« 幻のカレー?(あくまでも我が家的なお話です) | トップページ | ひとりカラオケの何が悪い!! »

寿ぐことと悼むことと

やったー!カンパニー天皇賞制覇!!!

・・・というより、私にとってはブリリアントベリーの子がGⅠを、それもあのウオッカを抑えて制したことが何より嬉しい。嬉しくてたまらないのだ。
ああ。おめでとうベリーちゃん。
彼女は私が初めてPOGで選んだ子の内の1頭、あっさり新馬勝ちしてくれたお利口さんな子だった。
レニングラードもベリーちゃんの子。どうだ偉いだろー!(誰に言ってんだ?)
嬉しいなあ。嬉しいよお。嬉しいです。他所様の馬にあれほど声援を送ったのは初めて。東京の直線は相変わらず(?)長いぞ。声枯れたよ。
今日はお祝い。お祝い…祝うというのか何というのか…

D1000221
今日はみーちゃんの命日だ。

2004年11月1日。彼女は私が見守る中、病院で、薬剤により静かに息を引き取った。

あれから5年。その年に我が家に来たれあちゃんは5歳になった。
相変わらずの日々を送る中、徐々に記憶は薄れていくのだろう、私からも、そしてみーちゃんを知る人たちからも。
今年、食卓を飾る花はひとつ。私が用意したアレンジメントだけ。
メールも届かない。
・・・そんなもんだろう。
私だってあの、彼女の名のついた黄色い花を入手するための努力を怠ったのだから。

夕餉も質素なものだ。
偶々あった果汁とスパークリングワインとで彼女の名のついたカクテルを作り、立派なオスのししゃもを焼く。
いつかかぼちゃの煮物が入った器に顔を突っ込んでいたから、今日は生クリームたっぷり、かぼちゃのモンブランを買ってきた。

美しい色のカクテルで彼女を偲び、そしてベリーちゃんの子の初GⅠ制覇を寿ぐ。
いいよね?みーちゃんは心が・・・うーむ、比較的狭かったような・・・ま、いいか(え?)

でも、本当に彼女は存在したのか。
今ではそれすら信じられなくなりつつあるのだ。別にボケたわけじゃないですよ。
ただね、慌しく日々の生活に追われているとつい振り返ることができなくなる。心の中の彼女のスペースがどんどん小さくなってしまうのも、他の猫たちがあれやこれやしでかしては強い印象を植え付けていくから。

みーちゃん。まま、お酒はウイスキー以外ダメなのよ。酔って気持ち悪くなっちゃうの。
いっそあなたの名前をバランタインとかシーバスとかにすればよかったかしら(違うでしょ)

戻れるものなら戻りたい。
あの西日の差し込む古びた部屋。まだ幼い、ほんの小さな子猫だったあなたと二人だけの時間に帰りたい。
私は多くのことなど望まないのだ。
みーちゃんさえ戻ってきてくれたら今の生活なんかいらない。
・・・それがありえないことだとわかっているから、こんなことも書けるのだけれど。

明日からは日常がまた始まるが、最大の懸案事項が浮き彫りになる。ある意味身から出たさびなのだが、運に左右される部分も多く、予断は許されない。
それでも今週はあの映画を見に行けるのだから。それくらいの楽しみがなければ生きていられないよ。

|

« 幻のカレー?(あくまでも我が家的なお話です) | トップページ | ひとりカラオケの何が悪い!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幻のカレー?(あくまでも我が家的なお話です) | トップページ | ひとりカラオケの何が悪い!! »