« まだ風について考察してます。 | トップページ | たこは強し! »

眠れないのか眠らないのか

今、ビートたけしが司会のあの番組を見ている。内容は睡眠障害について。
・・・実体験に基づいた再現ドラマが怖い。

遺伝子レベルでの障害って言われちゃっちゃねえ…
そう言えば以前勤めていた会社にも朝起きられない=しょっちゅう遅刻している先輩職員がいたっけ。
仕事もそこそこできるし、(好き嫌いはさておき)人望もあった人なのに、朝、来ない。
アナクロな出勤簿システムの職場だったため、上司と共に彼を守るため出勤簿の改竄まで行った。
それなのに、大事な仕事がある日でも平気で遅刻してくるのだから呆れる。
当時は到底彼のことを理解なぞできなかったし、したくもなかった。尻拭いさせられるのは同じシマで働く私たちなのだから。
結局小細工は人事部には通じず所業は明るみに出て、彼は退職を迫られた。そりゃ当然のこと。給料泥棒とそしられても仕方ない。
でも彼は拒んだそうだ。
その頃には私もセクションが替わっていて、既に直接被害は受けていなかったんだけど、彼は辞めるべきだと思っていた。だって朝起きられないなんてただの怠け癖だとしか思えなかったから。
時間を守ることなんて社会人としては常識でしょう?
彼の通勤時間は1時間弱。でもこっちは1時間半もかかる。それなのに遅れてくるということは、私よりどれだけ長く惰眠を貪っているのか。
その後、退職金をもらえない辞め方―懲戒解雇―にするぞと脅かされたとかされなかったとか、噂だけで実際のところはわからないけど彼は辞表を書いて辞めていった。
今にして思えば彼も睡眠障害だったのかもしれない。単に怠け者だっただけかもしれないけど。

セルフチェックしたら私は超朝型だった。そりゃそうだよな。自覚あるもの。
昔から、目覚まし時計のベルを聞いたことは殆どない。大抵鳴る直前に目が覚めるから。
余程飲みすぎたとか、疲れたとかそんな時以外はすっきりと覚醒できるのだ。
しかも、毎晩カーテンを開けたまま(レースのそれは閉めてますが)就寝するのでちゃんと朝日が起こしてくれる。うーん、健康的。

睡眠不足を集中睡眠で補うというのはむしろ良くないのだそうだ。知らなかった。
体内時計を無視してはいけないらしい。

今、あの先輩はどうしているだろう。
奥さんと可愛いお子さんと、ちゃんと養っていかなければならないのにあの安定した職場を放逐されてしまった。
その後どこかの団体職員になったみたいだが、数年前から年賀状のやりとりが途絶えてしまって現況はわからない。
無事勤めていればいいけど。でも、ホントにあの時は迷惑だった。そういうことを反省している様子が見られないから余計に腹立ったのよね。
今の職場は若干始終業時間が曖昧なので、あまり苛々することもないからいいけれど、やはり時間にルーズな人はどうしても信用できない。トラウマになっちゃったのかな、あの先輩の存在が。

今週は仕事も大してないので余裕。こういうときに、油断して風邪引くんだよなあ。気をつけなきゃ。

|

« まだ風について考察してます。 | トップページ | たこは強し! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まだ風について考察してます。 | トップページ | たこは強し! »