« いい風に吹かれてきました | トップページ | まだ風について考察してます。 »

そりゃないよ・・・

今日のエ杯はあんまりにあんまりなレースだった。
行った行った、になるだろうとどうやらアンカツブエナもブロード藤田も直線で気付いてしまったそうだが、後悔してももう遅かった。
4角であの位置じゃ届くはずないでしょうに。いくら最速で上がっても。
勝利者インタビューで喜んでいたのはジョッキーだけ、何しろ単賞1倍台の馬が飛んだのだから場内の殆どの人は外れ馬券を握り締めてるわけで、歓声もほぼゼロ。かわいそうっちゃかわいそうだが・・・
そう、もちろん勝った馬も騎手も褒められて当然であり、謗りを受ける謂れはない。
競馬だから、何が起きても仕方ないとはいえ、うん、やはり勝負どころで動か(け)なかった人気馬の騎手には猛省を促したいところだ。
古くはプリティキャストの天皇賞(もちろん、リアルタイムじゃ観てませんよ)。あれは、でも全くノーマークだし牝馬だし、でも今回はジャンポケの逃げ馬だからああいう結果になる可能性は考えられなくもなかったはず。
・・・まあ馬券も買ってなかったし、そもそも予想の段階で切ってた馬だったし、私的には全く無問題でしたけど。
ブエナに突っ込んでしまった皆様、馬は強いですよ。って慰めにならないか。

「JIN」・・・面白い。びっくりするくらい引き込まれてしまう。
小出恵介と水沢エレナのシーンには違和感を覚えましたが(「風が強く吹いている」観た人は皆そうじゃない?)、大沢たかおと中谷美紀がいい。
まだ原作は連載中だそうだが、ドラマ的にどういう落とし処を見つけるのか。
久々に次週が楽しみなドラマです。

本当は家にいないはずだった。
今頃空港のホテルでいろいろな感情をかみ締め、或いは今後に思いを馳せていたはずだった。
・・・これでよかった。そう思うしかない。実際そうなのだから。
これまでにも数多の、同じケースを見てきたじゃないの。
そもそもここまで肩入れしなければならない理由もなかった。偏に私の思いいれというか思い込みだけで突っ走ってしまっただけなのだ。
そういや男優にハマる時って、概ね精神的に不安定な時期が多いような気がする。
ハイジのような人が傍にいてくれたら。或いは千秋様のように憧れを抱くことのできる存在が身近にいたら。
もう一回くらい「風」観に行っちゃうかも。「ゼロの焦点」とついでに「まがれスプーン」も観たいから、もし全部同じシネコンにかかっていたら丸一日かけて制覇しちゃおうかな。
映画は、上手くその世界観に順応できさえすれば現実逃避にもってこいのツールだ。
自宅でDVDで観るのもいいけれど、スクリーンでなら尚一層逃避効果は高い。

本当に取り留めのないエントリになっちゃった。
如何に今、私の心理状態が不安定かを如実に現してるようで・・・

|

« いい風に吹かれてきました | トップページ | まだ風について考察してます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いい風に吹かれてきました | トップページ | まだ風について考察してます。 »