクロでは宿敵(?)中国に勝利して銅メダルを獲得したけれど、やはりロシアとスペインには敵わないんだな。

啓太と女優の畑野ひろ子が結婚とか。
…私、自分がこんな偏見満載の本音を持っていたとは思わなかった。詳細は書かないけれど、とにかく自分で自分の発した第一声ににびっくり。うーむ。

現在我が家のテレビはキリンカップOA中。
伸二、マコちゃん、勇樹、が同じピッチに立っていて、トップに達也がいる。ああ、何だか言葉にならない幸福感がこみ上げてくるじゃないの。
闘莉王と新婚啓太はベンチだけど、出番があるにしても3人いずれかと交代だろうからレッズ関係者(?)全員が同時に出ることはなさそうだ。
ツートップが玉田と達也のちびっこコンビ(すみません)というのは少し気になるけど、豊富な運動量でかき回してくれるはずだ。期待してます。

で、オリンピックに話を戻すと、私が一目ぼれした男子バレーボールのエース、山本隆弘のブログが久々に更新されていて、その内容に胸を衝かれた。
要は、あの大舞台で世代交代を示唆され-『このチームはオリンピック出場する為のチームだった。次はオリンピックで勝てるチームを作る』中国戦でこう言われたらしい-それに悔しさを感じたとのこと。監督の発言なのだろうか。何とも不用意で場当たり的な言葉ではある。せめて事前にそう宣告されていれば彼だって冷静に消化できたことだろう。
彼自身、日本代表のユニフォームを着ることはもうない、と断言しているし、実際年齢的にもロンドンは難しいはず。
あの端正なたたずまいがオリンピックの大舞台でもう見られないというのは寂しい限りだが…今まで本当にお疲れ様でした。

連日深夜までテレビ観戦していたので、正直オリンピックはいささか食傷気味。
今日はさっさと寝ることにします。ハーフの間に顔を洗って、試合終了と同時にベッドに入る、と。
外はもう秋。今夜から窓を閉めて寝ようかな。

| | コメント (0)

どうでもいいことですが

ロドリゲス、の場合アクセントはリゲス、に。
…いかん。5文字ネタ縛り…

野球見てます。
どうせなら中国をコテンパン(死語?)にやっつけてやってください。ザッピングがめんどくさくて体操は見てない。

メールのやりとりってキャッチボールだと思うんですが、何でいきなり打ち返しますかね。
条件反射的なレスは要りません。
早く返事を出しゃいいってもんじゃないでしょうが。
こっちは半ばサービスで出しているわけで(ん?)いっそもうやめようかと。

リズム天国はあとゲーム3つを残すのみ。
修行が一番面白いかな。てこずったのはリフティングとピンポンとギター。こういう単純なゲームは本当に気分転換にもってこいです。
待ち時間の時間つぶしに目下愛用中。でもこのゲームをやるときはくれぐれも画面に保護シールを貼り忘れることのないように。
…いや、マジでシールが傷だらけだもの。やれやれ。

| | コメント (0)

まだまだオリンピック

オリンピックも終盤戦。ここにきてあまり興味を引かれなくなったため、昨日も早々に寝てしまった。
悩んでいたことも昨日である程度スッキリし、滞っていたゲームの進展もようやっと見ることができて-今は9thリミックスで立ち往生中-気分としては悪くない。
今日は仕事もほとんどないし、事務室の掃除でもしようかな。

レスリング、伊調姉妹が揃って引退宣言の会見を開いたかと思えば浜口京子嬢の「好きな人います」発言が飛び出したりとマット以外でメダリストたちが注目を浴びている。
でも、いいんじゃないのかな。
オリンピックに出る時点で「日本一」なわけで、更に金メダルなら「世界一」銀なら「世界第2位」、銅なら「3位」。凄いことじゃあないですか。
確かにこれ以上の目標を見つけ出すことは容易じゃないし、他の世界に目を向けたくなる気持ちはわからないでもない。
私も、伊調妹の馨嬢にはレスリングを続けて欲しいと願う一人だけど彼女が違う道を見つけたなら引退も仕方ないのかなと。
ただ、お姉さんに共依存しているような印象を受けた人も多いと思うし実際私もそう感じた。
-お姉さんに引きずられるような形で引退してしまって後で後悔しないのかな?
想像するにお姉さんは慰留したんじゃないだろうか。でも頑な妹に折れた、と。
妹の気持ちを一番理解できるのも姉(この姉妹の場合は)だろうし。

今日は男子のレスリングフリースタイル…あれ?予選ってリアルタイムでやらないの?
ずいぶん扱いが女子とは違うんだなあ。

(追記)
おおっ!男子55キロ級銀メダル!!決勝戦は流石に緊張していたんだろうな、動きがちょっと…だったもの素人目にも。
60キロ級も3位決定戦で銅メダル!!
松永、湯元両選手本当におめでとう!!

| | コメント (0)

うーむ。

結局昨日はまともにオリンピックなんか見ていられなかった。
公私共にアクシデント続出で朝から外出、午後も一時帰宅してまた外出、そして夕方も。やれやれ。
どれも全て大したことはなかったんだけど、夕飯なんか家人と二人、ラーメンですよラーメン。しかもインスタントに毛が生えた程度、つまり袋に入った乾麺タイプ。あうううう。
多少曇っていたとはいえ、行楽日和であったにも関わらず、ホント、休んだ気がしなかった。
今日は今日とて忙しい。外に出る仕事もあれば家でコツコツやらにゃならん仕事もあって、週始めだというのに早くもお疲れモードなのは誰?-ハイ、私です。

我が家の猫のことでちょっとした問題(っていうのかな)が起きていて、忙しい最中であってもオリンピックで嬌声を張り上げていても常に心のどこかでそのことがチクチクと責めさいなむ。どうしよう。
いろいろと相談したい人がいるので今日はちょっと会ってお話を伺ってこようと思う。

オリンピック。
女子マラソンはトメ-くるねこさんちのトメちゃんが脳裏に浮かび、彼女の呼称はこれに即決!結局レース中はトメ、の連呼だった-ことルーマニアのトメスク選手が逃げ切り勝ちだった。
土佐リタイア、中村13位。日本の5大会連続メダル獲得はならず。
レスリングは浜口京子準決勝敗退。やはり重量級は日本人には辛いのかな。それでも3位決定戦は見事な勝利で、彼女の表情も晴れやかだった。優勝した王 嬌は強かったしね。
63キロ級は伊調馨の優勝!いやあ、ファイナルは見ていても体が辛そうで、疲労がピークだったんだろうと思う。それでも、2ndピリオドのクリンチで青いボールを見た時はああ、神の加護だ、と不信心な私も思いましたよ。ありがとう、神様。ってどこの神様かわからんけど。

重松清の本ってどうしてこんなに読後感が良くないんだろ。
ハッピーエンドであってもそうでなくても、必ず棘が残る。抜いても肌にささくれが残るような、小さくて嫌な棘。
もう読むまい、と思ってもつい手にしてしまう。今回買った文庫本もそうだった。
ああ、あの本、あの詩が書かれた紙切れが挟まっていたあの本をもう一度読み返してみようかな。
若くて、先を見ることも、その必要すらもなかったあの輝いていた頃に買った本。
みーちゃん。あの本が世に出た時、まだあなたは生まれてもいなかったんだよ。
あれから10年以上の月日が流れて、私の周囲は驚くほど変わったのに、私はまだ変わらぬままここにいる。
みーちゃんがいたらなあ。何書いてるんだろうねえ、月曜日だというのに。

| | コメント (0)

風はもう秋

伊調千春は銀メダル。でも吹っ切れたような彼女の笑顔に強い者しか知らない孤独と喜びとを見たような気がする。
恐らく引退するんじゃないかな。あの笑顔には戸惑いも悔しさも感じられなかった。己の力量を冷静に見極めたからなのだろう。
吉田沙保里は極めて順当な金メダル。強かった。そして美しかった。あの人ほど闘う時とそうでない時との顔つきが違う人も珍しいのでは。
決勝戦に臨む表情を見て息を呑んだ-この人、こんなに綺麗だったっけ?
4年後を早くも口にされていたが、きっと大丈夫。彼女ならきっと。やっぱりロンドン五輪はリアルタイムでテレビに噛り付くことになりそうだ。

昨日の昼は久々にカウンターでお寿司をいただいた。
大好きなサーモンから始まって、アナゴを焼いてもらっている間にホタテ、でタレをたっぷり塗ったアナゴを食べてからかんぱち、うに、ボタンエビ…家人も珍しく私以上に食べていたっけ。
このお店は比較的安いし、とにかくネタが新鮮。私があまりたくさん食べられないことを知っているからシャリも小さめにしてくれる。
しこたま食べても二人で数千円、というのは良心的だ。もちろん普段こんな贅沢は昼間っからしない。お盆だし、どこにも出かけないなら、と家人が張り込んでくれたのだ。
美味しいものをいただくとお腹だけでなく心も豊かになる。いいことばかりじゃあないけれど、うん、いろいろある、本当に。
でも身近にある小さな幸せを見つけることで、何とか今を凌いでいければ。うーむ、何だか珍しく殊勝だな、私。
どうやらメダリストたちの輝きに邪心(?)が浄化されてしまったみたい。
…長続きしないんだけどね、こういう前向きさって。

今日も家でオリンピック三昧、の予定。

| | コメント (0)

悲愴感の話を先に書くこともなかったかな

悲愴感のデビューシングル(っつか次はあるのか?)がアマゾンで大変なことになっている。こんなの初めて見たんだけど。

【お一人様2個まで】
この商品は人気商品のため、お一人様2個までのご注文に限らせていただきます。複数のご注文をされている場合は、キャンセルをさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください

…信じられないぞ。しかも17件あるレビューも全て星5つ。皆絶賛。
個人的にはラストのオチ的なおふざけはいらなかったと思う。鈴木のカウントはともかく、秘宝館はいかがなものかと。
それにしてもウィキのこれ↓はないよね。

・ うなずきトリオ - 類似音楽ユニット

・・・・・・あうううう。当たっているだけに切ないかも。

なでしこジャパン快勝!
アウェーのど真ん中で良くぞやってくれました。
それにしても中国のサポって冷たい、というか割りきりが早い。負けが決定的になったら声援はしなくなるわ席を立ってしまうわ、日本人サポとは大違い。
沢さんをいっそ男子代表のオーバーエイジで入れてみたらよかった、なんて埒もないことを考えてしまったのは私だけ?

星野ジャパンも圧勝!やれやれ。
ダルビッシュの不調も気になるけど得点力が今ひとつだったことがとりあえず解消された(んだよね?)ことには安堵しました。

確かにお盆で時差ほぼなし、のオリンピックって初めてなんだよね。
だからこんなにハマるのか。行楽地は大打撃だろう。交通渋滞もあまりないんじゃないの?
ちなみに我が家もどこにも行きません。ってこれはいつものことなんだけど。

さ、見るぞー!

| | コメント (0)

柔道終わっちゃった…

塚田真希ちゃん負けちゃった。完全アウェーの中、よく闘ったと思う。
でも、納得いかないのは…あの帯だ!
どうして対戦相手はわざと緩く帯を結ぶのか。だからすぐに解けてしまい、せっかくできた流れが途切れてしまう。
主審からもきつく締めろ、と指示が出たくらいだからこれは素人目の話じゃあない。
一本で負けたというのにどこかスッキリしないものが残ってしまった。
男子の石井慧は見事な勝利。やはり100キロ超級は見ごたえがあるなあ。

こんなに真面目に、リアルタイムで柔道を見たのは初めてだったのだが、集中して観戦していたら何となくルールや技がわかってきた。そうなると余計に面白い。
で、せっかく面白さがわかってきたところで…終わっちゃったよ(涙)
4年後のロンドンは時差がマイナス9時間(サマータイムがあるそうで、実質は8時間らしいが)。うーむ、リアルタイムで見るのは難しいかも。
そもそも柔道は日本のお家芸なのに、しばしば実況などでも耳にするように、「豪快な一本」よりも姑息にポイントを稼ぐちょっと柔道という概念から外れたものになっているように思う。
脚狙ってタックルするなんざさながらレスリング。ありゃないよね。
だからこそ谷本歩実嬢の一本への拘りはとても共感できるし、今回の金メダルは本当に嬉しかった。

男子は監督更迭だそうだ。
鈴木主将…うーん、やっぱり現役の出場選手は主将に指名しないほうがいいのかもしれない。
全く重圧がなかった、あったとしても試合に影響はなかった、と言えるのかどうか。

よもやこのブログでこれほどまで柔道を語ることになろうとは自分でも思わなかったけれど、一番ここまでの競技でハマっているのが柔道なのだ。
これからは国内大会もテレビで放映されれば観戦したい。うん、本当に面白いよ柔道。

実は「リズム天国ゴールド」にもハマっておりまして…
GBよりグレードアップしてる。面白い。でも「はじく」のが下手で現在リミックス6thで足止め食らってるところ。
リフティングとギターが上手くいかないの。うーむ。自分、不器用ですから(へ?)
時間の無駄遣いと自分でもわかっていて、それでもやめられない。ああ、イイ歳して情けないぞ。

| | コメント (0)

オリンピック…正に悲喜こもごも

うーん、北島康介。
2連覇の偉業を成し遂げた瞬間、電光掲示板を見て顔をしかめた。
…世界新記録出なくてもいいじゃないすか。金メダル獲ったでしょうに。更に言えばその記録って、持ってるの自分でしょう?
いやあ、あの顔見たら負けた人たちは複雑な気分になったでしょうねえ。
それはさておき、本当に彼は凄い。彼のみならず今回連覇した人たちは皆浮き沈みを多かれ少なかれ経験していて、一様に「ここに戻って来られて嬉しい」と口にしていたが、確かに4年間好調を維持できる人の方が珍しいのかもしれない。
そういった意味でも、このオリンピックという大舞台に併せて体調をピークに持ってくる、それだけでも難しいんだろう。実際女子マラソンの野口みずき選手は直前で出場を断念したし。
柔道100キロ級の鈴木桂治のあの負け方に4年という時間の長さをまざまざと見せ付けられた。
体操の内村航平やフェンシングの太田雄貴のような新星が登場してロンドンへの期待感を抱かせてくれたけど、彼らが果たして無事に4年後を迎えることができるのか。そうであって欲しいと願うけれど…いや、大丈夫でしょう。気の早い話だな。

風邪は咳を残すのみ。喉の痛みも鼻水もすっかり治り、抗生剤(ジスロマックでした)も飲み切って薬も後は咳止めだけになった。フスコデ。正直効いてない気もするけど。
結局同じような風邪を引いて家人と私とでは治癒までに1週間の差が出来てしまった。
実は2人一緒に耳鼻科を受診したのだが、喉の腫れ具合もほぼ一緒だったにも関わらず、1週間病歴の長い私の方が強い薬を処方されたし。
夏風邪は本当に長引きます。もう誰にもうつしたくないから外出も控えてます。ていうか、そもそもどこから来たんだこの風邪。
皆様もどうぞご自愛ください。人混みに出るときはマスク。帰宅後はうがい、手洗いも忘れずに。

今日は仕事もない-やっと夏休み-ので一日オリンピックと高校野球に没頭します。3連休なのだ。ワ-イ。
でもお盆で街はざわざわしているし、多分3日ともどこにも行かないね。威張れる話でもないですが。

| | コメント (0)

オリンピックに結局釘付け

すごい!谷本歩実の一本勝ち!!
そう、あれこそが「柔道」だ。いきなり脚を狙っていくような、レスリングと見紛うばかりの外国人選手たちの中にあって彼女の決勝戦こそが柔が剛を制する、まさに柔道。薬の作用でうとうとしていたけれど一気に覚醒、感動しました。
上野雅恵の一本も凄かった。あんなにあっさり倒してしまうんだもの。迫力では谷本嬢をはるかに上回っていたように感じましたね。迫力と言うより凄味、かな。
なでしこジャパン。あの得点力を男子に授けてあげてほしい(?)
決勝トーナメント進出、おめでとうございます。メダル、狙ってください。狙えると思います。

野口みずきさん、辛い決断だったことは容易に想像がつくけれど、今の彼女の気持ちはきっと私なんかには考えもつかないほど複雑だと思う。
とりあえずゆっくり気持ちも体も休んで欲しいもの。マスコミも追いかけないであげて欲しいなあ。

結局男子サッカーは3連敗。早くも闘莉王が批判コメントを出しているけれど、それは誰に向けてのどういう本意を含んだものなのだろう。
オレを出してくれていれば、なのか。
うーん、闘莉王はさておき。個人的にはOA枠使って欲しかった。中澤、達也、阿部、あたりが入っていたらあのチームもっとまとまっていたような気がするんだけど。
監督も何がしたかったのかよくわからない。そもそもあの人がサッカー選手だったことが信じられないんだよな。
さながらサラリーマンだもの、雰囲気が。
本気でオリンピックのメダルが欲しいなら、監督はぜひ更迭して欲しい。

デヴィ夫人はやたら安直に「国交さえ回復すれば拉致被害者も自ずと帰国できるはず」なんて考えをお持ちのようだが…
恐らく期限であるところの「秋」には「やはり生存者はいなかった。こっちはちゃんとやった。約束は果たしてくれ」という「最後通牒」を突きつけられるだろう。
仮に生存者がいたと発表したとしてもこれだけ拗れたら、死亡した、という最初の調査結果が出ている拉致被害者を今更戻そうとするだろうか。
曽我ひとみさんのように日本で把握されていなかった被害者の方が表に出ればまだいい方じゃないか、と危惧する私が疑い深いだけなのだろうか。
日本って外交、というより交渉、が苦手なんだな、とつくづく思う。

お盆だからといって特別なことはしないけれど、何となく町がざわざわしている。大きなスーパーでも客層が明らかに違う。内地から来た観光客(っつか帰省客?)がうろうろしていて道路も交通量が多い。
昔大都会で働いていた時はお盆期間が大好きだった。だって通勤電車が嘘のように空くんだもの。
よもや自分が観光地北海道に住むようになろうとは…人生なんてどう転ぶかわからないものです。

| | コメント (0)

2頭出しは…不謹慎ですかね?

ん?女子のバドミントン…オグシオか?あ、違う。

出先(病院の待合室)で見ていたテレビでは熱戦の真っ最中。
どうやら「スエマエ」こと末綱・前田ペア(NEC)らしい。対戦相手は世界ランクナンバーワンの中国ペア。
第1セットはあっさり取られたようだが、第2セット、じわじわと攻め続け、接戦の末とうとうものした時には思わず声が出そうになった。
そして第3セット。
…あらら?何だか中国ペアは表情に余裕がないぞ。お?あら?あらら…勝っちゃったよ!すごい、大金星!!

偶々事前のニュース番組でバドミントンの代表はオグシオだけじゃない、と知ってはいたが、人気のみならず実力もあちらの方が上(最近のゲームではストレートでオグシオに勝ったらしいけど)、とも知っていたのでよもやこんな大活躍を見せてくれるとは思いもしなかった。
で、肝心のオグシオは、と言えばストレート負け。
「2頭出しは人気薄」とはよく言ったもので、夢の日本人同士の決勝、は消えてしまったけれど、ここまで来たならぜひ優勝を狙ってほしい。頑張れスエマエ!(ってなんか締まりがないなあこの愛称)

昨日の北島康介、レース直後のインタビューで涙に言葉を失った姿に思わず貰い泣きしそうになった。
もうね、語彙がないから「凄い」としか言えない自分が情けない。
選手村の食事が美味しい、と感動した面持ちでインタビューに応えていたり、今回はいろいろな意味で上手く歯車のかみ合ったオリンピックだったのかな。
水泳は他の選手も頑張ってる。決勝が楽しみだ。録画してでも見るぞ。

テニスの王子様、こと錦織圭クンは第2セットで怒涛の逆転劇を見せてくれたけれど、持病の腰痛故か3セット目はあっさり取られて敗戦。
それでもまだまだ若い彼なんだから、腰をしっかり治してロンドンではメダルを!

点鼻薬の効果か鼻水が治まってきた。咳はまだダメ。喉の痛みも若干引いたかな。熱は下がってる。ホント、最初から耳鼻科行ってりゃよかったな。
早く完治させて遊びに行きたい。どこに行くってアテもないんだけどね。

| | コメント (0)

残念ですが…早く咳止まって欲しいんだけど

あまりにも喉の痛みが酷い、咳が止まらない、そして脳みそと見紛うばかりの(?!)鼻水、と三拍子揃ったので止むに止まれず総合病院の耳鼻科へ行ってきた。
ここに至るまでの経緯と近所の町医者で処方された薬を書いたメモを持参、1時間以上待たされてようやっと診ていただけたのだが…

鼻の中に薬を入れて(局部麻酔?)、5分ほどしてからスコープを入れる。と、先生が矢継ぎ早に「うわ、こりゃ酷く化膿してるわ」「あららら…」「これじゃ痛いはずだねえ」…でしょでしょ?
扁桃腺炎にしては発熱がないし、単なる炎症だそうだが、用意したメモを見せたら、処方された薬を見ていかにも残念そうな顔をされてしまった。
「もっと早く来てくれてれば…」…そう言われましても…

ところが。炎症を止める薬や喉の痛みを取る薬を出しましょう、そう言って診察を切り上げようとした矢先、先生の表情が一変したではないか。見れば、その目は私の書いたメモの一点を凝視している。
「これ…においがわからないって?いつから?」
先週の半ばから、と答えると、「レントゲン撮りますよ」…え?
「蓄膿症の可能性があります」…えええええ?

レントゲン室で2枚写真を撮り、廊下で待つこと15分。
ようやっと呼ばれて入った診察室ではシャーカステンに並べた2枚の写真を睨む先生の姿。
「蓄膿症になりかけています」…ガーン!
「今の時点でちゃんと治療しないと治りませんよ」…ガ、ガーン!
その後懇々と蓄膿症の怖さについてレクチャーされ(涙)、でも幸い今なら治療すれば悪化せず完治する可能性が高いこと、においを感じないことも鼻の中が腫れている所為と思われる、と聞かされて安堵した。
どうやらこの先生、一度突き落としておいてから助けてくれるタイプ(何だそりゃ)みたい。

抗炎症剤の他に点鼻薬(噴霧式の)などを処方していただいて、ほうほうの体で帰宅したら玄関先に近所のおばちゃんが袋いっぱいの野菜を持って待っていた。
「あーら、いないから置いてこうと思ってたんだよ」
「すみません。ちょっと病院に…」
喉の痛みや咳が酷いこと、一向に状況が好天しないので転院したなど一通り顛末を話し終えると彼女はあっさりとこう言い放ったではないか。

「なしてあんなとこ行くのさ」
「え?!」
「このあたりの人はだーれも行かないわ、あの医者のとこなんか」
「うそ?!」
「行ってるのは車がない年寄りぐらいなもんだ」

…だからあんなに空いてたのか、あの内科。
結局この1週間の投薬はまるで無駄だったと言っても過言ではないわけで、今の状態って、熱こそ下がったけど、見事に振り出しに戻ってる。いや、この喉の痛みは先週の月曜日以上だ。
危なく蓄膿症になるとこだったし(いや、そんなに怖い病気だなんて思ってもなかったんだけど蓄膿)、もう金輪際あそこには行きません。

ということで、先日コメント下さったソラ様。残念ですがお奨めできない病院なので回答は差し控えさせていただきます。
今時お尻に注射なんて、と家人もぶったまげていましたが、やはり反主流なんですね。
(コメントの承認遅れてすみません。っつか自分で承認制にしていたの忘れてました…)

ちなみに、咳はまだ治まらないけれど喉の痛みはかなり引いてきたし、においも何となく戻りつつある。
とにかく今回の点鼻薬を使い切った時点でまだ嗅覚に問題があれば、更に強い薬(噴霧時にかなり不快感が伴うんだって)を使うことになるそうで、何としてもそれは避けたい。治りますように。

内芝正人、北島康介の金メダル、そしてバドミントン女子の大金星、とオリンピックもようやく面白くなってきた。
こうなると開催地との時差が(ほとんど)ないってことが嬉しい。
これから期待しているのは女子ホッケーとバドミントン、そして馬術かな。でも、どの選手も頑張れ!メダルの数や色はさておき、悔いのない闘いをしてくれれば、と願うばかりです。

| | コメント (0)

今朝ののあち(何それ?)

ただいま長袖のジャンパー着用中。室温は16度。肌寒い。
お盆を前に北海道は既に暦どおり秋へと変貌を遂げたらしい。あーあ、今年もエアコンつけられなかった。
馴染みの電器屋さんには昨年から引っ張っているこの話、もう敵も諦めていたようで、先日バッタリ町で会ったら「来年ですね」だってさ。確かに。
寝苦しい、と感じた夜なんてほんの数日じゃあないかな。夏はなかった、と言っても過言ではないくらい冷涼な季節でした、今年の夏は。

柔道の女子48キロ級、谷選手は銅メダル。あのキレがもっと早く出ていたら…とほざく素人ですが、実際最後の3位決定戦が一番いい試合だったし。
代表決定の経緯などから周囲も必ずしも応援一色というムードではなかったけれど、やっぱり終わってみれば彼女でよかったな、というのが素直な感想。
あの独特の雰囲気の中で、平岡選手のように呑まれて何もできずに終わる選手もいるわけで、そりゃもちろん誰にだって「初めて」があるのはわかるけれど、私は銅メダルであっても谷選手を褒め称えたいし、そう、できることじゃあないでしょ、金銀銅全てのメダルを個人的に手にすることなんて。
胸張って、堂々と帰ってきてください。本当にお疲れ様でした、ヤワラちゃん!

レッズ、終了間際でドローに持ち込まれたとか。とか、というのは前半で既に観戦リタイアしたから。
…勇樹のゴールくらい見とけばよかった。
それにしても達也、何?アップしてて捻挫?言いたかないが…この粗忽モノ!
大事無かったから(だよね?)良かったようなものの、レッズだけじゃない、日本を背負って闘わなければならないという自覚はあるんだろうか?ちょっとがっかりしたぞ。

家人が私と全く同じ症状を辿りつつある夏風邪。家の中に響く2つの咳が何とも鬱陶しい。
あ、後で大根買ってこよう。蜂蜜漬けにすると本当に喉にいいの。鎮咳効果も若干あるような気がするし。
さあこれからお粥さん炊かないと。家人からの朝食リクエスト。いや、今回の風邪は胃腸には来てないはずなんだけど、ま、病人気分を味わいたいんでしょう(え?)
早くお互い完治させたいものです。ホント。

| | コメント (0)

喉~あうううう

なんでヒラ?梅ちゃん使って欲しいなあ。でも国産3トップには期待したい。今日こそタカのゴールを!
…と思ってたら。達也、どーしたの?!

まだ喉の痛みが治まらない。時々思い出したように、狂ったように咳が止まらなくなる。長引くなあ。

今日は仕事の傍らテレビでオリンピックを見ていたんだけど、今ひとつ盛り上がりに欠けるのは何故だろう。
ヤワラちゃんはやはり寄る年波には勝てないんだ、としみじみ思った。素人が見てもわかるくらい、衰えを感じてしまったのは私だけではないはずだ。
野村を打ち破って代表入りした平岡には正直がっかり。不甲斐なさ過ぎる。これは言ってはいけないことだろうけど…野村に出て欲しかったな。
水泳も今日らしいが、生憎我が家のテレビは19時半からBS-i だもんで。

…喉痛くて、薬のせいで眠くてテレビ観戦リタイア。
家人も風邪(私がうつしたんだろうな)でダウンしているので、共倒れは避けたいから少しでも早く治すため寝よう。やれやれ。

| | コメント (0)

相変わらずバカ続行中

咳がどうにも止まらない。今日いただいてきた咳止め(カフコデN)も効果なし。
咳し過ぎた所為か肋骨の一箇所が痛い。ひびが入っているのかもしれない。あうううう。
月曜日に採血したんだけど、検査結果を今日いただいたらCRP3+、白血球数も高め、好中球多くリンパ球少なく。
あの時点では熱もけっこう下がっていたんだけどなあ。CRPの値の高さが気になる。ただの風邪じゃないんだろうか。うーむ。何かの細菌に感染している?何だろう。とにかくこの咳が治まらなかったら週明け、今度はもうちょっと大きい病院に行こう。

黒猫クロは手術の際、抜糸不要の、所謂溶ける糸で縫っていただいたのだがその糸が未だに残っているのでワクチン接種がてら病院へ。
デッカイ図体の癖に病院は苦手で、両手両足が汗でじっとりと湿っていた。
傷は中で化膿することもなく綺麗になっており、糸をはさみとピンセットで取り除いていただいて一安心。
かかりつけの先生は圧倒的な猫派なので、今日も体重測定の際抱き上げたクロに顔を摺り寄せていた。ちょっとイヤ。でもクロも小汚いからまあいいか(え?)
来週にも洗濯、もといシャンプーする予定。とにかくくるさんちのぼんと見た目も性格も酷似していておよそヤツが股間以外の手入れをしているところなぞ見たことがないのだ。
それでも小まめにウェットティッシュなどで拭いていたからそこそこ綺麗ではある。そう、抱っこしても不愉快ではないくらいには。
一応先生には里親探しします、と宣言したのだが、先生も端から「無理だろうな」という顔つきで、正直私も難しいと思うんだよなあ。
本当に性格が良くてかわいい子なんだけどねえ。

明日も仕事。
どこか遊びに行きたいなあ。でもこの咳じゃどこ行っても楽しくなさそうだし…
夏風邪(だと思いたい)、辛いぞー。どうぞ皆様ご自愛ください。

| | コメント (0)

悲愴、とばかりも言ってられないかも

amazonで「悲愴感」のカスタマーレビューを見てほしい。
12件全てが★5つ。ありえないでしょう?

まとめてみるとツボは
 1 ネガティヴな歌詞-3人のキャラにハマっている
 2 ドラドラ鈴木がキャラに似合わず歌が上手
 3 アンガ田中の声が意外に好印象
 4 無駄に高い曲のクォリティ

これ、恐らく狙いどおりなんだろうと思う。
印税狙いの作詞、お友達救済のための作曲、な羞恥心の楽曲は彼らの人気におんぶに抱っこ、だから多少・・・・・・であっても構わないが、キャラでは何もアピールポイントのない(返す返すもごめんなさい)いかにも幸薄い3人なら、意表を突くようなデキで攻めるしかない。しかも2人(笑)はそこそこ歌えるし。
歌詞はともかく、曲、特にサビのキャッチーさは絶対狙ってたはずだ。

3番でロバート山本は歌わせてもらっているのか。そもそも3番は存在するのか(笑)
…今の私にとって最大の関心事は北京五輪よりこっちだったりして(?!)

北京五輪と言えば。
新疆ウイグル地区での暴動を取材していた日本の新聞社とテレビ局の記者が拘束され暴行を受けた件で中国側から謝罪があった。
また、冷凍餃子へのメタミドホス混入事件では中国国内でも同様の中毒事件が発生したため、毒物混入は中国の責任であることが外交筋から日本政府へと伝えられた。
これって凄いことじゃないですかね?
あの国が、自らの責任を認めて素直に謝罪するなんておよそ信じられない。
これだけでも中国でオリンピック開催することの意義があったような気がする。

男子のサッカーは残念だったけど、OA枠行使しない時点で勝てないだろうな、と思っていたから…
あのピッチに例えば達也がいたら…なんて思っちゃったレッズサポも結構いるんじゃないかしら?

咳が止まらなくてしんどい。今日は再度病院に行ってきます。
結核かなあ、と呟いてみたら家人から「そんな(太った)結核患者はいないだろう」とバッサリ切り捨てられてしまった。くそ。反論できないのが悔しいぞ。

| | コメント (0)

オバサンにはもう理解の範疇を超えている存在なので

ヘキサゴンのドラマ、を見ている。ザッピングしつつ、だけど。
予想どおりメインは上地。ま、しゃあない。そして次がつるの。これも致し方ないが、それにしても…あうううう、野久保クン、やっぱ演技下手だった。そんな予感がしてたんだよなあ。ホントに不器用なんですね、彼。
ドラマそのものは雑な造りで目を覆いたくなるけれど、羞恥心ファンにはたまらないのでしょう。
やっぱ野猿の時のようにイレ込めないのは、年齢差もあるけれどなんだろう、薄いんだよね。
同じ企画モノなのに、野猿だってあざとさでは負けてないのに、羞恥心の方が作られてる感が勝ってる。
そう、同じ「いじられてる」のに肝心な駒の個性が違う。
それを人生経験の多寡とか単純にプロデューサーの違いとか、で計るのはどうかとは思うんだけど、うーむ、ま、若い子にはこういう方が楽しいんだろうから、深く考える方が間違っているんだよね。

今、ドラマのオチ。ハイハイ、こちらも予想通りでした。あれだけ広げた風呂敷だもの。落とし処はもうこれしかないでしょう。

来週のはねトびに期待したい。大人だったら悲愴感よ、やっぱり(何がやっぱり?)

咳が止まらず苦しんでおります。
声は戻ってきたんだけど…この症状小出しパターン風邪(?)には参ったなあ。

| | コメント (0)

彼のトークははなまるのデキ?

はなまるマーケットのカフェコーナー、ゲストはノッキー野久保クンだった。
昨日が上地雄輔だったのでああ、明日はドラマの日でリーダーつるの、ふん、TBSも随分と他局に迎合してるもんだわい、と勝手に思い込んでいたら、昨日今日の二人は全く偶然のブッキングだったらしい。
野久保クンも自分のブログのコメントで知ったそうで、ホントにあの3人上手くいってるんだろうか?
で、肝心のトークはというと…うーむ。今ひとつ盛り上がりに欠けていた感あり。
岡江さんって露骨に表情に出るから、本心から面白がってはいなかった、というか醒めた顔つきだったように思えた。大丈夫かな。
前日見ていなかったので比較はできないし、しなくていい話なんだけどね。
秋からは森三中の村上嬢と夫婦役で昼ドラの主役だそうだ。メディアの扱い的には妻>夫、みたいだけど、このドラマの結果次第ではそれが逆になるかもしれないし、また今後の俳優人生にも大きく影響を与えると思うので頑張って結果を残してほしいと思う。

なんだか空が高い。まるで秋のそれ、だ。
まだ声が出ないので仕事はお休み。電話も出れやしないんだもの。
抗生剤が効いているらしく細菌の死骸―詳細は書きませんが―がやたら出る。快方に向かっているみたい。
このまま今年もエアコン買わないで終わってしまうんだろうな。そう、お盆過ぎたらもう窓開けて寝られなくなるだろう。
やれやれ。これじゃ内地には帰れないな、もう。

悲愴感のデビューCDを予約した、なんてことは敢えて書くまでもないんだけど、意外にAMAZONのレビューが好意的傾向にあって驚いた。
そう、残念な方たち(ごめんなさい)ばかりなのに、何故かあの歌、いいの。
中でも一番残念な(重ね重ねごめんなさい)ドラドラ鈴木氏の無駄にある歌唱力。
多分あのハモりは生ではないと思うけど、それでもいい。口パク上等(え?)
それにしてもAMAZONの「芸能界最弱イメージのメンバー」って…ま、否定できないところがまた切ないんだけど(笑)

とかくライバル視されがちな「羞恥心」と「悲愴感」(反論は受け付けません(爆))ですが、今は後者だな。着うたダウンロードして着信音にしちゃったし。
野久保クンは好きだけど、羞恥心(っつーか島田紳介)のあざとさにはいい加減辟易としているので最弱ユニットの皆さんにはぜひ頑張っていただきたいと願うばかりです。ハイ。

| | コメント (0)

えーえーどうせ私はバカですよ

結局風邪は悪化してしまった。
昨晩は酷い発汗(そうなるように布団もかけたんだけど)とダルさ、喉の痛みであまり眠れなかった。
でも、前回(2月)に比べると消化器系統には症状がないのでラクっちゃラクか。
ただ今回は喉に来たので声が出なくなっちゃった
偶々買ってあった桃味ののど飴を舐めつつ、今日は朝いちばんで病院に行くつもり。
やれやれ、だわなあ。やること目白押しなんだけどねえ…

(追記)
近所の内科医に歩いて行ってきた。
…お尻に注射なんて何年ぶり?!あうううう。
風邪、だそうで、けっこう流行ってるんだって。
痛い1本が効いたのか、今の症状は声嗄れと倦怠感だけで、熱もほぼ平熱(といっても37.5度)に戻った。
ただ、声が出ないのは何とも辛いもの。早く治らないかなあ…

| | コメント (1)

夏風邪は…あうううう

どうやら本格的に風邪を引いたみたいだ。
昨日、約半日車の中にいて冷房に当たりっぱなしだったからか。
夏風邪は…うーん、確かに私、バカだし。

黒猫クロとデブ猫カンタはウマが合うらしい。
一緒に寄り添ってはグルーミングしあっているのだが、人間で言や60過ぎのジイさんと中年オヤジが…いかん、この想像はさすがにマズいだろ。
クロと来たらとにかく愛想がよく、昨日なんかいきなり背中に飛びついて来られたからびっくり。いや、6キロよ。背骨折れるかと思った(大げさな)。
背中から肩口へと回り込んでひしと肩にしがみつき甘えてみせるその姿をのんちゃんが遠巻きに「ふん!体制派め!」と言わんばかりの顔で見ていたのには笑いましたね。

ところが今日は仕事があるため寝ていられないと来たもんだ。あうううう。
今のところ症状は喉の痛みとダルさだけなので、何とか頑張れそう。腰がせっかく良くなったと思っていたらこうだもの、何か祟られてでもいるのだろうか。まあ私なんぞに祟っている暇のある霊だの神様だのもいないだろうけどね。

↓のエントリは途中まで昨日の夜書いたんだけど、やはり彼女、かわいいなあ。
顔は全く手を加えていないそうなので、本当に神様の、っつーか遺伝子の悪戯だったんだろうね。
たくさんの試練を乗り越えた分、これからはきっと幸せに生きていけるよ。

| | コメント (0)

果たして障害という名で括っていいものなのかどうか

某大規模書店で慌しく新刊本のコーナーを物色していたら、一冊の本が目に留まった。

「わたし、男子校出身です」

表紙カバーで微笑むのは若く、美しい女性の横顔。その本の著者である彼女を初めて見たのは、今年の5月、NHK教育テレビでオンエアされた「一期一会」という番組で、だった。
イチゴ(一期)さん…訪ねる若者、イチエ(一会)さん…“イチゴさん”を受け入れる現場の若者、だそうだが、生憎私がチャンネルを合わせた時には既に半分以上終わってしまっていて、私はイチエ嬢であるところの彼女のバックボーンなぞ全く知らないままその愛くるしさに心を惹かれた。

番組の内容は、全く化粧をしたことのない社会人2年生の女の子がようやく化粧に関心を持ち始めたもののその方法などがわからない。そこで雑誌などのモデル、つまり美の最前線にいる同世代の女性に出会い、新しい世界を知る、というもので、それは他愛もないものだったが、イチゴ嬢に比べいかにも芸名、という風情の華やかな名とその名に負けないイチエ嬢の美しさは心に焼き付いて離れなかった。

そのうち彼女はいろいろな番組に登場するようになり、雑誌などで性同一性障害により戸籍も含めて性転換を図った人と知ったが、そんなことが信じられないほど可憐で愛くるしい笑顔のシュガーコートからは一切ネガティヴな匂いは感じられなかったのだ。

何気なく手に取った本、開いて8ページ目から何気なく読み始めた文章がそのまま私をレジへと向かわせた。
そして、帰りの車の中、運転する家人を無視しつつ一気に読み始め…信じられないことに、ラストに近づくにつれ涙がこらえきれなくなってしまった。

私は偶々オンナの体に生まれたけれど、それが幸運であった、などと思ったことは今までにただの一度もない。
オトコの方がよかったよなあ、なんて冗談交じりに口にしたことが悔やまれるほど、彼女が今の彼女自身を手に入れるために闘った時間は過酷なものだった。

心とは「誤った」体で生きた21年間の、恐らく2倍、3倍以上の時間を女性として生きていく彼女-著者、椿姫彩菜さんのこれからの人生にたくさんの幸福がありますように。

(いや、ホントに若くて可愛い女性を見るのが好きなので単純に彼女のファンだったりもするのですが)

あー風邪引いたみたい。喉が痛いや・・・

| | コメント (0)

内閣改造についてなど@怒り沸々

内閣改造が行われた。
早速夕方のニュースでは様々なキャスターと解説者(?)がそれぞれに勝手な感想を述べていたが、FNSでは視聴者からFAXなどを募集してその内容を紹介していた。

『国民の誰もが内閣改造など望んでいません』

文体などから見て女性だろう。私の意見も同じだったりする。
内閣を改造して、何が得られるというのだろう。国民からの支持?米中の評価?

個人的には渡海文科相と鳩山法相には留任して欲しかったし、逆に升添厚労相の残留は意外だった。
消費者庁立ち上げのため奔走していた岸田さんもいなくなっちゃったなあ。国家公安委員長の泉さんも割とまともなことを言ってたから評価してたんだけど。
与謝野特命担当大臣(経済財政政策/規制改革)ということは消費税率アップはほぼ間違いない。上げ潮派と言われる中川秀直(この人自体はスキャンダル塗れで嫌いだけど)などは入閣できなかったわけで、財政再建は増税でまかなわれることになるだろう。
人気取りに麻生氏を党3役に据え、野田聖子、中山恭子の両氏を入閣させ、これで磐石、とでも思ってるの?
そもそも麻生氏自身内閣改造には懐疑的だったのに。
太田誠一?あの人たしか早稲田だかのサークルで事件を起こした連中を「これくらいの元気があって…」云々とのたまった人じゃなかったっけ?人格なんてどうでもいいんだ、閣僚となる場合においては。

かといって今の民主党が政権を担うに相応しいかどうか…難しいと思うんだけど。
小沢総理大臣…ピンと来ないどころか、ぞっとするのは私だけ?

8月1日、昨日から卵も含めたかなりの数の食品やガソリンが再び値上げされた。
内閣を改造すれば、各省庁には様々な出費が生じる。微々たる金額?いやいやそれらは全て税金から賄われるというのに。

「安心実現内閣」だって?ふざけるな!!

国民が安心して生活できるような国に、本気でしたいと思っているなら原油価格の調整、歳出の削減-議員の定数が多すぎる!-、などとにかく即効性のある政策を執ってください。

高野連、って何なんだ?タバコはダメでもわいせつ行為はいいの?犯罪者だよ、この2年生の部員は。
暴力行為には敏感なくせに、被害者が女性なら軽んじるの?
桐生第一高校は出場辞退すべきだったと思いますが…

カナダで、夜行バスに乗っていた隣の、全く無関係な乗客を殺害したばかりかその頭部を切断して掲げて見せたという男が逮捕されたそうだ。
日本だけじゃないんだな、と思ってしまった自分が悲しい。

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »