« 逃げたわけで | トップページ | 東はどっちだ? »

たまには主婦のブログっぽく(画像くらい載せろ、というツッコミはなしの方向でお願いします)

プチトマトを一山いただいたので、早速調理してみた。

<プチトマトのマリネ>
材料
 ・プチトマト 適量(30粒くらい?)
 ・バルサミコ酢 大さじ3
 ・オリーブオイル(エクストラバージン) 大さじ3
 ・グラニュー糖 大さじ1
 ・粒こしょう 10粒くらい

①プチトマトは湯むきする
②冷凍保存用バッグに皮をむいたトマト、その他の材料を入れてできるだけ空気を抜いて冷蔵庫へ。

以上。
…実に簡単だけれど、デザートともサラダともつかないような微妙な美味しさが病みつきになること請け合い。

デカイつぶ貝を魚屋さんで見つけたので、お店の方に殻から出し、危ない部位(あぶら)も取り除いてもらった。
生で食べてももちろん美味しいけれど、たまには違う食べ方を。

<つぶ貝のエスカルゴ風>
材料
 ・つぶ貝 大きめのを1つ
 ・オリーブオイル 大さじ4
 ・にんにく 1~2片
 ・バター 10グラム
 ・パン粉 適宜
 ・乾燥バジルorパセリ 適宜

①つぶ貝は3センチ大程度にぶつ切り
②切ったつぶ貝と、みじん切りにしたにんにくを、分量のオリーブオイル、バターで炒める。
③耐熱のココット容器などに炒めたつぶを入れ、上からフライパンに残った油をかける。
④バジル(パセリ)、パン粉を載せて、250℃のオーブンで焼き色が付くまで焼く

以上。これもまた簡単。なんとなくプロっぽい味(へ?)で、見栄えもいいです。

今日は何となく食べたくなってお赤飯を炊いてみた。
気分的には腸煮えくり返り中のままなのだが。
何故煮えているか?燃料は米のテロ指定解除、某元社長の縊死、職場の無責任な人の存在、の三つ。
ブッシュは最後の手柄が欲しかったのだろう、最初から日本の立場なんか慮ってはいなかったのだ。
某元社長は最後まで自分勝手で、自分本位で、自己中心的な人だったと思う。死者に鞭打つようなことは書きたくないからここまでにするけれど、あの文春の「疑惑の銃弾」という記事を当時、学生だった私も貪るように読んだことを覚えている。劇場型犯罪の草分け的存在ではないだろうか。
職場の話は…具体的には書けないけど、自分の面子ばかり気にし、ミスをこっそり解決しようとして更に傷を広げてしまい、とうとう手をつけようのないくらいの事態へと陥ってから助けを求めてきた。要はそんなこと。
もはや手遅れに近い状態で、悲観的な状況だが、とりあえず打開策を求めて同業他社にアドバイスをいただくことになっている。少しでもいい方向に向かえばいいのだが。
あ、そうだ!もうひとつ!!
昨日のレイズVSレッドソックス戦、延長11回の裏、確か1アウトでランナーが二人出ていた場面、ネクストバッターが岩村という「ヒーローになって頂戴」的シチュエイションで、レッドソックスバッテリーは何と敬遠!
恐らく視聴していたすべての日本人がずっこけたのではないだろうか。ありゃないよねえ。
個人的には悪魔が抜けて(?)絶好調のレイズを応援したい。頑張れ!岩村!!(大して好きでもないけど、野球)(でもルールはわかります。フィルダースチョイスとかも知ってるし)

最近、白髪が増えてきた。
以前は年に数本だった発見率が、最近は1ヶ月に数本。昨日なんか一気に2本も見つけちゃった
まだ外から見てもわからないからいいけど、いずれは染めたりしなきゃならんのかな。うーん…

|

« 逃げたわけで | トップページ | 東はどっちだ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 逃げたわけで | トップページ | 東はどっちだ? »