« 東向いて笑う、のは失念しました | トップページ | ノス猿ジー(?) »

お門違いなんですけどねそもそも私都民じゃないし

東京都下水道局が作成したワッペンのデザインが規定に反するという理由で製作しなおすことになった。その費用3400万円。
某お坊ちゃま都知事はご立腹だ。その(担当職員の)律儀さは世間には通用しない?この人は都知事という職に就いていることが理解できているのかいないのか。

そういう規定を作ったのは誰?
そもそも、公務員は鉛筆一本買うにも規則に縛られる。
会計書類は部数やそこに押捺される印鑑など細かい決まりごとがあり、これを民間の業者に理解してもらうのはなかなか難しい。

裏金を肯定するつもりはないけれど、会計法上どこにも属さないが個人負担させるに忍びない、という出費をどうするか。
結局がちがちに法で縛られているからこそ、その抜け道を探さざるを得ないという現実もあるのだ。

都が作った都の職員のための規則は、都で改廃すべきであって、法は遵守しなければならないし、責めを負うのはそんな法を作り、そのまま放置していた都の最高責任者たる都知事でしょ?
法に則って粛々と業務を行った職員を責めるのはお門違いもいいところ。

福祉よりもオリンピック。弱い者には目もくれない。
この人の治める東京都に住んでいなくて本当によかった、とつくづく思う今日この頃だ。

|

« 東向いて笑う、のは失念しました | トップページ | ノス猿ジー(?) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。