« 彼女が消えた日 | トップページ | うーん。 »

すごいものを見せていただきました

今日の天皇賞のようなレースが見られるのならファンだって競馬場に足を運ぶだろうし、馬券だって買うだろう。

立場としては明らかにダイワが不利だった。久々、しかも初めての東京。
パドックではイレていたし、ゲートこそスムーズに出たがすぐに引っかかってしまった。
どう見ても終いに失速するはずだ、と直線見ていたら…!

ディープスカイも予想以上に強かった。
今年の3歳は牡牝ともにレベルが低い、というのが家人との共通の認識だったが今日はもう脱帽。
ただ、直線ウォッカを待って馬体を併せていったのは失敗だったのでは?

カンパニーの末脚は、GⅡまでならまだまだ通用する。よかった。好きな馬なので。

ゴール前の壮絶な叩き合いは競馬史に残る名勝負だったと思う。
外からグイっと伸びてきたウォッカの脚は確かに素晴らしかったが、ダイワが順調なローテで臨んでいたら勝敗は変わっていたかもしれない。

検量室でダイワの生産者が同馬を1番枠の中に手招いたのをテレビは映し出していたが、あのゴール前のスローではどう見てもウォッカの勝ちだった。
勝利を確信して握手していたダイワの鞍上とのショットとは対照的に厳しい表情だったウォッカのジョッキー。
今年は勝ち星こそトップクラスだが大きいところではいまひとつの成績で、今回は様々なプレッシャーがかかっていたのだろう。
無事に勝利ジョッキーとなってからもその表情は嬉しさより安堵感が強かったように私は感じた。

セレモニーを前にターフに出た武騎手はオーディエンスを煽るようにバンザイ!の仕草を繰り返した。あんな彼の姿を見たのは初めてかもしれない。

馬券は買っていなかった。買っても当たっていなかった。だって予想の時点で牝馬2頭は切ってたもの。
そんな愚かな私をあざ笑うかのように繰り広げられた熱戦。
この2頭は次どこに出走するのだろう。
いや、牝馬同士だからこそターフの上だけでなく引退してからも産駒で競い合える。本当に、文字通り生涯の好敵手だな。

で、最初の文章の続き。
人気のある俳優や女優をCMに起用してイメージ戦略を図るより、とにかく強くて華のある馬を出すこと。それこそが競馬人気を盛り立てていくために必要不可欠な要素ではないのか。

明日はスポーツ紙を全種類買おう。ブックとギャロップも。関係者のコメントを早く読んでみたい。
武騎手、角居調教師と厩舎スタッフ、谷水オーナー、西山場長はじめ牧場スタッフの皆様、そして、ウォッカ嬢。本当におめでとうございました。すごいものを見せていただきました。

|

« 彼女が消えた日 | トップページ | うーん。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 彼女が消えた日 | トップページ | うーん。 »