« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

大晦日の夜に思うこと

もうすぐ2009年。

愛猫を亡くした年がここまでの生涯で最悪の年だった。
でも、今年も結構いい勝負してたかもしれない。そして、来年はもしかしたらもっと悲惨な1年に…否、そういうことを書いたらそうなってしまわないとも限らない。だから書かないけれど…

辛うじて部屋を掃除し、餅の準備をし、冷凍おせちの解凍も始めたし、家人に新しい下着を手渡し、輸液を終え、後は自分がお風呂に入って1年の垢を流すだけ(表現悪いな。ほぼ毎日入浴してます)
晩御飯はちゃんとお蕎麦を食べ、でもおかずはジンギスカン。モンゴル風に年越し。

北海道は何故か大晦日にご馳走食べる風習があるらしく、今日スーパーに行ったら大皿に盛られたオードブルや生寿司が飛ぶように売れていた。
…何で?
我が家は幸いにして二人とも関東人なので大晦日は質素に。そして元旦は関東風の雑煮とおせち。
こういう食生活の合致は本当にありがたい。

今日は家事の合間にフジとNHKをザッピングしている。
今ちょうど羞恥心とpaboが歌っているところ。というより、それを狙ってNHKにチャンネルを合わせたんだけど。
去年の今頃、この6人がこんな風に紅白の舞台に立っているところを誰が想像しただろうか。
…あら、本当に中村アナも出てるわ。
いいともに安住アナが出るのとは大違い。天下のNHK、しかも紅白でよくもまあ。
ん?フジでもオンエアしてたの?!ならこっち見ればよかったか。うーん。

来年こそ、悲願が達成されますように。公私、どちらかと言えば私の方が叶うと嬉しい。

いい1年になるといいな。私も、そして日本にとっても。

| | コメント (0)

抗ったってどうにもならないんだからさあ

結局大掃除どころか普段の掃除もろくすっぽしないまま新年を迎えそう。あうううう。
今日は年末の買い物、金融機関のはしご(仕事と私用半々)、整体、近所のばあちゃんちにおよばれ、と盛りだくさん(?)なので掃除どころじゃないしなあ。

結局個人輸入でリレンザを購入した。明日発送されるので、年明け早々には届くだろう。
使い方にコツがあるそうだが、メーカーのサイトで詳しく図解してくれているのでそれを参考にすればどうにか服用できそうだ。
使用期限は2012年まで。パンデミックが起こらず-ふつーのインフルエンザには使うつもりなし。ワクチン毎年打ってるし-使わないままになればそれでよし。
この田舎町にはタミフルさえろくに備蓄されていはしないだろうし、ましてや老人が多いから悲惨な状況になるのは目に見えている。
自分たちだけ、と言われてしまえばそれまでなんだけど、でもやっぱり…死にたくないもの。
水や電気、ガスなどのライフラインは確保されるそうなので(田舎では若干疑心暗鬼だけど)、米と味噌も備蓄済み。後は缶詰やフリーズドライ食品などをぼちぼちと。
あ、勿論猫の食事も常に2ヶ月分程度ストックしてます。

で、そのストック用に買ったばかりのドライを、またクロのヤツ襲撃してくれやがった!

r/d 4kgの大袋を食い破り、どうやら思う存分味わった様子。くそー!
やむを得ず、小分けにして真空に。重さを量ったら200グラム近く3匹で食べていたようだ。
どうしてこんなにがっつくのだろう。流石元野良。ひもじさを知っているから食べられるときに食べられるものを探して食べておこう、というハングリー精神は認めるさ。でも…
ちなみに、みーちゃんは決して野良生活なんかしていなかった。だのに、生後3ヶ月で我が家に貰われてきて、その際持参金代わりにいただいたドライの袋を、貰われてきたその夜に食い破ってたっけ。あうううう。

みーちゃんの武勇伝は挙げればそれこそ枚挙に暇がない。
結婚式の引き出物でいただいた直径15センチはあろうかというドラ焼きの、それも上の皮だけを半分ほど食べてしまった、とか、冷めたてんぷら油を化け猫よろしくペロペロなめていた、とか、かつぶしの入った袋を咥えて走り回り絨毯を黄土色に染めてくれた、とか…うーむ。

それに比べて息子たちやふう、れあちゃんはやることが大人しい。
手がかからない、と言えばラクでいいけれど、何かこう、つまらないんだよな。
引っかかないし噛み付かないし、抱っこもさせてくれる子ばかりなんだけど、そう、どこか面白みに欠けるの。

仕事関係でとんでもないことが相次いで起きている。そう、大きな潮流に飲み込まれる予感…
そう、抗いようのない大きな渦に巻き込まれてしまいそうな。きっかけはともかくとして、この高波を上手くスルーできるかどうかは多分社長にかかっているのだが、これがまた頼りにならないと来ている。あうううう。
まあ、もうなるようにしかならないのだから、事態の推移を見守ろう。それしかできない。それしか…

来年の今日、暢気なエントリを書いていられますように。もう祈っちゃう。

| | コメント (0)

言い訳にしないで@こんなタイトルの曲があったようななかったような

うーん、後味悪いなあ。
あの「衝突事故」は、どう見てもどちらにも故意は感じられなかったし、どちらも同じように転倒し、ダメージを受けたように思えた。

確かに怪我はしたんだろう。脚を痛めたことを仮病とまで書いているエントリも目にしたが、そんなことはないと思う。思いたい。
でも、あれほどまでにアクシデントを強調することはないだろうに。
謝罪?彼女は無傷でよかった?その言葉は果たして何を意味するのか。
同情はするけれど…うん、それでもやはり不快感を抱かずにはいられない。

真央ちゃんも、当事者である村主さんも、そして病に打ち勝った鈴木明子嬢も、直向さを感じた。そこに甘えはなかった。
でも…やはり私は安藤美姫選手を好きになれそうにはない。

イスラエルという国は何を考えているのか。
何故この時期、唐突に空爆を始めたのか理解に苦しむ。
…背後にあるものは?

有馬記念、ダイワスカーレットの強さだけが目立ったレースだった。
強い馬に上手いジョッキーが乗れば、それこそ大きなアクシデントがない限り勝てるだろう。
逃げ馬ではない。あの馬は絶対的なスピードを持っているから他馬がついていくことができないだけ。そう、かつてのミホノブルボンのような。
2着のアドマイヤモナークは血統?では逆に3着のエアシェイディは?うーむ。やはり中山の2500はあれだけコーナーあるし長距離のカテゴリには入らないのか。
マツリダは枠も悪かったかもしれないけれど、万が一すべて事が上手く運んでいたとしてもダイワには勝てなかったと思う。明らかに力が違う。
スクリーンヒーロー?中山の坂を嫌がっていたというジョッキーのコメントが全てかもしれない。
私はウォッカよりもダイワの方が強いと思っていたけれど、昨日のレースを見てそれを確信した。
それにしても…牡馬だらしないぞ!年度代表馬の選考、難しいだろうな…

今日は事実上の仕事納め。経理関係の締めをして、簡単に事務所を片付けて。
それからやっと我が家の大掃除だ。間に合…わないだろうな。家人、ごめんね。小汚い部屋で新年を迎えることになりそうです…あうううう。

| | コメント (0)

滑ってましたね

リンクの上を歩く人が偉そうに語るのも何ですが…

フィギュアの全日本観戦中。
鈴木明子さんの演技は迫力があったな。黒い瞳はサーシャ・コーエンのイメージが強いけれど、盛り上がりがあって観客の心を掴みやすい曲だし、実際スタンディングオベーションを招いた。
で、そのすぐ後という村主嬢はやりにくい面もあったはずだが、曲の迫力に頼れない-個人的には好きじゃない、あの曲-分、ジャンプやステップのデキは鈴木さんよりも確かに上回っていたからあれだけの点数に繋がったと思う。
高いジャンプと速いスケーティングはここ最近の彼女にはなかったものだし、やはりコーチを替えたことが大きいのかも。

一番印象に残ったのは村上佳菜子ちゃんだった。
誰かに似てる、と思ったら秋篠宮妃紀子様とあやや。ノーブルで愛くるしい笑顔はスター性も十分で、これから伸びてくるんじゃないかな。
かつての真央ちゃんを彷彿とさせるような演技に思わず見入ってしまった。

中野さんは…意外にメンタルな面に弱さを抱えているのかもしれない。トリプルアクセルを回避した時点で攻めから守りに入ってしまったのかな。
華がないな、というのが私が彼女に抱くイメージで、それはメイクや小塚選手同様衣装の所為もある、と私は思う。
…ダサくないっすか?あのジゼルの衣装。

安藤美姫は手足が長くて見栄えのする人だと思うけど、どうしてか雑にしか見えない、いつも。
それをダイナミックと捉えればいいのかもしれないけれど、私は真央ちゃんのように繊細な演技が好き。
そして…アクシデントはそれほど大きく影響をもたらしたんですか。あのインタビューではそうとしか取れなくて。
常に不安定な印象がある彼女が果たしてオリンピック出場枠を賭けた世界選手権に完調で出場できるのか。

で、肝心の、3連覇がかかった真央ちゃんだけど…あの演技が、村主さんよりも得点低いって?うーん、素人にはわからないけどトリプルアクセルが回転不足だったの?サルコウのミスくらいしか判別できなかったけどなあ。
私には、彼女が一人だけ他の選手とはレベルが違って見えました。でもそういうもんじゃないんだね。だってジャッジはプロ中のプロがしているんだから。

ドラマ見ちゃったので図らずも夜更かししてしまった。いい加減顔洗って寝よう。
観月ありささんもああいう役ができるんだ。迫力に正直度肝を抜かれました…

サッカー秋春制(だっけ?秋に始まって春に終わる、ってヤツ)移行大反対!
犬飼さん、真冬の札幌で外に並んでみなさいって。死にますよ、マジ。

| | コメント (0)

すべりたくない@某番組のお話とはリンクしてませんのであしからず

雪だわあ。
根雪になりそうなので、これからは凍結路面との戦いだ。あうううう。
幸いにして、こちらに来てから未だに雪道ですっ転んだことないので、何とかその記録を更新したい。

内地の高速道路ではチェーン規制なるものがあるようだが、あれ、スタッドレスじゃダメなのかしら。
タイヤを買い換えたので(何であんなに高いの?!)運転はラクになったけれど、それでも朝のブラックアイスバーンを見てしまうハンドルを持つ手と肩に力が入ってしまう。

タイヤのスリップもいやだけど、実は氷の上、つまりスケートも大の苦手だったりする。
何しろ、滑るのが怖いのでスケート靴で氷の上を歩いてしまうのだ。それってむしろ滑るより難しいらしい。
それだけバランス取れるなら滑れ、と背中を押されてもピタ、っと止まってまた歩き出す。リンクの上で目立つこと目立つこと。
スキーは何とか斜滑降&シュテムターンくらいまで。これだけでとりあえず初~中級者コースはどこでも迷惑かけずに滑れるから、とこれまた上達しなかった。やっぱり滑るの怖いもの。

…お察しのとおり全日本フィギュア、女子SPを観戦中。今は武田奈也嬢が滑走している。ここまでのトップは村主章枝さんだが、実は結果をもう見ちゃったからTOP3は知っている。
明日のフリー、真央ちゃんはミスせずに実力を出し切って欲しいし、安藤美姫は4回転をきちんと降りて見せて欲しい。中野さんは…この人に関してはいつも実力に見合う採点じゃない、と素人は思うのですが…どうなの?

今日、ハッピーキャンパーが届いた。成分のカヴァカヴァは肝臓に悪い影響を及ぼすとかで、あまり常用はしたくないけれど、ここ最近の落ち込み具合を解消してくれる切り札となってくれたら。
SSRIも持っているんだけど、流石にそこまでは病んでいないので飲みたくないもの。

明日は近場の温泉でのんびりしてこよう。
そして明後日から一気に年越しの準備だ!…ああ、大掃除しなきゃ…

有馬記念は買わないことにしました。わかんないもの。

| | コメント (0)

クリスマスといっても我が家は浄土真宗(らしい)

今日は外出。外回り。なかなか有意義でした。お土産までいただいちゃった。

取引先からとんでもない申し出を受けて、家人が頭を抱えている。
売り込みに力を入れている商品を買い付けてくれたら、その社で扱っているどんな商品もタダで納品するって。なんじゃそりゃ。
でも金に目が眩んだ、ときっと後ろ指指されるだろうこと請け合いなので迂闊に話には乗れない。
とりあえず社長と相談して対応を考えることにしたが…うちの社長強欲だから乗りそうな、イヤ~な予感がするんだよなあ。
とにかく、会社の矜持というか、誇り、そういった精神を軽んじて欲しくない。ま、社長がゴーサイン出せば仕方ないけどね。

クリスマスディナーは鍋。鴨のハリハリ鍋。少しでもクリスマスっぽく、と買っておいたテリーヌを切ってトマトなどを飾ってみた。

相馬シェフは移籍前提でドイツ2部リーグへ行くみたいだし、永井にはヴィッセルが食指を伸ばしているらしい。
レッズはどうなっちゃうの?高崎は水戸で、小池は草津。
クリスマスとはいえ浮かれている気分にもなれなくなるような記事ばかりがスポーツ紙を飾る。
来年のチームはどう変わっていくのだろう。シトンや中沢など、補強の目玉(と私が勝手に思い込んでいたりして)は?
とりあえず札幌ではゲームが見られないわけで、あまりにもカラーが変わってしまったら気持ちも離れてしまうかも…うーん。
フィンケさんに期待していくほかないだろう。どうか先を見越したいいチーム作りを目指してほしい。

また風邪引きそうだ。早く寝たいけど…男子のフィギュアも見たい。
それにしても不公平極まりない。何で男子はこう虐げられるのだろう。こっちもゴールデンでオンエアしてほしいのになあ。
小塚クン応援してるよー!

| | コメント (0)

うーん。

今、ニュースでタクシー運転手が客に暴行を受けたという事件を知った。
車載カメラの映像が生々しくその様子を映し出していたのだが…何故犯人どもの顔にボカシを入れるの?!
そいつらは卑劣極まりない犯罪者。顔を隠してあげなければならない理由なぞあるの?
犯人の人権?じゃあ何の落ち度もなく殴られた運転手のそれは?
どうして日本ってこうも加害者に優しいんだろう。
既に逮捕されているのなら、顔も名前も公表すべきでしょうに。
どうやら酔客らしいが、酒で気が大きくなって、しかも2人だったから尚更調子に乗って愚かな真似をしてしまった。大方そんなところだろう。
客だから、と大上段に構える人が多すぎる。
今回の事件はそれ以前の問題だけれど、この卑劣な犯人どもも根底にそういう意識を持っていたのかもしれない。

年の瀬を前に、人の心は気ぜわしくなっている。ましてやこの不況下で、職を失った人も少なくない。
来年が今年よりも明るく素晴らしい1年になるか、と問われて頷くことのできる人は果たしてどれだけいることか。
せめて我が家から届ける賀状は明るいものにしたい、とばかりに家人用、職場用、私個人用、いずれも華やかな色合いのデザインを選んだ。
プリントまで終了。あとは一言添えるだけ…ってそれが実は一番面倒くさかったりして。

職場に、非常に厚かましいというか常識外れな要望が舞い込んだ。
当然、無視。ホント、いったい何を考えているのだろうか。家人共々あきれ返ってしまった。
こういう人のアタマの中にも、「客の言うことはなんでも聞いてくれる」というカスタマー至上主義の精神(?)があるのかもしれない。

明日はイブ、か。ケーキどうしようかな…作ろうと思ってたけど…多分買ってくると思う。
で、晩餐(?)における家人のリクエストは「カレー鍋」…なんで?
我が家はインド風のクリスマスを迎えます。ん?

| | コメント (0)

ちゃんとわかってますか、正しい意味。

上司に対してうわべだけ取り繕って、おべんちゃら使って、時にはお土産なんか持たせたり送ったり。
そういうことがどうしてもできない。
四季折々に付け届け?名産物のおすそ分け?そういうのダメ。
しれっとそういうことができる人が羨まし…くはないか。
得てしてその類の人は「傲岸不遜」「傍若無人」だったりするんだ。
ひょんな機会にその人の本質が垣間見えることがある。
むき出しの物欲は見ていて不快だし-子供は別ですよ。ただ、子供同士でも譲歩の気持ちを持つ子とそうでない子がいるけれど。

閑話休題。
情けは人のためならず-この諺を誤って理解している人は少なくないはず。
-人に情けをかけておけば、いつしか巡り巡って自分に帰ってくる(だから人には親切にした方がいい)、これが本当の意味だが、最近は「情けをかけるとその人のためにならない」と誤解している人が多いらしい。

今日は冬至。柚子は実家からたくさん送ってもらっていたので高いのを買わずに済んだが、かぼちゃを買い忘れてしまった。
どうしよう…やむを得ず近所の雑貨やさんに走る。

「おばちゃん、かぼちゃ、ある?」
「あららら、ないわ」…諦めるか。今更車出してスーパー行くのもなあ…レジにいたご主人と世間話をし、手ぶらで帰るのも、と手近なところにあったキャベツを持ってお財布を出したところ、いつの間にか店の奥に引っ込んでいた奥さんがかぼちゃを手に戻ってきたではないか!

「近所の農家さんからもらったんだ。よかったらあげるわ」

以前、この店は敷居が高かった。
というのも、いつも近所のおばちゃんたちがたむろしている上に品揃えは今ひとつ(すみません)。
入りづらいことこの上なく、よほどのことがない限りスルーしていたのだが、去年だったか。急に喉が渇いてペットボトルを買いに入ったときのこと。
あまり愛想のないご主人と奥さんとレジの傍で一人のおばあちゃんが何事か話している。
聞くともなしに聞いているとどうやら迎えに来るはずのお孫さんが、車の故障で来れなくなったらしい。
ご主人も奥さんも、送って行けない理由があるらしく3人で策を講じていたところに私が来た、というわけ。
「時間もあるし、私送って行きましょうか」-声をかけたら怪訝そうに振り向く3人。でも顔くらいは記憶に留めてくれていたらしく、すぐに奥さんの表情が安堵に緩んだことを覚えている。

おばあちゃんは無事、10キロほど先のご自宅へ送り届け、それ以来ご夫婦ともに別人のようににこやかな接客をしてくれるようになり、そして今日のかぼちゃに至る、と。
正に「情けは人のためならず」を地で行くような出来事だった。

「おばちゃん、ありがとー」

かぼちゃはほっくりと甘く、家人共々美味しくいただいた。柚子湯にも入った。
これでこの冬は風邪引かないで暮らせそうだ。

明日はデブ猫カンタのワクチンで病院へ。
まーたキャリーの中でう○こするんだろうな…やれやれ。

| | コメント (0)

・・・・・・

今日は一日バタバタ。
猫たちをかまうこともできず、ストレスばかりがたまっていく。
早く寝ます。

| | コメント (0)

香りの思い出

見失ってしまったブログを半ば偶然に発見できた。
とにかく私が毎日のように訪れる多くのブログは、そのライターとリアルで何の繋がりもないことがほとんど。だから一度見失えば二度ともう廻りあう事ができないのが常だ。
以前、夢中になって読んでいたとある方のブログは、あまりに具体的に赤裸々に書き綴りすぎていたから関係者バレを心配していたら、案の定それらしきコメントが続いたのち突如消えてしまった。
今頃どうしているんだろう、彼女。幸せでいてくれればいいんだけど…

初めてつけた香水は資生堂の「インウイ」。
女子大生だった同級生の姉、彼女が少しだけ手首につけてくれた香りに魅了され、すぐ化粧品店(ドラッグストアなぞなかった)に買いに走った。もちろんパフュームには手が出ないから、トワレ。
一緒に買ったブルーのアイシャドウとともに、近所に一軒だけあったディスコへ繰り出すときに使ったっけ。
そう、高校一年生の夏だった。とはいっても、ただ入って踊っておしゃべりして帰るだけの女の子4人組は決してグレていたわけじゃない。

その後「インウイ」のフレグランスは廃盤になり、偶にオーディションに顔を出すトワレやパフュームを、某身内に頼んで落札してもらったからかろうじて手元には残っているのだが、思い出したようにその香りを嗅いてみると、ン十年前の記憶が鮮やかに甦る。

最近泊まったリゾートホテルで、大浴場に置いてあったボディウォッシュを何気なく手に取り、ポンプを押してみて驚いた。
似ている。「インウイ」のあの香りに。
ボトルに書かれている文字は横文字ばかりで記憶するのは難しそうだったから、風呂上りにフロントでメーカー名などをメモしていただいた。
で、今。
そのボディウォッシュはこれ。
Photo
「キャビンフォーミュラ モアバブルバス&ボディウォッシュ シーエアの香り」

1100ml も入って、普段私が利用するケンコーコムではなんと税込714円なのだ!実にコスパがいい。
洗いあがりは…ま、あんなもんでしょ。
名前どおりバブルバスにも使えるそうだ。一度試してみたいけどなかなかねえ。そもそも日本人には馴染まないんじゃないかしら。

シャンプーはアルビオンのディセがお気に入り。
やはり香りが良くないと、どんなに高い効能があろうがバスタイムは寛げないもの。
そう、風呂の中でこそ面倒くさい浮世のあれこれ(なんだそりゃ)を忘れてしまいたいから。
ということで、これから半身浴してきましょう。

| | コメント (1)

文句つけたいことばっかだけど書いてるだけで気が滅入るし

当座必要な筋弛緩剤をとりあえず購入することにした。
ついでに以前から興味のあったハッピー・キャンパーも。
冬季鬱病というのがあるそうだけど、今は正にそんな気分で、日々鬱々と過ごしている。
おまけに風邪気味だしね。今週はいろいろ立て込んでるから寝込んでもいられないし。
ひとつ気合を入れますか。どうやって?うーむ…

年末調整続行中。
でも今年は例年になく順調に事が進んで、総支給額と職員別給与簿とがあっさり一致しちゃった(当然っちゃ当然のことなんですが)
毎年毎年、同じエクセルのワークシートを使っていても、何故かあちこちに数式のミスがある。これは本当に理由がわからない。
実は今年も数箇所、入れてもないはずの数式が入っていたり、コピーするセルが違っていたりというミスがあったのだがそこはそれ、間違い探しの要領もわかってきたのでものの数分で発見して訂正できたのだ。やれやれ。
これが終われば一年も終わり。実に面倒くさいけれど仕方ない。避けては通れない道なのよ(?)

後は源泉徴収票などをプリントアウトして切断(A41枚に4種類印刷するので)、従業員用には押捺、残りはそれぞれ表紙をつけて提出すれば完結だ。早いぞー!
…残るは年賀状…あうううう。

年賀状は、会社の分の宛名書き(文面の印刷は友人の印刷会社に頼んでるから)と、自宅分。
もう、本当にパソコンなかったら泣きたくなるくらいの作業量だけど、始めてさえしまえばこれも早く終わるんだけどね。始めてさえしまえば。

お、熱が出てきたぞ。本格的に風邪に発展する前にさっさと暖かくして寝ます。
明日は会社の大掃除だから寝てもいられないの。ちぇ。

たこで検索して来て下さってる方々には、くだらないブログですみません。謝っときます。
最近はあんな吹き出物出来ないの。
いや、顧みれば確かに大きく腫れて痛かった、あの時は。でも、噴火時の快感ときたら!!
…ま、出来ないに越したことはないんですが、吹き出物。痛みに苦しんでいらっしゃる方がご覧になっていたら、ごめんなさい。これまた謝ります。

| | コメント (0)

閉所恐怖症なんですもの

ホント、いろいろ上手くいかないもので。
仕事もプライベートも、あちこち文字通り八方塞。閉塞感の只中で日々を過ごしてる。
年賀状だって大掃除だって何にも手をつけてないし、下手したらつけないで終わっちゃうかも(おい)

ふうの糖尿病疑惑も晴れて、これでようやく療法食をあげずに済む。やれやれ。買うフードの種類を減らせられるぞ。
もう金銭感覚が猫に関しては麻痺しきっていて、医療費も食費も今年はトータルで幾らかかったか計算するのやめちゃった。だって必要経費だもの。
切り詰めるのは私の嗜好品であったりダンナの酒だったり(?!)でいいわけだし、うん、今年は洋服もほとんど買わなかったな、私のは。
おしゃれをすることには興味がなくなってきた。でも肌の手入れだけは怠ってはいない。ダイエット?それは…あうううう。

家人共々今年は早々にインフルエンザワクチンを接種した。
でも、パンデミックの不安は消えない。ということで、マスクをオンラインショップで発注したら…1ヶ月近くかかるって、発送までに。
更に考えているのは治療薬の個人輸入で、著名な2種類の薬品を既にいくつかのサイトで見つけてある。
ただ家人はこれには反対だそうで。でもこの田舎でもしパンデミックなんてことになったら備蓄なんかほとんどないだろうし、自衛策は講じておいたほうがいいような気はするのだ。
ここまで気分が滅入っているなら免疫力もさぞかし低下していることだろう…って我がことなのに他人事みたいな書き方だな。
こういう状態で感染したらきっとウィルスも増殖しやすかろうこと請け合い。
やっぱり買おう。実際香港でH5N1出てるそうだし。鳥にだけど。
猫を残して私は逝けないのだから。

頼みごとをして、それが受諾されたのはいいが、非常にややこしいことになっている。
えーと、こちらは提供する部分と享受する部分とがあって、相手方は果たしてその軽重をどう捉えているのか。
スタンスとして頭を下げるべきなのか。それとも…
こちらのスケジュールも確認せずに、上司を連れて挨拶に来るから在宅してろと?
その日は外出の予定があり、こちらの責任者は不在。そう伝えても言を左右にしている担当者にはただあきれるばかりだ。
いっそ話自体をなかったことにしても、とまで考えたが社長は乗り気だし、どうしたものだろうか。
今週末は非常に迷惑でくだらない会合があり、様々な準備をしなければならない。
…本当に、自己中な連中ばかり。いっそまたどこかに逃げちゃおうかなあ。みーちゃあん…つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

| | コメント (0)

おめでとう!!

真央ちゃん逆転優勝!
しかもトリプルアクセルを2回、きっちりと跳んで。
見ていて涙が出るくらい、心が震えました。すごいよこの子。
ライバル嬢も頑張ってた。でも彼女にとって自国開催は必ずしもプラスにはならなかったんじゃないかな。そんな気がしてならない。

おめでとう、真央ちゃん!すごいぞ!
後は…無事の凱旋帰国を祈ってます(?)
ここしばらくは、キム・ヨナ嬢と真央ちゃんとで優勝を争うことになるのでは。
あ、安藤美姫さん4回転サルコウに挑戦したそうで。次はぜひ成功させてください。

フィギュアスケートって、本当に見ていて面白い。
のあち的には箱根に次ぐ面白さ、かな。

| | コメント (0)

知らぬが半兵衛…そ、知らん顔も時には必要なんですが、なかなか…ねえ…

今夢中になって読んでいるのは、「知らぬが半兵衛手控帖」シリーズ。(双葉文庫書き下ろし 2008年12年現在7巻まで発行)
「北町奉行所臨時廻り同心・白糠半兵衛の人情裁きを描く」(第1巻裏表紙より)と書いてしまえばいかにも勧善懲悪、単純明快なそれのように思われてしまうかもしれない。
この半兵衛さん、正義感だけで突っ走る人ではないというか、遵法精神にはやや欠けるきらいがあり(笑)、確かに悪は滅ぼすけれど、そのためには手段を選ばないときているから、必ずしもすっきりとした幕引きとはならないのだ。

最近は集中力が衰えてきていてなかなか真剣に本に取り組むことができなくなってきたのだが、何故かこのシリーズはスムーズにページが進み、7冊を1週間足らずで読了してしまった。
文章が奇をてらわず平易なだけでなく、情景を思い浮かべることが容易にできる。どんな人が書いているのだろう、と興味がわいて調べたら案の定テレビや映画で脚本を書いていらした方だった。なるほどね。

映像化するにはあまりに地味。でもテレ朝のドラマ、「相棒」があれだけ受けるのなら、こちらもアリかもしれない。どうでしょう?BS-i 辺りで。
そうなると半兵衛さんは…もう少し歳を重ねたら西島秀俊にぴったりの役だと思うけど、今の時点ではちょっと適任者が見当たらない。あ、唐沢寿明なんかいいかも。
早く新刊出ないかな。
この作者、藤井邦夫さんには剃刀久蔵シリーズもあるので、amazonで大人買いしちゃうかも。
時代物にハマるのは新田次郎の風林火山以来だし、ま、しばらくは江戸情緒に浸りましょう。

グランプリファイナル、小塚崇彦は銀メダル。
ジャンプのミスは残念だったけど、堂々たる演技には拍手を!
あ、ひとつ注文つけたい。
…どーして衣装があんなに地味なんすか?お顔があまり派手ではない(ごめんなさい)んだし、外観的にもちっと華やかな方が印象良くなると思うんだけど…
さ、これから真央ちゃんだ。トリプルアクセル2回、無事飛べますように。

いろいろと、周囲に自分勝手な人が多くて疲れる。
こういう時って美味しいもの食べるとか、綺麗なモノを見るとか、何かしたいんだけど如何せん田舎ではそういう「何か」が傍になくて。
昔、それこそ都会にいた頃なら周りは「何か」だらけだったのにね。
みーちゃん。会いたいな。二人で一緒に過ごしたあの街に帰りたいね。

追記。
ダイタクヘリオスが亡くなったそうだ。
21歳。若いといえば若いけれど、なかなかこの歳まで生き永らえることができるサラブレッドは多くはないというのが現実。
種馬を引退して助成金の対象馬となることが決まった矢先だったそうで、繋養先の牧場もさぞ無念だろう。
既にルビー嬢がいるその場所にはもう着いて、再会しているかな?
冥福を祈ります。

| | コメント (0)

傍若無人、もしくは傲岸不遜な人間に、私はなりたい

羨ましいのは所謂「台風の目」になれる人。
自己主張、そして周囲を不快な気持ちにさせることがとてもお上手な人。
何でも自分の思い通りにならなければ気が済まず、そこには理屈も正義もあったもんじゃない。
今日もそういう輩と接触して思いっきり不愉快な気分にさせていただいた。

「私、病気だから」…弱弱しさで同情を買って、萎れて見せさえすれば何でも許されると思っている-本人にはそんな自覚はないだろうけど-、そして周囲が心配するのが当たり前、様々に配慮してもらってもそれに対する感謝の気持ちもろくすっぽ持てない。
若ければ許される?いつまでも子供でいたい?冗談じゃない。心配するのももう飽きました。

今日は一日不愉快な気分で終わってしまった。明日はいい日になればいいな。

今、グランプリファイナルを見ているんだけど、小塚選手は上達したなあ。派手さこそないけれど、トリプルアクセルは高いし迫力十分だった。素人目にも素晴らしい。SP終わってトップ!このまま行けるか?4回転だな。頑張って欲しいです。面差しが野久保クンに似てるんだよなあ。
そして、これから女子だ、いよいよ。真央ちゃん頑張ってね!

腕のダルさはかなり取れてきた。腫れも引いてきたし。
明日は温泉でも行ってこようかな。冬のボーナスも出たことだし(ダンナのだけど)(ま、事実上私のものだけど)(…え?)。

ふうの血糖値は全く正常なままで1週間が過ぎようとしている。
…医者行く度にストレスで血糖値が200overになる猫って…( ゚д゚)ポカーン

| | コメント (0)

副作用?

先日接種したインフルエンザワクチン、まだ左腕が痛い。針の跡は残っていないが周辺が発赤、熱を帯びて腫れている。
腕全体が重く、だるい。これは副作用のひとつらしいから、明日には治ると思うんだけど。
風邪のような症状は出ないので体はラク。よかった。

今日は雪の中お出かけ。明日は一日デスクワーク。
たまった仕事を片付けなきゃ。

ふうの血糖値はすこぶる標準的。やっぱり思ったとおりだった。

| | コメント (0)

更に眠い・・・・・・

首の痛みとストレスがひどいので、ついリボトリールを夕方服用してしまったら案の定眠くて使い物にならなくなってきた。あうううう。

今日はインフルのワクチンも打ってきたし、なーんか体も頭もボケーっとしてるんだよな。

ふうの血糖値測定も7回目を無事終えた。当然のことながら測定値は正常だ。心配事はひとつなくなりそう。

明日はおでかけ。近いうちに眼科にもいかなければならないし来週は呼んでもいないのにいやな客がくるし…年賀状もやらなくちゃ。これじゃあっという間に新年だ。それも困るんだけどね。

| | コメント (0)

眠いです

いやあもう、一日バタバタで落ち着く間もなし。
こういう日は早く寝るに限る、ということで今日は半身浴もお休み。
本当は電話がかかってくるかもしれないから起きていたいんだけど、もう限界なので寝ます。
血糖値の測定は順調。値もほぼ一定で問題なさそう、ここまでは。
今日はセンサー一枚も無駄にしないで済んだから、何とか追加購入しなくて済むだろう。

あー眠い。おやすみなさい。

| | コメント (0)

無事成功しましたが。

やっと届いた血糖値測定器。
「ニプロフリースタイルフリーダム」(詳細はこちらから)

コンパクトで、しかもたったの0.3μl (直径1ミリちょいくらい)の血液の量で測定可能だから、猫の耳からでも十分に採血できる、らしい。

獣医からの指示は、朝起きてすぐと夕飯の後の1日2回の測定だったから、早速今夜トライすることにした。

耳は十分温まっていなければならないそうで-血行が良くないと血が出ない-、満腹で、満足そうにしているふうをそっと抱き上げると膝の上へ。
そこで文字通り猫なで声でもって顔を撫でまくり、いい具合に目がトロンとしてきたあたりで耳を優しく揉む。
そろそろ…

仕組みとしては、穿刺用の機器にセットされた針を弾いて採血箇所にパチン、と突き刺す。
その血をセンサーで吸って測定、という流れなのだが、この僅かな採血量でも、薄い猫の耳からではなかなか採るのが難しいのだ。

センサーはワンチャンス。同じセンサーを2度は使えない。
でも1度目、2度目、と失敗してしまった。測定できずにエラー表示が出てしまう。
こちらの焦る気持ちは敵にも伝播するらしく、もがき始めるふう。
とりあえずこちらも気を落ち着けようといったん彼を解放するともう一度マニュアルを読み返してみた。

…血液の量は問題ない。どうやら気が焦りすぎて強引にセンサーへ吸わせようとしたのが原因らしい。
よし、今度こそ。

ベッドの上で不満そうにグルーミングしているふうをそっと抱き上げて再度ソファへ。
耳もまだ温かいし、ここは一気に、と再び耳に針を刺す。
直径1ミリにも満たない血球にそっとセンサーを近づけると…やった!測定できた!!

で、測定値はというと65。あれ?病院では200近かったのに。
まだ1回しか測っていないのでもちろん結論を出すのは早計に過ぎる。でも、私の当初からの見立てどおりあの血糖値の異常なまでの高さはやはりストレスのせいだったのではないか。
とりあえずこれから指示のあったとおり5日間測定を続けてみよう。
決して安くはなかった測定器だけど、できればもう一生使いたくないもの。
さ、明日も頑張ろう!

そういや今日はレッズも含めJの最終戦だったんだっけ。
結果には敢えて触れません。
ここんところくなことがないので、もうひとつくらい増えたって今更、もう。

千葉で起きた女児殺害死体遺棄事件の容疑者が逮捕された。
恐らく彼は逮捕前から怪しまれていたのだろう、各局が彼へのインタビュー映像を有していた。
それらを見ていて気付いたのだが…これもここから先は書かない。
今私が夢中になって読んでいる本の作者は元国会議員の山本譲司。これだけ書けばピン、と来る方もいらっしゃるかもしれないな。
もちろん、今回の容疑者の持つ障害がどの程度のものかはわからない。でもこれからの公判でどんな事実が明らかになるのか、注目していきたいと思う。

今日は暖かかったり夜半冷えたり、と忙しい天気。
テンションも下がっているし(つか上がってる時の方が目に見えて少ないんだけどね)、今日届いたばかりのオレンジのオイルを使ってスチームでも浴びてからさっさと寝ますか。

| | コメント (0)

でも箱を開けるのって楽しい

今日はちょっと外出していたのだが、帰宅したら玄関に荷物がたくさん!
ミネラルウォーター1.5リットル×12本、キャットフード数種類(2箱に分けて)、お友達からのお歳暮、AMAZONからは本(これについては別エントリで)、最近飲み始めたサプリ(毎月届く)、そして某身内からもお歳暮で佃煮とドレッシング。いつもありがとう。
とっとと開けるものは開けて、箱をたたんで…やれやれ。

イオンスチーマー、なかなかの優れモノだ。
昨晩使ったら、もう手入れした後の肌がもうもっちもち!毛穴まで少し閉じたかも、で効き目覿面。
しかも今朝の化粧ノリが全く違う。うーむ。
こりゃ毎日使わなきゃあ、と勢いづいたらそんなビギナーの気持ちを見透かすかのように「最初は週2~3回」と使用説明書で制限されてしまった。
確かに、肌への刺激という点ではそうかもしれないけれど、それ以上に最初っから頻々と使ったらすぐ飽きてしまうだろうというメーカーの思惑が見え隠れ。
とりあえず今日はお休みしてそう、明日。明日また使ってみようっと。

明日と言えば、一日外回り(え?)。寒くないといいなあ。

| | コメント (0)

み、見えない…

ぼや~っとした視野の中でこれを書いて(打って?叩いて?)いる。
瞳孔が開いたまま、まだ元に戻らないのだ。

今日の午後、ひょんなことから眼科へ。
そもそもは家人のお付き合いだったのだが、ここ数日目のかゆみとひりひり感、乾き、そして半年くらい前からの軽い目のかすみが気になっていたのでついでに診てもらうことにした。

まず診察。そして視力検査。
視力は左右ともに1.2だったのだが、気になったのは今まで行ったことのなかった検査。
近距離で様々な大きさの文字を見る、といういかにも、のそれは、だが最小の文字列まで左右どちらの目でも完璧に読めた。よしよし、まだまだ大丈夫。

で、続いて眼底検査。実はこれが瞳孔を開かせて行うもので、そのための目薬をさしてしばし待つ。
でも私の瞳孔は人一倍頑ならしく、後から目薬をさしたおばちゃんおじちゃんおじいちゃんが次々と瞳孔を開放(?)して診察室へ向かうのを尻目に結局30分以上時間がかかってしまった。

いよいよ検査。そして再度診察。
と、医師はまずかゆみとひりひり感、乾燥について簡単な説明をし、そこで非常に言いにくそうな顔をするではないか。
眼底検査で言いにくそうな診断…すわ!緑内障!?
背中に嫌な汗を感じつつ、先生の言葉を待つこと10秒。そして彼はこう言った。

「老眼の始まりです」

…il||li _| ̄|○ il||li

正気に戻ってまず私が口にしたのは、「さっきの検査では一番小さい文字もラクに読めました!」
だが、「短い時間なら読めても長い時間になると読めなくなってきますよ」…あうううう。

確かに、長時間パソコンを使っていると目がかすむ。ただの疲れ目だと思っていたのだがこれがそもそも老眼だったらしい。ショックだ。
医師は私の受けた衝撃を楽しむように、ぜひ老眼鏡を作るように薦め、初めての老眼鏡だからきっちりと検眼していいめがねを作りましょう、とのたまわれた。くくくくく(´;ω;`)ウウ・・・

鬱陶しいんだよな、めがね。慣れるまで辛そうだけど仕方ないや。あーあ。

家人からクリスマスに、と買ってもらったイオンスチーマーが届いた。
早速試してみたら、うん、なかなかよさそう。
なんてったって老眼になるほどの歳だもの(開き直り)、肌もちゃんとお手入れしなきゃ。
ということで、これから洗顔、そしてマッサージにいそしみますわ。誰に見せるってわけでもないけどね。

| | コメント (0)

蛇足とまではいいませんけどね

黒猫クロの粟粒性皮膚炎は、ステロイドに反応、治癒するも投薬を止めると即再発、を繰り返している。
かかりつけ医からは食事を変えるよう指示されたのだが、療法食の斡旋(?)はしていないとのこと。
仕方なく自分で探そうといろいろ調べたが、食物アレルギー猫用のそれは幾種類もあり、違いがよくわからない。
ということで、これまでに幾度か買い物をしている動物病院のWEBSHOPにある「獣医師への相談」というコーナーを利用してみることにした。

体重や推定年齢、経過、など事細かに書いた上で、具体的なアドバイスを求める旨お願いして送信したのだが…返ってきたメールは「ヒルズのz/dなどがあります。どうぞご検討ください」…んなこたこっちだって知ってるわい。
3日待たされてこれじゃ、何のための相談かわからない。正直役立たずもいいところだ。所詮無料サービス。アテにしたこちらが悪いということかも。
仕方なく自分で探そうと…結局振り出しに戻ってしまった。

で、いろいろ探して見つけたのがヒルズのd/d。痒みを伴う皮膚病の猫用。
これがまた、ドライは扱っているショップが幾つか見つかったものの、ウェットがなかなかない。
探すこと小1時間。ようやっと発見して発注!
とりあえず現在の投薬で症状が治まってきてから給餌しようと思うのでまだ時間的に猶予がある。届いてからも、食べてくれるかどうかという心配はあるけど、効果があるといいな。

昨日、大きな毛ガニをいただいた。どのくらい大きいかって?あ、寸法測るの忘れた!
でも重さ850グラム、と書けばそのサイズもご想像いただけ…ないか。ないな。
とにかく、デカイ。デカくてずっしりと身が詰まっている。
味ももちろん素晴らしく、ただ、剥くのは本当に大変でした
2人では半分も食べきれず、穿り出した身を今晩かに玉にするつもり。今から楽しみ。

Kani
(この皿の巾が35センチ!)

いただいた、と言えば某身内からのかりんとう。とうとうあと2袋でお終い。あうううう。
でも十分楽しませていただきました。ホント、ありがとね。

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »