« なんだかしょっちゅうこんなこと書いてるような気が・・・ | トップページ | 仕分け人参上!って時代劇かよっ! »

こ、肥が、じゃなくて声が・・・

ここのところ猫たちとあまり触れ合っていない。
ということで、積極的に触れ合ってみることにした。

・・・これが、猫的には実に迷惑だったらしく、結局抱き上げて、膝に乗せて、喉をゴロゴロ言わせることができたのはのんただけだった。
猫って自分からは来るくせに、こちらから行くとイヤがるんだもの。んとに勝手極まりない。
これは強ち間違ってもいないと思うが、あ、もうそろそろ支度しなきゃ、と椅子から立ち上がるイメージを頭の中に浮かべると猫、来ませんか?
我が家では出勤にぎりぎりの時間になるとよたが膝に飛び乗ってくるから困るったらない。
ああ、夜パソコンの前に坐っていても来るな。これがまた結構真剣にメールを書いているときだったりして、若干、イラっとする。

昨日の「本当は怖い家庭の医学」によれば、声を15秒間続けて出せない人は声帯に何らかの異常がある可能性があるそうで、なんだ15秒くらい、とトライしてみたら・・・出ないのよこれが。10秒くらいしか持たない。
そういや、ここ数日喉がちょっと痛くて声がかすれるのよね。
本来閉じていなければならない声帯が開いてしまっているからそこから無駄に息が漏れてしまうため声が長くだせない、とのこと。
こういう現象は日頃会話が少ないから起きるらしく、ああ、確かに思い当たるぞ。
起床後、朝はあまり大きな声を出さない、乾燥に気をつける、睡眠時間を取る。テノール歌手の秋川雅史さんが喉をいたわるために行っていることを私も実施し、会話の時間はあまり増やせそうにないのでBeeTVのカラオケを夜数曲歌い、そう、朝は声を荒げないように・・・これがなかなかに難しい。

ふうは猫草が大好きで、一人黙々と食べては偶に嘔吐する。それがまた狙い済ましたようにテーブルの上とかベッドの上とか、床に落ちていた雑誌の上にやりやがるので、今正に吐こうとしているときは止めさせるためについ怒鳴ってしまうのだ。
で、この猫、吐瀉物を隠そうと椅子の上にかけておいたこれから着るジャケットなんかを引きずっていって上に被せるという、非常に悪賢い子で、更に弱い者いじめ(亡くなる直前、弱っているみーちゃんを攻撃した!すぐさまふうと猫ベッドを廊下にポイして締め出したことは言うまでもない)までするので勢い我が家では一番怒られる問題児。
しかも我が家に来てから数年間全く懐くことなく、それがみーちゃん没後、急に膝へ来るようになった。不思議だ。

家人は見た目ゴージャス(グレーの長毛)なふうが大のお気に入りなので、私が彼をくさすと不満そうな顔をする。でも本当にバカなんだもの。ま、バカな子ほど可愛い、って?そういうことにしておきましょう。

会話を増やす、と言っても最近はみんなメールでのやりとりばかりだし、実家に電話してもさほど話すこともない。独り言でもいいのかな。それも悲しいか。
もうちょっとおんもに出ることを考えなきゃ、とひょんなことから出不精な自分を顧みることになってしまったのあちなのでした。

|

« なんだかしょっちゅうこんなこと書いてるような気が・・・ | トップページ | 仕分け人参上!って時代劇かよっ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なんだかしょっちゅうこんなこと書いてるような気が・・・ | トップページ | 仕分け人参上!って時代劇かよっ! »