« でも箱を開けるのって楽しい | トップページ | 眠いです »

無事成功しましたが。

やっと届いた血糖値測定器。
「ニプロフリースタイルフリーダム」(詳細はこちらから)

コンパクトで、しかもたったの0.3μl (直径1ミリちょいくらい)の血液の量で測定可能だから、猫の耳からでも十分に採血できる、らしい。

獣医からの指示は、朝起きてすぐと夕飯の後の1日2回の測定だったから、早速今夜トライすることにした。

耳は十分温まっていなければならないそうで-血行が良くないと血が出ない-、満腹で、満足そうにしているふうをそっと抱き上げると膝の上へ。
そこで文字通り猫なで声でもって顔を撫でまくり、いい具合に目がトロンとしてきたあたりで耳を優しく揉む。
そろそろ…

仕組みとしては、穿刺用の機器にセットされた針を弾いて採血箇所にパチン、と突き刺す。
その血をセンサーで吸って測定、という流れなのだが、この僅かな採血量でも、薄い猫の耳からではなかなか採るのが難しいのだ。

センサーはワンチャンス。同じセンサーを2度は使えない。
でも1度目、2度目、と失敗してしまった。測定できずにエラー表示が出てしまう。
こちらの焦る気持ちは敵にも伝播するらしく、もがき始めるふう。
とりあえずこちらも気を落ち着けようといったん彼を解放するともう一度マニュアルを読み返してみた。

…血液の量は問題ない。どうやら気が焦りすぎて強引にセンサーへ吸わせようとしたのが原因らしい。
よし、今度こそ。

ベッドの上で不満そうにグルーミングしているふうをそっと抱き上げて再度ソファへ。
耳もまだ温かいし、ここは一気に、と再び耳に針を刺す。
直径1ミリにも満たない血球にそっとセンサーを近づけると…やった!測定できた!!

で、測定値はというと65。あれ?病院では200近かったのに。
まだ1回しか測っていないのでもちろん結論を出すのは早計に過ぎる。でも、私の当初からの見立てどおりあの血糖値の異常なまでの高さはやはりストレスのせいだったのではないか。
とりあえずこれから指示のあったとおり5日間測定を続けてみよう。
決して安くはなかった測定器だけど、できればもう一生使いたくないもの。
さ、明日も頑張ろう!

そういや今日はレッズも含めJの最終戦だったんだっけ。
結果には敢えて触れません。
ここんところくなことがないので、もうひとつくらい増えたって今更、もう。

千葉で起きた女児殺害死体遺棄事件の容疑者が逮捕された。
恐らく彼は逮捕前から怪しまれていたのだろう、各局が彼へのインタビュー映像を有していた。
それらを見ていて気付いたのだが…これもここから先は書かない。
今私が夢中になって読んでいる本の作者は元国会議員の山本譲司。これだけ書けばピン、と来る方もいらっしゃるかもしれないな。
もちろん、今回の容疑者の持つ障害がどの程度のものかはわからない。でもこれからの公判でどんな事実が明らかになるのか、注目していきたいと思う。

今日は暖かかったり夜半冷えたり、と忙しい天気。
テンションも下がっているし(つか上がってる時の方が目に見えて少ないんだけどね)、今日届いたばかりのオレンジのオイルを使ってスチームでも浴びてからさっさと寝ますか。

|

« でも箱を開けるのって楽しい | トップページ | 眠いです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« でも箱を開けるのって楽しい | トップページ | 眠いです »